« 青春のうた Best Collection その4 | トップページ | 青春のうた Best Collection その6 »

2006年8月25日 (金)

青春のうた Best Collection その5

 みなさん、どうもです(^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

            《収録曲》
Sbc005 1:悲しくてやりきれない/ザ・フォーク・クルセダーズ
 2:旅人よ/加山雄三とザ・ランチャーズ
 3:ひとり寝の子守唄/加藤登紀子
 4:風/はしだのりひことシューベルツ
 5:小さな日記/フォー・セインツ
 6:遠い世界に/五つの赤い風船


 今回収録されている曲は、どれも初期の頃のフォークソングを代表するような名曲ばかりですね。ギター1本で十分に歌う事のできるホントの意味でのフォークソングだと思います。それでは順番に・・・

 「悲しくてやりきれない」にまつわるエピソードはいろんなところで語られているので割愛します。当時、ザ・フォーク・クルセダーズの名前は例の「帰ってきたヨッパライ」の爆発的な大ヒットにより全国区になっていましたが、その他の曲を聞く機会に恵まれなかった小学生の私にはおかしな歌を歌っているコミックバンドくらいの認識しかありませんでした。その後、高校生くらいになってから「青年は荒野をめざす」や「悲しくてやりきれない」などの名曲を耳にするに至って、ようやくフォーク・クルセダーズはイイ歌(^^;をマジメ(^^;;に歌っている硬派なバンドだったと気付かされるのですが、時すでに遅くとっくの昔に解散してしまっていたので、彼等の事は全く知らないというのが正直なところです。(^.^ゞポリポリ  もちろん、「イムジン河」の存在すら知るよしもありませんでした。

 「旅人よ」を歌っている加山雄三は、どちらかといえば歌謡曲を歌う歌手としてのイメージの方が強いと思いますが、その陰で自ら曲を作詞・作曲していたりするので今ふうに言えばシンガ-・ソングライターですよね。この「旅人よ」も歌謡曲というよりは、やはりどこかフォークソングっぽいところがあります。たき火を囲んで仲間とギターで合唱する・・・なんていう図が思わず頭の中に浮かんできませんか?(^^;

 「ひとり寝の子守唄」は今でこそ好きな曲ではありますが、この曲に対する思い出というのはほとんどありません。(^^ゞ  第一、小学生だった私にはこの曲の内容は理解の外にありましたから・・・(笑い)

 「風」はお気に入りでよく歌いました。はしだのりひこのボーカルはこの曲にはピッタリでしたね。プラタナスなんてことばもこの曲で初めて知りました。でも、このグループに杉田二郎が参加していたとは知らなかったなぁ。

 「小さな日記」はアルペジオを練習した時によくつかった曲です。なんといってもコードがメチャ簡単でその分右手に集中できました。(笑い)
 この頃はこういうシンプルですが味のある名曲がいっぱいあったように思います。

 「遠い世界に」・・・う~ん、何度聞いても名曲だと思います。この曲を作った西岡のオッチャンの才能を高く評価したいですね。この曲にことばは必要ないでしょう。(苦笑)

 以上・・・(^^ゞ 

 2006年04月06日(木) 12時52分脱稿・・・

|

« 青春のうた Best Collection その4 | トップページ | 青春のうた Best Collection その6 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/11606862

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その5:

« 青春のうた Best Collection その4 | トップページ | 青春のうた Best Collection その6 »