« 大きな引き分け | トップページ | 北天佑勝彦が逝く・・・ »

2006年6月23日 (金)

日本代表のW杯が終わった

 スタメンに巻と玉田の2トップを起用というジーコにしては思いきった布陣で臨んだ予選最終戦。
 結果は・・・1-4と大敗・・・(__;)

 

 結果は残念ではありますが、これも勝負事ですからやむを得ない事ではあります。勝つものが居るためには、必然的に負けるものが居なければならないわけで・・・(__;)
 さすがブラジルと私も思いますが、「さすが」の意味がもしかしたら皆さんとはちょっと違うかもしれません。

 前半のブラジルはかなり手を抜いていたというか、そこそこ無難にゲームをしていたと思います。まぁ、すでに勝ち抜けを決めているわけですから、そんなに目くじらを立てて日本を相手にしなくてもイイわけで、当然といえばそれまでなんですが・・・
 でも、日本にキレイに得点を許すとそこは王者のプライドが黙っていないわけですね、すかさず同点に(^^;・・・
 後半はキッチリ手を抜かずにさらに3得点・・・と・・・(__;)

 

 私がさすがだなぁと思うのは、その気になればしっかり結果を残せる実力を持っている事と、日本を相手に、変な仏心を出さないでしっかりいつものゲームをした事です。
 日本には「武士の情け」みたいな言葉もあるように、今回のようなゲーム内容だとブラジルは大人気ないなんて言う輩も出て来るはずです。

 今後はジーコや選手たちに対するバッシングも出て来ると思いますが、彼等はプロなんだからそれは当然の事。甘んじて受けなければなりません。
 しかし、この結果を前向きに捉えられずに、ただ憂さ晴らしのための文句を言うのだけはやめてほしいですね(苦笑)

 

 世界を相手にさらに強くなるためには試練は必要です。私が応援し続けているプロ野球のソフトバンク・ホークスだって、ダイエーとして福岡に来た頃は、万年Bクラスが指定席で、毎年の様に最下位争いを繰り広げているような状況でしたから、腑甲斐ない負け試合に怒ったファンから生卵をぶつけられるような厳しい叱責だってあったものです。その悔しさがあったからこそ監督も選手たちも何くそと発奮して、今の強いホークスができ上がっていったんですよね。

 悔しく思わなければ、成長もありません。(^^)v

 はたして、どれだけの選手たちがこの逆風を跳ね返す強いハートを持っているのか・・・楽しみです。

|

« 大きな引き分け | トップページ | 北天佑勝彦が逝く・・・ »

サッカーを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな引き分け | トップページ | 北天佑勝彦が逝く・・・ »