« 志田未来 | トップページ | クリスマス »

2006年12月22日 (金)

恥知らずな女

20061222001  今月の6日に、デビュー25周年という事で自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版した石原真理子であるが、私にはなぜ今更こんな事を公にするのかがわからない・・・
 それが事実であるのかそうでないのかは、本人たちにしか知る由はないから、外野は憶測も含めて騒がしい(笑い)

 

 男女の秘め事なんて、それが夫婦や恋人同士の間であったとしても、仮に1度限りの行きずりのモノであったとしても、そこにはなんらかの信頼関係があるモノと私は考える。
 金銭的な授受で成り立つビジネスライクな関係ならともかく、そういう信頼関係を裏切る行為として、今回の彼女の行為を私は認めない。
 人間として最低だ・・・(怒り)

 

 そういえば、愛人の告発でわずか69日でその座を追われた首相が居た (^^;
 クラブのホステスや料亭の女将や中居、愛人などの立場なら、ある程度他人の知りえないトップシークレットを入手する事は少なくない。しかし、これまではそういう事は公にされる事は無かった。彼女達には彼女達なりのプライドもあるし、職業意識も高かったから、ひたすらに固く口を閉ざして来たから・・・

 しかし、このところの女性たちの中にはそういうプライドもモラルも持っていない人達が居るのは嘆かわしい事でもあるし、残念な事だ。
 単なる売名行為なのか、あるいは金銭が目的なのか、容易く秘密を暴露する・・・ (__;)

 

 かつての日本には「見猿聞か猿言わ猿」という「見ない文化」「聞かない文化」「言わない文化」があった。

 住宅事情が貧弱だった事もあって、一つの家の中にいくつもの世代が同居する事も多かったし、隣近所も長屋みたいな所ではプライバシーはほとんど無いに等しかった。だから、一つの部屋を屏風や衝立を置く事によって別な空間に見立てたりするような日本独特の文化が生まれた。
 同じ部屋に居ても衝立の向こうは別な世界、何も見ないし、何も聞かない、見聞きした事は他言しない・・・ それがマナーであり、常識だった。

 

 ところが、テレビの出現がそういう常識を覆してしまった・・・
 本来なら見えないはずのモノ、聞こえないはずのモノがブラウン管を通して見聞きできる。
 それだけならまだしも、露骨でえげつないワイドショー番組が出現するに至って、日本人のモラルもマナーもけし飛んでしまった・・・(怒り)

 人々は、見えないものを見たがるようになり、聞こえないものを聞きたがるようになった・・・ (__;)

 

 奇しくも、昨日、政府税制調査会の本間正明会長が愛人と公務員宿舎に同居していたとして辞意を表明、安倍首相はこれを了承した。

 本間氏の場合は単なるスキャンダルとは違うし、情報も愛人が洩らしたものではなく、彼の失脚を狙う役人が洩らしたとの見方もあるから同じには語れないかもしれないが、ナンとも情けない世の中になってしまったものだ・・・

|

« 志田未来 | トップページ | クリスマス »

時事・ニュースを語る」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ピーターパンさん。
むかし、古谷一行との関係を暴露して有料会見まで開いたAV女優がいましたよね。それを思い出しましたよ。
彼女の場合はこれ以降、芸能界からも抹殺されましたが。
石原真理子については、なぜか男性週刊誌のうけがいいのが困ります。ま、瞬間的なものでしょうけど。
不思議と女性誌の扱いが悪いのがちょっと笑えます。
こんな乱暴な手段ではなくて、あの英語力を使って、芸能界に軟着陸する手はあっただろうにな、と思います。

投稿: むうさん | 2006年12月23日 (土) 00:07

 むうさん、どうもです (^^)/

 男性誌でウケが良いのは、中身のない軽薄な男が多いからでしょう(笑い)
 彼女とHができれば、石原真理子と寝た男という事で名前が売れるとでも思っているんじゃないかな・・・
 (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 しかし、マトモな男なら、こういう危ない女とは関係を持ちたいとは思わないでしょう。
 しかし、人の本質というのは見かけや教養とは全く関係のないものナンですね、勉強になりました (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年12月23日 (土) 00:22

大昔から、何かを暴露して、政敵の失脚を謀る事はおくありましたが、
事、男と女の関係で、失脚した例は、少ないな^^;
近代に入ってからですが^^;

その昔怪僧と言われた、ラスプーチンや道鏡ほどの事をしたなら
女の問題で、失脚はあったが、それ以外では、余り聞かない^^;

庶民レベルなら、暴露は無くても、噂で失脚も多いけど^^;

投稿: ポンポコ | 2006年12月24日 (日) 09:23

 ポンポコさん、どうもです (^^)/

 古来より「英雄色を好む」ナンてことばも有るくらいですから、たくさんの女性との関係はむしろ男を上げる事も少なくなかったんじゃないかな(笑い)
 正妻以外にもいわゆる愛人の類いが何人居ようと、そんな事にいちいち目くじらを立てるような社会でもなかったから、これまでは失脚につながらなかっただけのような気がします (^^ゞ
 あるいは、金とか権力とかのそれなりの力を持っているから、そういう事を暴露されそうな時とかされた後とかにもみ消すくらいは当り前に行われて来たような気がします (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2006年12月24日 (日) 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恥知らずな女:

» さんまマジ切れ!?年末特番で石原真理子に猛口撃? [アイドルから時事ネタまで 芸能ネタ情報]
今回の件では相当頭に来ているらしい。 [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 15:41

» ふぞろいな秘密『石原真理子』画像 [365day]
ふぞろいな秘密を著者『石原真理子』画像石原真理子(いしはら・まりこ)本名(画像参照)1964年(昭39)2月4日、東京都生まれ聖心女子学院高等学科在学中にスカウトされ、80年に映画「翔んだカップル」でデビュー。83年、TBSの人気ドラマシリーズ「ふぞろいの林檎たち」に出演し人気者に。93年、「真理絵」に改名しヘア... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 03:42

« 志田未来 | トップページ | クリスマス »