« ヤマザキナビスコカップ | トップページ | 全日本大学駅伝 2006 »

2006年11月 4日 (土)

大会連覇

 昨日の文化の日、東京は代々木にある国立競技場では「ナビスコカップ」の決勝戦が行われ、ジェフ千葉が鹿島アントラーズを 2-0 で破り、昨年に続いて大会2連覇を飾った。
 私も、昨日は朝からこの大会観戦のためにと、行動の全てがサッカー中心に一日が回った(笑い)

 

 いつもはたいてい 07:00 に起きるところですが、休日に限って早起きをする・・・ シュミというものはそういうモノなのかもしれない(爆笑)

 大急ぎで身支度を整え、07:00 には自宅を出発 (^^)v
 成田駅近くにある市営の駐車場に車を停め、京成の成田駅へ急ぐ・・・
 特急に乗り、上野へ・・・ この間おおよそ1時間・・・
 上野で降りて、JR御徒町の駅まで歩く・・・ 道すがら立ちソバ屋さんで腹ごしらえ・・・ 時刻は 09:00 を回った・・・

 普通ならこんな事をしなくても、日暮里駅でJR線に乗り換えれば済む事なのだが、昨日はちょっと事情があったので御徒町の駅までわざわざ歩く事にした。
 実は、某サークルのオフが上野周辺で行われるために、私も二次会から合流する事になっている。その二次会の会場となるカラオケ店の場所を下見しておく都合があったからだ (^^ゞ
 このオフのために、関西方面からお見えの方が3人も居る。せっかくだもの、この機会にやっぱりお会いしたいじゃない (o^∇^o)ノ

 御徒町から山手線に乗り、次の秋葉原で総武線に乗り換えて目指す千駄ヶ谷駅へ・・・
 国立競技場へは、信濃町駅と千駄ヶ谷駅の両方から行ける。青山門に向かうには信濃町駅で降りた方が都合が良いが、千駄ヶ谷門と代々木門に向かうには千駄ヶ谷駅の方が便利だ。
 昨日はアウェイとしての試合なので、代々木門からの入場となる。だから昨日は千駄ヶ谷駅から競技場へと向かった。

 開門まではまだ2時間以上もある。その間に仲間たちと楽しむ缶ビールを途中のコンビニで買い込んで、いざ代々木門へ~ p(^o^)/ ・・・

 

20061104001

1:列並びの最前線 私等のグループの前に陣取っているサポーターたち

 

20061104002

2:試合開始1時間前のジェフサポの様子 かなり盛り上がっている

 

20061104003

3:同じ時刻の鹿島サポの様子 まだ空席がかなり目立つ

 

20061104004

4:試合に先駈けて行われた、両チームのキッズゲーム

 

20061104005

5:選手入場の際の鹿島サポーターの応援風景

 

20061104006

6:同じく、入場時のジェフサポーターの応援風景

 

20061104007

7:私と一緒に観戦したジェフサポの面々・・・ (^^)v

 

 

 10:00 何日も前から席を取っていた仲間たちと合流。観戦自体が久しぶりのために、皆と会うのは1年ぶりか・・・ (^.^; ポリポリ
 でも、いつもと変わらない顔ぶれに会えて幸せ~ o(*^▽^*)o~♪
 開門までの2時間、近況報告や世間話などの雑談と、お酒その他の飲み食いで、楽しいウチに開門時間を迎える・・・

 12:00 開門~ ヽ(^◇^*)/  チケットの確認と、手荷物検査を終えて、皆それぞれに思い思いの観戦席へと急ぐ・・・
 サポーターの意気込みも、ジェフサポの方がアントラーズサポの勢いを凌ぐ・・・ アウェイ側のゴール裏は次々とジェフサポで埋まっていくが、ホーム側ゴール裏のアントラーズサポは思ったよりも出足が鈍い・・・ (^^)v (写真2、3参照)

 14:09 いよいよキックオフ! お互いの意地と意地とがぶつかり合い、一歩も引かない好ゲーム。しかし、全体的にジェフ千葉が押しぎみに試合を進め、鹿島がそれを交わしてはカウンターでジェフ千葉のゴールを脅かす・・・といった展開か・・・
 お互いに決定機は何度か有ったものの、決定力がいま一つなのと、両キーパーの好セーブで無得点のままに時間だけが過ぎていく・・・

 このまま延長に入るのか・・・という空気が漂いはじめた後半の35分、急に試合は動きはじめる。
 再三良い突破を見せていたジェフ千葉の右サイドの水野が、相手DF陣を切り裂いてパスではなく意表を突いた自らのシュートで先制だ!
 動揺を隠せない鹿島イレブンに立て直す時間を与えずに、その2分後には同じ水野のCKにキャプテン阿部が頭で合わせて追加点 ヽ(^o^)尸
 得点の時間帯も良かった。
 あとはうまく時間を消化して逃げきり、優勝! 
 見事に大会2連覇を決めた。  ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

 

 試合前にはいろいろと不安な面も有った。シーズン途中で監督が代り、チーム内にも動揺と不安が広がった。そのせいでいつものサッカーができずに敗戦を繰り返した・・・
 はた目にもそれまでのチームとは全く別のチームのようにも思えてしまった・・・

 守備の要のストヤノフが累積警告でこの試合には出場ができない。加えて、先発のハースが負傷退場で前半の 2/3 でベンチに下がると、その後は外国人選手は一人も居ない純国産のチームで鹿島と戦い、そして見事に勝った。これは選手たちにとっても大きな自信になった事だろう。

 

 試合後には、神田の駅前で仲間たちと祝杯をあげた (^^)v 本当に美味しいお酒だった。
 私にとっても、とても有意義な一日となった・・・ o(*^▽^*)o~♪

|

« ヤマザキナビスコカップ | トップページ | 全日本大学駅伝 2006 »

サッカーを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大会連覇:

« ヤマザキナビスコカップ | トップページ | 全日本大学駅伝 2006 »