« 青春のうた Best Collection その1 | トップページ | 青春のうた Best Collection その3 »

2006年8月25日 (金)

青春のうた Best Collection その2

 みなさん、どうもです(^^)/
 今回も収録曲に沿って思いつくままつれづれに・・・ お付きあい頂ければ幸いです。

             《収録曲》
Sbc002 1:結婚しようよ/よしだたくろう
 2:少女/五輪真弓
 3:雪/猫
 4:白い冬/ふきのとう
 5:岬めぐり/山本コータロー&ウィーク・エンド
 6:学生街の喫茶店/GARO


 「結婚しようよ」は中学生の私が初めてギターを練習した時の曲です。(^^ゞ  当時はフォークギターなんて上等なものは持っていませんでしたからオヤジが若い頃に買ったとかいう骨董品ともいえるホコリだらけのガットギターを手入れして弾いていました。(苦笑) なぜこの曲だったかといえば当時流行っていたというのももちろんありますが、使っているコードがC、Am、G7と簡単なものばかりで難しいFは1度きりしかメロディの中に出て来なかったからです。(^^;
コードが替わる度にたどたどしく握りなおすのでとても曲にはなっていませんでしたが、それでも拓郎になった気分でジャカジャカと演っていました。さぞかし家族は迷惑だったろうと思います。(^^;
 子供の私には「イメージの詩」などに代表される拓郎初期のメッセージ色の濃い曲よりもこういう軽いノリの曲の方が馴染みがありました。拓郎の曲を本当に聞くようになったのは高校生になってからでしたね。そのくらいにならないと曲の意味が解らなかったようです。(笑い)

 「白い冬」は乏しい小遣いの中からシングルレコードを買って聞いた曲です。美しいメロディと共にハーモニーがステキでした。ただ、σ(^-^; はオンチでしたからもっぱら聞くだけでしたけど・・・

 「岬めぐり」は今もカラオケなんかでよく歌う曲です。歌っているとなんとなく目の前に海が見えて来るような気にさせてくれるメロディラインが気にいっている理由です。この曲に歌われている岬は何処なのかといろいろ物議をかもしたりしましたね。伊豆だろうとか紀伊半島だろうとか言われましたが三浦半島あたりらしいと言うのがなんとなく有力だと聞いています。個人的には船原トンネルから土肥へと急な坂を下って行き、仁科から松崎あたりへと続く西伊豆あたりの海岸線をイメージしています。(^.^ゞポリポリ  そうするとこの歌の岬は「恋人岬」になるのかな(笑い)

 「学生街の喫茶店」この曲は一時爆発的にヒットしましたね。ちょうど時期的にはバンバンの「いちご白書をもう一度」と同じくらいだったんじゃないでしょうか。学生運動がしだいに下火になっていった頃だと思うのですが。当時中学生だった私もよく歌っていました。(^^ゞ  子供心に喫茶店というものに憧れみたいなものを抱かせてくれた曲でした。いわゆる大人の世界・・・っていうやつですね。(苦笑)
 昔はそれぞれに風情のある喫茶店がそこここにあったと思うんですが、今は喫茶店そのものがだんだん姿を消していってるそうでこれも時代の流れというものなんでしょうかねぇ、なんかちょっと淋しいなぁ・・・  確かにファミレスとか行けばコーヒーは飲み放題ですしわからなくはないのですが、あの大人びた落ちついた雰囲気はファミレスじゃ絶対に味わえないと思うのですがねぇ(__;)

 以上・・・(^^ゞ 

 2006年03月07日(火) 10時06分脱稿・・・

|

« 青春のうた Best Collection その1 | トップページ | 青春のうた Best Collection その3 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/11606672

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その2:

« 青春のうた Best Collection その1 | トップページ | 青春のうた Best Collection その3 »