« 球団経営に思う | トップページ | パプリカ »

2007年2月 3日 (土)

鰯の頭

 先日、某ブログにて「イワシの頭も信心から」なんてコメントを残してしまいました。
 別に他意はなかったのですが、ちょうど今日は節分という事で話題としてタイムリーなので、今日は鰯の頭について・・・(笑い)

 

 先のことばは、たとえイワシの頭のようなつまらないものでも、それを信じている人にとっては、ご本尊様と同じように尊いものだというたとえですが、なぜイワシの頭なのかと言うと、節分の日にヒイラギの枝にイワシの頭を刺した物を玄関先などに置いて悪鬼を追い払ったという風習によるものと考えられます。
 イワシを焼く際に出る煙と臭いが鬼を追い払うと言われ、それがいつの頃からかヒイラギの尖った葉っぱと組み合わされて、玄関先に飾る魔除けにと姿を変えたと思われます。

 つまり、豆もイワシの頭も、節分のこの日には鬼を追い払うために用いられる魔法のアイテムといったところでしょうか(笑い)
 だから、イワシの頭なんかでも、信じる人には魔除けの役に立つという事で、先のことばが生まれたんだと思います。

 

 「魚」偏に「弱い」と書いて「鰯」です。その文字が現すように、弱肉強食の自然の中でも常に他の魚や鳥などのエサになるような弱い魚です (^^;

 かつては「大衆魚」として食卓に上る事も多かったのですが、最近では漁獲量が激減しており、価格も高騰して「高級魚」の仲間入りをしつつあるようです (^^;

 

20070203002  普段、魚はあまり食べない私ですが、イワシといえばチョウシタの「いわしの蒲焼」を思いだします (^.^ゞポリポリ
 同社の「サンマの蒲焼」と共に、酒の肴として食べるので、スーパーなんかで目についた時にまとめ買いをして、我が家の常備品となっています(笑い)

|

« 球団経営に思う | トップページ | パプリカ »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

イワシ、丸干しを頭からがりがり。
お魚好きのわたくしには、こたえられないです。
最近、居酒屋でも値が上がったように感じます。
ところが、最近行った回転すし屋では意外なことに、
「120円皿」だったので、パクパクいただきました。
脂が乗っていて、おいしかった。

投稿: むうさん | 2007年2月 3日 (土) 21:39

 むうさん、どうもです (^^)/

 基本的に光り物は苦手なので、寿司とかの生で食べるのははちょっと抵抗があります (^^;
 魚がホントに好きな人ってのは、そういう美味しさがたまらないんでしょうね(苦笑)
 ナンか、私はとっても損をしている感じです(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年2月 3日 (土) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の頭:

« 球団経営に思う | トップページ | パプリカ »