« 青春のうた Best Collection その7 | トップページ | ドイツ車の挑戦 »

2006年8月28日 (月)

よみがえれ手賀沼

 私の住んでいる千葉県成田市の北西部、柏市と我孫子市等に面して手賀沼というそれほど大きくはない沼が在る。
http://www.teganuma.jp/index.php

 昨日の日曜日に、この沼で第1回トライアスロン大会が開かれ、約350人が1.5kmの水泳を含む競技に挑んだというニュースを今朝になって耳にした。
 この手賀沼を知る人にとってはかなりインパクトのあるニュースだったのではないだろうか・・・ (^^;

 この沼はちょっと前までは全国的に有名な沼だった。というのも、27年連続で全国湖沼水質ワースト1を記録したという悪名高い沼だったからだ。

 この沼もかつては白魚が捕れ水辺では水遊びができるほどきれいな沼だったという・・・
 しかし、昭和30年代に入ると柏市や我孫子市は東京のベッドタウンとして人口の増加が始まり、昭和40年代後半に入ると急激にふくれ上がった人口集中で生活廃水による沼の汚染が目立ち始め、その景観は著しく損なわれることになった・・・
 昭和60年前後が一番汚れていたと言われ、この頃から行政も本腰を入れて水質改善に勤めて来た結果、少しずつではあるけれど水質は改善されて来ているという話しは聞いていた。
 01年度からはついにワースト1を返上、その後も水質は改善され続け、今年の検査では水浴場としての基準にギリギリ達していたという。
 しかし、そうは言っても決してキレイな水とはいえない・・・ (^^;

 優勝者は柏市出身の松丸真幸選手(31)ということで、「水の中では自分の手先までは見えなかったが、においもなく泳ぎやすかった。手賀沼で泳ぐなんてありえないと思っていたので、夢みたい」とのコメントを残したという。

 自然は私たちの周りからどんどん無くなってしまっている・・・足元に土を見ることさえ難しくなっている現実を人々はどのように思っているのだろうか・・・
 便利さ、快適さを求めて自然を壊すことは簡単だ。しかし、一度失ってしまった自然は、元に戻す事はたいへんなことだし、ほとんど不可能といっても良い。そういう点ではこれまで地道な運動を続けて水質改善を行って来た行政や市民団体の努力には頭が下がる思いだ・・・

 かつて「日本では水と安全はただ」と言われたのも今は昔・・・ 今では水は買って飲むものとなりつつある。
 スーパーで売っているミネラル水は、今高値を更新し続けているガソリンよりも高いということを皆さんはご存知だろうか・・・ (^^;
 ガソリン1リットルは140円前後、大きなペットボトルで売っているものならまだしも、500mlのペットボトルのミネラル水は70円では買えない・・・

 自然が以前のように身近なものになったなら、水道の蛇口に口を付けて水を飲む事のできる日がまたやってくるのだろうか・・・

 ちなみに、タイトルは今回のレースにも使われた手賀沼のスローガンである・・・

|

« 青春のうた Best Collection その7 | トップページ | ドイツ車の挑戦 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

>水道の蛇口に口を付けて水を飲む事のできる日がまたやってくるのだろうか・・・
普通に飲んでるよ。
千葉県営水道の水
水を買って飲むなんてマスコミに扇動されすぎじゃね

投稿: 77su | 2006年8月28日 (月) 15:56

 77suさん、初めまして(^^)/

 確かにそのとおりだと思います。

 子供が生まれると、やれエアコンだとか空気清浄器だとかに始まり、日本人の潔癖性はどんどんエスカレートしていくばかりです。最近の小学生は水筒にミネラルウォーターを入れて学校に持っていく子供が増えたとの報道も有りました。
 どこか間違っていると思いつつも、世の中の流れについ流されている自分を感じる事が少なく有りません (^^ゞ
 さすがにミネラルウォーターを買って飲むような事はありませんが、水道の水を直に飲むような事はほとんど無くなりました (__;)

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年8月28日 (月) 19:14

お疲れ様~ (^_^)v
手賀沼は自分の仕事の縄張り内あります
柏から白井に向かう場合16号が混んでいる
と手賀沼大橋を渡って裏道を急ぐのです
駐車場の側の公園 水鳥の大群 蓮の大群生
等々 良い被写体が揃っていますよ

投稿: タマパパ | 2006年8月28日 (月) 20:50

 パパさん、いつもどうもです(^^)/

 へぇ~、パパさんは手賀沼周辺もテリトリーに入っているんですか(笑い)

 私も仕事で成田から柏方面に向かう時などに、布佐と北柏の間を、国道356と手賀沼北岸との間の地方道を抜け道としてよく利用する事があります。
 おっしゃるようにいろいろと見どころがありそうなのですが、根っからの貧乏性のせいなのか、ゆっくりと景色を楽しむ事も無く車を走らせ続けるのが常です (^.^; ポリポリ
 別にカメラを向けるとかでなくても、ゆっくりと景色を眺めたり、風を感じたりするくらいの心のゆとりは持っていたいものだと思います。

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年8月28日 (月) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よみがえれ手賀沼:

« 青春のうた Best Collection その7 | トップページ | ドイツ車の挑戦 »