« 狸の置物 | トップページ | 岐阜路を行く »

2006年8月 2日 (水)

夜霧の第二国道

 皆さん、どうもです(^^)/

 今日はゴミネタという事で・・・(^^;

 さすがに私が生まれる前に流行った歌謡曲なので当時の事は知るよしもありませんが、フランク永井の歌った「夜霧の第二国道」って名曲はご存知ですか?
 私も大好きな曲で、たまにカラオケなんかでも歌ったりする事もあるんですが、この曲の中で歌われている「第二国道」ってどこの道の事を指しているのかご存知ですか?
 もちろん、実在の道路です(^^)v

 

 

 夜霧の第二国道

 作詩:宮川哲夫 作曲:吉田 正
 歌:フランク永井
 昭和31年 

1 つらい恋なら ネオンの海へ
  捨てて来たのに 忘れてきたに
  バック・ミラーに あの娘の顔が
  浮かぶ夜霧の ああ 第二国道

2 花の唇 泪の瞳
  想い出さすな 帰らぬ夢を
  ヘッド・ライトの 光の中に
  つづくはてない ああ 第二国道

3 闇を見つめて ハンドル切れば
  サイン・ボードの 灯りも暗い
  泣かぬつもりの 男の胸を
  濡らす夜霧の ああ 第二国道   

 

 答えは、国道1号線です。(^^;

 

 関東の品川あたりから川崎、横浜にかけて、国道15号線と国道1号線が通っています。
 そして、海側の国道15号線が「第一京浜国道」、内陸側の国道1号線が「第二京浜国道」と呼ばれています。通称「一国(いちこく)」と「二国(にこく)」・・・

 つまり、この歌は国道1号線の事を歌ったものなんですね。紛らわしいですが、第二の方が国道1号線です。(^^;

 ちなみにさらに内陸側にもう一本「第三京浜国道」と呼ばれる有料道路があって、この道路はそのまま「第三京浜」の名称で親しまれています。

|
|

« 狸の置物 | トップページ | 岐阜路を行く »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狸の置物 | トップページ | 岐阜路を行く »