« ヒゲを落としたサムライ | トップページ | お弁当 »

2006年12月 7日 (木)

スポーツ

 今、ドーハではアジア大会が開催中だ。サッカーのファンなら、ドーハと聞くとすぐに「ドーハの悲劇」ということばを連想してしまうけど、今回の大会では日本選手団も連日大健闘をしてくれているようで、心強い。

 

 ところで、普段よく耳にする「Sports」という英単語ですが、皆さんはどのような和訳をしますか?
 「Sports」といえば「運動」ということばが反射的に出てくるのが一般的だと思いますが、今回のドーハ・アジア大会では、ビリヤードやボウリングなどの他に、チェスも競技種目の中に含まれています。
 ビリヤードやボウリングならスポーツと言われてもそれほど違和感はないと思いますが、チェスはどうですか?
 「Sports」=「運動」という感覚だと、チェスが Sports と言われてもちょっと抵抗があるんじゃないでしょうか(苦笑)
 チェスは Sports じゃなくてどちらといえば Game だろうとかいう声が聞こえてきそうですね(笑い)

 でも、チェスだけじゃなくて、将棋や囲碁、トランプや麻雀ナンかも欧米では普通に「Sports」と呼ばれています。
 「Sports」ということばには運動という狭い意味だけではなくて、娯楽とか遊戯、そして「競技」という意味もあるからです。

 

 今回のドーハ・アジア大会には、「快速チェス」という競技に、南条遼介と小島慎也の麻布高の二人と、日本協会から中川笑子さん65才の三人が出場しています。
 4日までに、男女快速が終了し、日本勢は男子の南条が26位、小島は38位だった。女子の中川は21選手中18位に終わった・・・

 「快速チェス」とは、25分プラス一手10秒」の持ち時間で戦い、一人が一日当たり3試合の計9試合を行って総得点(勝ち1点、引き分け0.5点、負け0点)を競う競技という事です。
 三人ともお疲れ様でした~ (^^)// パチパチパチパチ

 

 ちなみに、Sportsman ということばですが「勝負師」ナンて意味もありますから、雀荘に入り浸っている人やカジノに集っている人達は、皆スポーツマンという事になります (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« ヒゲを落としたサムライ | トップページ | お弁当 »

スポーツを語る」カテゴリの記事

コメント

考えてみれば、仕事などというのは、体力が問われ、頭脳や要領もも問われ、人間関係やタフさも問われ、総合競技みたいなもんですね。

投稿: むうさん | 2006年12月 7日 (木) 22:31

 むうさん、どうもです (^^)/

 おっしゃるとおりだと思います。
 人生そのモノが苛酷なトライアスロンのようなモノなんじゃないでしょうか。
 トライアスロンにはゴールがありますが、人生にはゴールは設けられていませんから、より苛酷なレースだと思います。
 どこまで走ればゴールにたどり着くのか、わからないのがこのレースの辛いところです (^^;

 でも、人生がレースと決定的に違うのは、前に進むだけじゃないってところかな、時には立ち止まったり、休んだり、前に進むのが困難なら別なルートを選ぶ事も出来るから・・・ (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年12月 7日 (木) 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ:

« ヒゲを落としたサムライ | トップページ | お弁当 »