« キーボード | トップページ | 親子鷹 »

2007年2月 9日 (金)

日常生活の盲点

 昨日、某ブログにて洗髪の際のすすぎについて書かれていたのを目にして、思わずコメントをしてしまった。
 ブログには、『リンスは完全に洗い流してはいけない。ヌルヌル感が残ったままで拭き取る』と書かれてあって、それを実行していると言う・・・ (^^;

 この件に限らず、シャンプーやリンスなど誰もが当り前のように行っている事は、今更どのような手順で行うものなのかなんて誰も言ってはくれないし、商品にもそんな事を詳しくは書いていない。

 私が使っている、花王の「メリットリンス」には『シャンプーの後、、適量(セミロングヘアの方なら大さじ1杯程度)を手にとり直接髪全体になじませます。あと軽く(シャワーなら30秒程度)すすいでください。』とだけ書いてあります。

 勘違いをしている人も少なくないと思いますが、リンスは髪に何か栄養のようなモノを与えるわけではなく、シャンプーによって洗い落されてしまった油分を補って髪と髪のもつれを防ぎ、サラサラにするためのモノです。だから髪の毛の表面に簡単な被膜を作るためにリンスを使うわけです。
 すすぎの際にしっかり洗い流してしまったら、せっかく使ったリンスの効果も無くなってしまうように思っている方が居るから先のような発言になるのだろう。しかし、そんな事はない。
 逆に、いい加減にすすいで髪にリンスの液が残っているようだとロクな事にはならない(苦笑)
 余分なものはフケとなって髪の毛に付着するのがオチだ・・・ (^^;

 間違えて欲しくはないが、髪に栄養を与えるのは、リンスではなくてコンディショナーだ (^^)v

 

 シャンプーにしてもやはり手順はある。
 お湯で濡らした髪に極少量のシャンプー液を取り、予備洗いをして髪に付いた汚れと脂分をまず洗い落とす必要がある。それからもう一度普通にシャンプーをするのが一般的な洗髪の手順だ (^^)v
 予備洗いをしないままにシャンプーをしてもキレイに洗えないし、第一汚れと脂分が洗剤の邪魔をしてちっとも泡立たない (^^;
 それを理解していないとシャンプーの液が足りないんだと勘違いをしてさらに手に取って洗おうとする事になる・・・
 それではシャンプーの液の無駄遣いだ(笑い)

 シャンプーのすすぎは特に念入りにする必要がある。お湯をケチってはいけない(爆笑)

 

 今は、時期的に風邪が流行する季節です。その予防といえば「うがい」「手洗い」だ。
 外から帰ったらうがいと手洗いを・・・ナンて事は昔から耳にタコができるくらい聞いて来たはずだ。
 しかし、そのやり方については誰も何も言わない。そんな当たり前の事は誰でも知っていると思われているからだが、これだってチャンとした手順がある事を知っている方は意外と少ない (__;)
 この件についても別のブログで触れた・・・ (^^;

 

 うがいをするというと、たいていの方は口に水を含んで上を向きガラガラと始める・・・ (^^;
 しかし、これはいただけない・・・ (__;)
 口の中は雑菌の巣だ。それなのにいきなり上を向いてガラガラと始めては、口の中の雑菌をわざわざ喉の方へと流し込む事になる。これではせっかくのうがいも効果は少ない。
 だから、うがいはまずブクブクうがいをして口の中の雑菌を吐きだす事から始めなければいけない (^^)v
 上を向いてガラガラやるのはその後だ。

 

 手洗いも、たいていの方は掌をこすり合わせ、手の甲を洗うだけで済ましているのではないか。だから、指の間や付け根などの肝心なところはおろそかになっている方が少なくない。
 キチンと指と指とを交互に組むようにして洗い、できれば指一本一本を洗うくらいの丁寧さが欲しい (^^)v
 さらに、爪ブラシで一番雑菌が溜まっている指の先を洗い、手首まで洗えば完璧だ(笑い)

 

 以上は、私がいつもやっている事ですが、皆さんはいかがですか?

|

« キーボード | トップページ | 親子鷹 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、すが太郎です。
むうさん、つながりでブログに来て頂きありがとうございます。
うがいだとか、手洗いだとか。
歯ブラシもそうですよね。
磨いているようで、磨けてなのですよ。
歯医者さんに怒られています。
奥までちゃんと磨けって!
でも見えないっツーの!

これからも宜しくお願いします。

投稿: すが太郎 | 2007年2月 9日 (金) 23:17

 すが太郎さん、ようこそ (^^)/

 すが太郎さんやむうさんのように、まとまった感じのブログではありませんが、日々、感じた事をそのままに書いています (^^ゞ
 私の感じる意見は、たぶん小数派だとは思いますが、こんな事を考えているオヤジも居るという事で・・・(笑い)

 日常的に何気なくしている事って、自分では当り前のように思っていても、他人から見れば何それ~・・・って事が少なくありません (^^;
 私も、カミさんと一緒になって、いろいろと驚いたり考えさせられたり・・・ (^.^ゞポリポリ
 イイ経験でした(爆笑)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年2月10日 (土) 09:02

確かに日常の盲点ですね。
中学生のころに、『髪の毛からいい匂いがするように』と
リンス後のすすぎを控えめにしていたのを
思い出しました。甘酸っぱい思い出ですな。

昔から当たり前のようにやっていることって
深く考えたりしないから、盲点たっぷりかも(笑)
もう一度見直して考えてみると、
結構面白いかも知れませんねぇ♪

投稿: すぽぽ | 2007年2月10日 (土) 10:35

 すぽぽさん、どうもです (^^)/

 当り前で何気ない事の方こそ、意外と奥が深いのかもしれません(笑い)
 難しい事とか知らない事だと、キチンと聞いたりして教えてもらう事が少なくないから、意外としっかり出来るのかもしれません。

 中学生の頃や高校生の頃って、妙に背伸びをしてオトナのマネをしたがる年頃ですよね(苦笑)
 見よう見まねでいろいろやってみたりと・・・ (^^;
 σ(^-^; には、遠い遠~い昔の事ですが・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年2月10日 (土) 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活の盲点:

« キーボード | トップページ | 親子鷹 »