« 主催者の不手際に怒り | トップページ | 新年会と初詣で »

2007年1月14日 (日)

高校野球を食い物にする高野連

 今回、フジテレビで放送されたバラエティ番組の内容が「高校野球の目的から著しく逸脱している」内容だとして、高野連がフジテレビに抗議し、番組制作に協力した西宮市の旅館を甲子園大会時の指定宿舎から外す方針を決めた問題ですが、いい加減にしろと言いたい(怒り)

 この団体はなんのために存在しているのだろうといつも思う・・・
 いつまでもこういうワケのわからない団体が高校野球を牛耳って、イイように食い物にしているからダメなんだと思う。
 しかし、今回語りたいのは実はそういう事ではない。

 

 高校野球の宿舎 甲子園大会出場校の宿舎は、日本高野連が適切と認め、指定した宿泊施設に限られている。夏の大会の場合、各都道府県の代表校は、どの高校が出場しても同じ宿舎を利用することが恒例となっている・・・という、この事だ。

 という事は、事実上高野連が宿泊所を管理しているという事で、それ以外の宿泊施設は利用できないという事だ。これはいわゆる「闇カルテル」ではないのか。素人が考えたって、裏でカネが動いているだろう事は容易に想像がつく・・・
 新しく指定旅館に参加したくても、学校側が別な宿泊施設を利用したくても、事実上できないとなれば大きな問題だ。こんな事がなぜ問題にならないんだろう・・・

 

 私は常々「甲子園大会」なんてナンセンスな大会は止めるべきだと思っている。この事についてはこのブログでも過去に述べた。
http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_1d41.html#comments

 

 長く続けるという事はたいへんな努力の上に成り立っているものだ。それについては素直に認めるけれど、なんでもそうだが、長く続けているとそのうちにいろいろと悪い慣例が横行するようになる。甲子園大会でも様々な利権とカネが裏で動いているのは否めまい。

 こういう事を無くするためにも、甲子園大会は即刻止めて、競技場は全国のドーム球場を持ち回りで使うようにしたらどうだろう。高校野球はドーム開催に限る!これは私の持論だ。

 屋根付きの球場なら雨天中止はありえない。粛粛と日程を消化するにはドーム球場は持って来いだ。その上で、全国を持ち回りにした方が裾野を広げる意味でも野球の普及には意味があるように思う。

 今時、精神論を振りかざす「高野連」のような時代錯誤を絵に描いたような石頭連中の存在は百害あって一利なし!必要ない!!!
 高校野球の大会はもっと開けた団体の手によって行われるべきだ。たとえるなら、全国を持ち回りで開催している「国体」のように・・・

 札幌や福岡にもドーム球場はある。こういう場所でも高校野球の大会が行われるようになれば、高校野球はもっともっと盛り上がると思うのだが、いかが・・・

|

« 主催者の不手際に怒り | トップページ | 新年会と初詣で »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

ぼくは野球に限らず、高校の部活動は廃止して、
地域のクラブ化にすべきであると、
かねがね思っています。
高校が単位になる限り、地域の傑出した素材が全国で活躍できる舞台が制限され、部員が足りない地域では競技そのものに触れる機会すらなくなってしまう。
ドーム球場、ぼくはあまり好きではないので、
全国の芝生の球場を持ち回りにしてほしいですね。
甲子園廃止、大賛成です。

投稿: むうさん | 2007年1月14日 (日) 19:54

 むうさん、どうもです (^^)/

 今は、水泳やサッカーを中心にクラブ育ちの選手たちが何人も育って五輪やプロで活躍していますが、私は、学校が行う部活動はそれなりに意味があると思っています。
 地域が行うクラブは良い面も確かに多いのですが、大きなマイナス面もあります。
 クラブだと上下関係がないので、それが良いという声ももちろんありますが、いわゆる「体育会系」ということばは死語になってしまいます。
 今は、横の関係ばかりが重視され、縦の関係は時代遅れだと敬遠されがちな風潮がはびこっています。それではいけません。社会が根底から崩れてしまいます。
 少なくても、学校の部活動くらい先輩後輩の縦社会が存在してほしいと願っています。

 ドーム球場や人工芝についてはいろいろと異論もあると思いますが、少なくても炎天下に野球というのは勘弁してほしいと思っています(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年1月14日 (日) 20:37

ピーターさん、こんばんわ

ちょっと意見を言わせていただきますと、ドーム球場使用は公設で無い限り経費の面でも使用は無理だと思います。

甲子園球場もそうですが、「聖地」と言うものは必要に思われます。
サッカーですと、国立競技場、ラグビーですと、花園ラグビー場と言う「聖地」を目指して苦しい練習をしているのですから。(高校生の場合)
レギュラーになれなくても「聖地」で母校を応援したいと言う気持ちで3年間頑張れると思います。
今年母校のサッカー部が国立競技場で晴れの舞台に立ちました。当日は晴れでは無く大雨の中の試合でしたが、高校生の頃サッカー部の友達が「国立に行きたい」と常々言っていました。その言葉を思い出し、卒業生達が悪天候の中大勢集結いたしました。多分持ち回りの競技場でしたら全然係りの無い現役生の応援にはそんなには行かなかったと思います。(自由席1500円は痛いっ、甲子園の外野は無料なのに、アルプス応援席は400円かな?)
今大会2回戦くらいの時に取材を受けた後輩達は「絶対行くぞ!甲子園!」「野球かっ!」ドテッっと全員倒れる…と、ギャグを飛ばしていましたくらいですよ。(そんな事言ってるから…あーあ…校風かっ!とは思いましたが)ちゃんと「国立」と言い直してはいましたが

阪神ファンの方に伺ったところ、甲子園球場はもともと高校球児の為に作った球場で、プロ野球はその後にフランチャイズになったそうです。
ですから、高校野球大会が今でも優先なので、夏はタイガーズは「死のロード」に行くそうです。
ピーターさんの仰る事はとても良く判りますが、高野連だけを目の敵にするように受け止めてしまいますよ。
国体、インターハイ等は誘致合戦でもっと儲けようとしている大人達が大勢いると思います。
他の大きい競技団体も同じでしょうね。
インターハイでも真夏の日差しの中、一日何試合も試合をしなくてはいけない競技もあります。
それに高校野球は指導者、部員の暴力や犯罪などがすぐに取りざたされますが、他の競技をやってる選手は全く無いと思いますか?
某有名高校の野球部の指導者に伺ったところ他の競技には無い大変な苦労を知りました。現実、縦社会はその問題により崩壊寸前だそうです。

まあ高校野球が何かに付けて優遇されるのはどうかと思いますがね。

私は松坂投手が高校生の時に甲子園球場に横浜高校の観戦に行きましたが、あの独特の雰囲気はある種の神聖なものを感じました。
「聖地」甲子園球場が無くなったら、野球は衰退すると思います。他の競技者も「何故?」と思うのではないかと…あくまで私見ですが…

一方的な意見で申し訳ありませんでした。

ちなみに私の「聖地」は今でもこれからもずっと「ウィンブルドンのセンターコート」です。(足を踏み入れることすらないですが)

投稿: すけやん | 2007年1月15日 (月) 20:35

 すけやん、どうもです (^^)/
 いろいろと貴重なご意見有り難うございます。

 皆さんそれぞれに野球やサッカーに対する思いもあると思いますので、私の記事もその中の一つの意見という事でご理解下さい (^^;

 「聖地」についてですが、私は一つのところにこだわる必要はないんじゃないかという考えです。同じところに決めてしまうとどうしても悪い慣習がはびこってしまう事になるからです。
 今回の記事にも書いた、宿舎が高野連によって最初から決められているというのもその一つです。なぜ宿舎が第三者の手によって決められなければならないんでしょう。私は素人ですが、だからこそ、そこには何かうさん臭いものを感じてしまうのです。

 高校野球の「甲子園」はともかくとして、サッカーの「国立競技場」もラグビーの「花園ラグビー場」も、今は「聖地」と言われていますが、初めからそこで開催されていたわけではありません。いろいろな変遷をたどって今の競技場に落ち着いて、そう呼ばれるようになったにすぎません。
 となれば、「甲子園」もいつまでも高校野球の聖地でなくてもイイわけです。なぜそこでなければならないのか・・・
 ただ、いつもそこでやっているからというだけに過ぎません。

 千葉県でいえば、今は高校野球の決勝戦は千葉マリンスタジアムで行われていますが、それまでは天台野球場で行われていたわけです。

 会場なんて、時代と共に臨機応変に変えていっても不都合はないし、その方が合理的だと思う一人です。

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年1月15日 (月) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球を食い物にする高野連:

« 主催者の不手際に怒り | トップページ | 新年会と初詣で »