« 大相撲名古屋場所を終えて | トップページ | 今日からプロ野球の後半戦 »

2006年7月23日 (日)

今年の夏ドラに思う

 今年の夏ドラ・・・ご覧になっている方はいらっしゃいますか?
 なんか全体的にデキが良くないように思うのは私だけだろうか・・・(__;)
 私がオジサンだからだというわけでもないだろうが、どうにも軽薄で肌に合わない・・・(^^ゞ

 観月ありさのコスプレものはもういい加減ウンザリだ・・・(__;)
 彼女の作品では「鬼嫁日記」がイイ味出してて良かった~(^▽^)/
 でも、ナースとかスッチーとかはやっぱムリがあるでしょ(笑い)

 そんな中、木10フジの「不信のとき」がなかなかおもしろい。
 何よりキャストが傑出だ。米倉涼子が主演の不倫ドラマとくれば、彼女の役所は愛人と相場が決まっている。ところが今回は本妻を彼女が演じているのだ(苦笑)
 愛人は松下由樹。誰のアイディアか知らないがこれはおもしろい(^^)v
 普通に考えるなら配役は逆だ(苦笑)
 しかも、石田純一が不倫の指南役で出ているというのはギャグか・・・(^^;
 当然はまっているからおかしい・・・(^◇^) 。。。ケラケラ

 異色な作品では、火10フジの「結婚できない男」が楽しい。阿部寛のなんともユニークな演技がはまっているだけに思わず笑ってしまう。
 相手役の夏川結衣と国仲涼子の対照的な演技も見ものだ。

 暇な夜には、ほのぼのとした笑いはいかが・・・( ^-^)/ ♪

|

« 大相撲名古屋場所を終えて | トップページ | 今日からプロ野球の後半戦 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大相撲名古屋場所を終えて | トップページ | 今日からプロ野球の後半戦 »