« 役得 | トップページ | 趣味と仕事 »

2007年3月 7日 (水)

仰げば尊し

 3月は卒業式の季節だ。そして、卒業式といえば、私等の世代なら「蛍の光」「仰げば尊し」という歌が反射的に口をついて出て来る・・・

 しかし、最近ではそういう「定番」とされて来た歌が卒業式で歌われる事が少なくなったといわれている・・・
 時代の流れ・・・といってしまえばそれまでだけれど、大切な思い出が無くなってしまったように感じているのは私だけなんだろうか・・・

 

 特に「仰げば尊し」の方は、歌詞が非常に古典的な言い回しのために難解であり、かつ内容が教師を崇めるモノで封建的だとして子供たちからも敬遠されがちで、今ではほとんど歌われる事は無くなったという・・・ (__;)

 しかし、私はそうは思わない。先生を崇める事は当然の事で、せめて卒業式の時くらいウソでもイイからお世話になりましたと言ってほしいものだ。
 だいたい、誰のおかげで卒業式という晴れの舞台を迎えられたというのだろう(笑い)

 

 今の世の中、親も教師も子供に迎合しすぎるのではないのか。成績の事ばかり気にして、人間として大事な事をまったく教えていないように思う・・・と言ったら言い過ぎだろうか (^^ゞ
 目上の人を尊敬し、立てるという事は人間として当り前の事だと思うのだが、時代に合わないとか古臭いといって、ないがしろにする傾向が往往にして見られるのは残念な事だ・・・
 だから卒業式で「仰げば尊し」を歌わない・・・なんて事が、まかり通るような事になるのだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 「仰げば尊し」の代わりに、最近卒業式でよく歌われている歌の一つに「旅立ちの日に」ナンて歌があるという。
 しかし、私に言わせればこの手の歌は子供に対しての迎合以外の何モノでもない(笑い)
 「卒業式」は子供たちが主役の「晴れの舞台」だけれど、決してそれだけではないだろう。今までお世話になった学舎や先生たちに別れを告げる式でもある。だから「卒業」と言うのだ。
 それなのに、この歌の中には別れゆく学舎や先生方への「感謝」の思いは語られていない。歌われているのは、ただ明日へ向かって飛び立とう・・・などという子供へのはなむけのことばばかり・・・
 だから、聞いていても耳あたりはいいけれど、ナンの感動も感慨も与えてはくれない。そのヘンが「仰げば尊し」との決定的な違いだ。

 

 そうは言っても、歌詞の内容が何を言っているのかわからないという声もあるだろう。それならそれでキチンと教えればイイだけの話しなんじゃないのかな。
 音楽というのは、ただ歌詞やメロディを通り一遍に教えるだけのものではないはずだ。どんな内容を歌っているのかを教える事もまた、大事な音楽の授業だと思うのだが・・・
 そうでないと「和菓子の恩・・・」ナンて平気で言ったりするようになる(爆笑)

 

 以下は、「仰げば尊し」の歌詞です。
 全体としては短い歌ではあるけれど、行間に込められた先生や学友たちへの「感謝」と、巣立っていく子供たちへの「愛情」を感じとってほしいものだ・・・

 

仰げば尊し わが師の恩
 教えの庭にも はやいくとせ
 おもえば いと疾し このとし月
 いまこそ わかれめ いざさらば

  互いに むつみし 日ごろの恩
  わかるる後にも やよ わするな
  身をたて 名をあげ やよはげめよ
  いまこそ わかれめ いざさらば

 朝ゆう なれにし まなびの窓
 ほたるのともし火 つむ白雪
 わするる まぞなき ゆくとし月
 いまこそ わかれめ いざさらば

 

 蛇足ですが、歌詞の最後の「わかれめ」は「分かれ目」と勘違いしている人が多いと思うけれど、正しくは「別れめ」です (^^ゞ
 「今こそ、別れよう」という意味ナンですね~ (^^)v

|

« 役得 | トップページ | 趣味と仕事 »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

ぼくも「仰げば尊し」でした。
教師に対して「恩」を感じていたか
どうかは別ですが。
「旅立ちの日に」。
歌詞を見てみましたが、
なかなかよくできてましたよ。
子どもが自然に歌えるのが、
いいのではないかと思いました。

投稿: むうさん | 2007年3月 8日 (木) 16:09

 むうさん、どうもです (^^)/

 うん、よくできているから広まったんでしょうね (^^;
 今も、「FLET'光」のCMで、スマップが歌っているのを見る事ができます(笑い)

 ただ「卒業式」をどういう意味合いで捉えるのかで考え方も変わって来ます。
 生徒の旅立ちと捉えればこういう歌もアリなんでしょうが、私のように一つの区切りと考えれば、主旨には沿わないと・・・ (^^ゞ
 「卒業式」ですから、学業を終了した事を伝える式典であって、これからの旅立ちを祝うモノではないはず・・・というのが私のスタンスです(笑い)
 だから、未来について歌うのではなく、それまでの軌跡を振り返るのが筋なんじゃないかと (^.^ゞポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年3月 8日 (木) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仰げば尊し:

« 役得 | トップページ | 趣味と仕事 »