« 未明のラジオ | トップページ | 24 シーズン4(ネタバレ注意) »

2006年10月17日 (火)

ドングリ

20061017001  ちょっと気分を変えるために、ブログのバックを替えてみました(笑い)
 なんとなく、時期的にも今風でイイかな・・・と (^^;

 このバックを見ていて思ったのですが、皆さんは「ドングリ」ってご存知ですか?
 の写真や、バックの落ち葉の周りに転がっているチョコボールみたいに見える丸い実がドングリですなんですが、じゃ「ドングリの木」はどうですか?
 そういわれて、ドングリの木を思い出せる人は居ないと思います。だって、ドングリの実は実在しますが、ドングリの木はどこにも無いからです(笑い)

  (゚◇゚;)!!!~・・・
 木が無いのに、実ができるの~? ・・・って思ったあなた、それは以下のような理由によるからなんですね (^^;

 

 ドングリ(団栗)というのは、ブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの広葉樹になる木の実の総称であって、単独で「ドングリ」と呼ばれる木は無いからなんですよ。
 ごく狭い意味では、クヌギの木の実を指してドングリと呼ぶことも有るようですが、でも、クヌギはクヌギであって、ドングリという名前の木では有りません(苦笑)

 ちなみに「ドングリの背比べ」ということばが有ります。これは先の理由から、いろんな種類の木にできるドングリですが、並べて比べてみるとどの種類の木にできたドングリでも、形も大きさもほぼ同一に見えるという事から、抜きん出た存在が無く、似たり寄ったりの集団を指して使います。実にうまい事言ったものだと思います(笑い)

 また、ドングリの「ドン」は「団」と書き「まるい」という意味で、団栗は「丸い栗」という意味になります (^_^ゞポリポリ

 

 先日、Nifty の掲示板にもありましたが、「どんぐりころころ」という童謡があって、日本人なら誰でもご存知で子供の頃などによく歌ったと思うんですが、続きの歌詞を「どんぐりこ」と歌っている方がほとんどだと思います。語呂からもついそう歌ってしまいがちなんですが、正確には「どんぶりこ」で、池に落ちた時の擬音です (^^;
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/donguri.html

 どうでもイイ事ですが、テレビドラマの「水戸黄門」の主題歌である「ああ人生に涙あり」という歌があります。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/aajinseini.html
 この名曲を「どんぐりころころ」の歌詞で歌うという芸が、昔お酒の席で流行りましたね。
  これが、なぜかピッタリはまっちゃうから不思議です(爆笑)

 こういう歌は他にもたくさんあります。「どんぐりころころ」程ではなくても「もういくつ寝ると お正月・・・」とか「ゆうやけこやけで日が暮れて・・・」等々・・・ (^.^; ポリポリ

|

« 未明のラジオ | トップページ | 24 シーズン4(ネタバレ注意) »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドングリ:

« 未明のラジオ | トップページ | 24 シーズン4(ネタバレ注意) »