« 高気圧と低気圧 | トップページ | 今場所の安馬は素晴らしい »

2006年9月19日 (火)

吉野家

20060919001  昨日の18日、牛丼大手チェーンの「吉野家」が、アメリカ産の牛肉の輸入再開を受けて約2年7ヶ月ぶり(昨年2月に1日だけ販売しており、それ以来だと約1年7ヶ月ぶり)に限定100万食を全国の店舗で販売した。多くの店では長蛇の列ができ、夕方までに予定数を完売する店が相次いだ。

 

 こんなニュースが昨日一日いろんなメディアで取り上げられていたが、たかが牛丼になぜこんなに大騒ぎするのか理解に苦しむ・・・ (__;)
 全国一の売り上げを誇る有楽町店前には、午前11時の販売開始を前におよそ100人の吉牛ファンが並んだ。問題なのはそれを取り囲むように集まった150人を超える報道陣だ (ノ_-;)ハア…
 それぞれのカメラやマイクが集まったファンに対して向けられる。イイ映像を、美味しいコメントを求めて・・・
 そしてそれらの映像や記事がさっそく全国に向けられて発信されていく・・・

 

 マスコミの質も落ちたなぁ・・・
 米国産の牛肉の報道なら他にも切り口があるんじゃないのか?
 なぜいつも吉野家の動向にはこんなにも過剰に反応しなければならないんだ?
 タダでこんなニュースを繰り返し、繰り返し流すなんて、下手なCMよりよっぽど宣伝効果あるじゃん・・・(怒り)
 吉野家D&Cから政治家やマスコミに金でも流れているんじゃないのかと勘繰りたくもなるような扱いじゃないか。

 

 このところのマスメディアは、数字が全てという悪しき風潮が蔓延している。テレビやラジオは「視聴率」や「聴取率」の奪い合いに躍起だ。その結果、目先のインパクトだけはあるけれど、内容の伴わない薄っぺらな番組ばかりが目立っている。
 テレビがつまらないという声を聞くようになって久しいが、改善される気配はいっこうに見られない・・・
 数字が取れなければスポンサーは逃げる。結果番組は打ち切りに・・・ こんな悪循環をいつまで繰り返すのか・・・

 

 もっと腰の座った中身のある番組を作れないのかい!
 他人が牛丼を食べている映像なんて、何が悲しくて見なきゃいけないのか(苦笑)

|

« 高気圧と低気圧 | トップページ | 今場所の安馬は素晴らしい »

コメント

こんばんは^^

牛肉で連想する物で、庶民に一番わかりやすいから
牛丼なんだろうな^^;
これが、分厚いステーキだったりすると、妬みでBSEに
感染しろとか、思って終うからでは^^;

吉野家に限らず、外食産業の献金額は少なくないですよ^^;
それと、吉野家はアメリカでも、チェーン展開してる関係上
アメリカにこだわる気持ちがあるのと、リカー免許を
狙ってるので、その関係もあるようです。

国内だと簡単ですが、向こうはチェーン店の場合、リカー免許
が難しいので、アメリカに恩を売っておく、狙いもあると
思ってます。

投稿: ポンポコ | 2006年9月19日 (火) 21:10

 ポンポコさん、どうもです (^^)/

 なるほど・・・
 他の牛丼屋はサッサとオージーとかに切り換えたのに、吉野家だけは頑なに米国産にこだわっているのはそういう裏の事情があるわけですか・・・ (^^;

 かつてはσ(^-^; も吉野家の牛丼にはお世話になっていた口ですが、ここ2~3年はすき屋にばっかり行ってます (^.^ゞポリポリ  だって、メニューが豊富なんだモン(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年9月19日 (火) 22:20

吉牛1日復活で皆、お気楽な事をいっているが、
皆、ヤコブ病の恐ろしさを分かっていないからだろう。
その メカニズムも治療法も
地球上の誰も知らないという事を。
一説には潜伏期間が20年とも30年とも言われているし。

しかも、吉野家のミソスープは、オプションのくせに
とってもマズイ、
しかも、店員が客をさばききれていない。
私は吉野家が嫌いだ!!




投稿: やまだじい | 2006年9月27日 (水) 01:36

 やまださん、どうもです (^^)/

 私は吉野家がキライではありませんが、ここ数年はほとんど利用した事はありません。理由は、メニューが貧弱だから・・・ (^^;
 牛丼屋さんはけっこう頻繁に利用しますが、いつも入るのはすき屋です (^_^ゞポリポリ
 たいていミニサイズを注文するので、そういうバリエーションがあるのも嬉しいです。

 BSEについては他に譲りますが、今回の米国産牛肉の輸入再開の経緯が納得できないので、相変わらず米国産牛肉については否定的です(怒り)

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年9月27日 (水) 08:45

メニューは最近では、豚肉のしょうが焼きとかも、あるみたいですが、
しかし、米国産は嫌だと言ってるゲストコメンテーターに、
半ば強引に、スタジオでの出来立ての吉牛を食べさせるニュース番組もいかがなものなのでしょうか...

私が最後に行ったのは、多分6年くらい前でしょうか...
その頃はまだ、マックも米国産を使っていました。
ミソスープが標準装備で、メニューも多い松屋が好きですが、
なか卯のたまごはおいしい。
しかし、なにより、きっぱり米国産を否定している
ゼンショー(すき屋)の姿勢は素晴らしい。

しかし、既成事実が続いて、今後、輸入物量が増えてくると、
表示義務のない、ミートソースとか、ハンバーグとか、
レトルトカレーとか調味料に入ってる物は
避けきれんでしょうなぁ.....
それを政治と人は言う.....

投稿: やまだじい | 2006年9月28日 (木) 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家:

« 高気圧と低気圧 | トップページ | 今場所の安馬は素晴らしい »