« 任天堂 | トップページ | 或る日の午後 »

2006年10月25日 (水)

おもちゃのまち

20061025001  栃木県の南部に「おもちゃのまち」と、なんともメルヘンチックな名前が付けられた町がある。
 町とはいっても、市町村クラスの町名ではない、その中にある地区を表示する町名の一つとして付けられたものではあるが、ちゃんと同名の駅もある。
 正式な地名は「栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち1~5丁目」となる・・・

 

 私がこの町の名前を知ったのは、運送業を始めてからだから、まだ10年にも満たない。荷主から栃木県の「バンダイ」への荷物という事で預かり、納品伝票に記載された納品先の住所を確認した時が最初だ。たしか東南アジア方面から空輸されて来た「たまごっち」を運んだと記憶している(笑い)
 その時の私の印象は「え? おもちゃのまち?・・・ (?。?) 」といぶかしんだものの、地図を確認するとちゃんとその名前の地名が載っているので、ちょっとした期待を抱いての仕事だった事を覚えている (^_^ゞポリポリ
 おもちゃのまち?・・・ いったいどんな所なんだろう・・・と・・・

 

 「おもちゃのまち」は、どこの市町村にもたいてい一つくらいは在る「工業団地」の一つだ。もちろん、かつてはおもちゃのまちという地名ではなく、安塚という地名で、戦時中に飛行場として使われていた跡地が空き地のままになっていた。
 そこに、東京の墨田区周辺に集まっていた玩具メーカーが大挙して移転して来たのをきっかけになり、1960年代に正式に「おもちゃのまち」という地名に改名したのである。
 また、それと同時に近くに新駅も作られ、「おもちゃのまち」駅となった。

 

 1960年代といえば、昭和30年代後半・・・ 「もはや戦後ではない」ということばが流行し、世の中にも明るい兆しが見えはじめ、テレビ等を始めとする娯楽産業が産声をあげ始めた頃である。
 玩具メーカーにしても、状況は同じ、作れば売れる時代に入りつつあった。

 しかし、もともと玩具は駄菓子屋等で購入する子供たち相手の商売でもあるので、中小企業が細々と作っているのが一般的だったし、問屋も上野周辺に多く集まっていたから、墨田区等の下町にメーカーが集まっていてもなんの不思議もなかったわけではあるが、玩具の需要が高まって来るといつまでも家内工業的な生産体勢では対応し切れなくなるので、大量生産ができる大きな工場も必要になって来る・・・
 大量生産をすればできた玩具を収めておく倉庫も無くてはならない・・・
 しかし、東京の下町では工場を建て増しできるような手ごろな土地も無いうえに、土地の価格も高騰を続けている状況だったので、用地の確保もままならない・・・
 また、墨田区や江東区は、隅田川や荒川等の大河に囲まれ、「海抜ゼロメートル地帯」などと呼ばれるような災害に対しては脆弱な土地柄であった事から、当時の東京玩具組合長であったトミーの創業者が中心になって玩具関連会社の移転計画が進められていった。
 候補地はいくつか在ったようだが、地主の反対等もあり、最終的に決まったのが壬生町であったという。

 壬生町では、首都圏から比べれば土地の価格も手ごろであったし、何よりも地主の中心でもあった東武鉄道が誘致に積極的であったために、移転計画は順調に進んだ。
 1965年には第一期工事が完了し、おもちゃ団地として11企業が操業を開始した。同じ年に、従業員の通勤の便を考慮して、東武宇都宮線国谷駅~安塚駅間に「おもちゃのまち」駅が新設された

 町の表記は全てひらがなである。これは、工場群を核に、周辺の団地を含めて、おもちゃという夢のある製品を作るに相応しい町であるようにという、地元住民の思いから決められたという・・・

 翌年には、第二期工事に合わせて建売住宅販売も始まり、急速に町としての発展が進んでいった・・・

 

 現在では、「バンダイ」「トミー」「エポック社」などの主要な玩具メーカーが林立する、文字どおりの「おもちゃのまち」だ (^^)v

|

« 任天堂 | トップページ | 或る日の午後 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント


もうひとつ コメント書かせて下さいね♪

おもちゃのまち。。 
一瞬 耳を疑ってしまいそうな 素敵で可愛いネーミング (〃⌒ー⌒〃)

「 おかしのまち 」 ってのも そのうちできたらいいのにな (笑)


お話は変わりますが ブログのテンプレート変わりましたね (o^-^o) フフ
先ほど こちらへお邪魔したとき
 (ノ´▽`)ノ オオオオッ♪ と 声に出しちゃいましたよ (笑)

わたしは 面倒臭がりな奴なので
1年以上も 同じテンプレートを利用しています (;^◇^;)ゝ
でも こうして
ガラリと リニューアルされてたブログへお邪魔したりすると
ああ~~ わたしもリニュしたい~~ なんて 正直思いますね

今日は マスターのブログに触発されて
ちょっぴり 意欲が湧いてきました♪

それでは。。 またね♪  (⌒∇⌒)ノ

投稿: 永彌 | 2006年10月26日 (木) 08:50

 永彌さん、朝早くからコメント有り難うございます (^^)/

 面倒臭がり屋なのは私も同じですよ (^◇^) 。。。ケラケラ
 ただ、おもしろいものとか、変わったものとかを見ると、つい手を出してしまう悪いクセがあるものですから・・・ (^^ゞ

 自分の部屋の模様替えはなかなか手をつけられないでいますが、居酒屋の模様替えはそれほど手間のかかるモノではありませんからネ (^^)v

 「おもちゃのまち」って、イイ感じでしょ ( ^-^)/ ♪
 でも、よく知らない方が、おもちゃで町がイッパイになっているおとぎの国みたいなところをイメージして訪れる・・・なんて勘違いはないんだろうかとちょっと気になったりします(苦笑)
 でも、ちょっと離れたところみたいですが、「おもちゃ博物館」なんてのもあるみたいなので、勘違いして町を訪れても、とりあえずは納得して帰ってもらえるのかな・・・と (^^ゞ
http://mibutoymuseum.com/

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年10月26日 (木) 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃのまち:

« 任天堂 | トップページ | 或る日の午後 »