« 田中将大 | トップページ | 花祭り »

2007年4月 7日 (土)

鬼平犯科帳

20070407003  昨夜フジテレビで放映された「鬼平犯科帳」を先ほど見ました (^^)v

 

 私は、テレビのドラマなどは必ず1度録画してから見るのが癖なもので・・・ (^.^ゞポリポリ
 こうする事によって、仕事の都合などで見逃す事も無くなるし、気になるところは何度でも繰り返し見る事ができるので、もう、10年くらい続けている習慣です。

 私の鑑賞の仕方は、通り一遍に初めから見るのではなく、「あれ?」っと思うと前に戻ったり、場合によっては最初に戻ってそれぞれの場面を確認しながら見るというスタイルなので、けっこう時間がかかる事が多いんですよ(笑い)
 その分、CMなどはイッキに飛ばして見るので、全体としては2割増くらいの感覚ですが・・・ (^^;

 最初の頃は、連ドラには月~日までビデオテープを1本ずつ用意して、映画やスペシャルドラマは別に何本もテープを用意して楽しんでいました。
 しかし、2年ほど前からHDDのビデオを買ってからはそんな必要もほとんど無くなり、快適にテレビライフを楽しんでいます (o^∇^o)ノ

 

 この「鬼平犯科帳」は、私のお気に入りの作品の一つです (^_^)V。
 ワリと時代劇は好きな方なんですが、好き嫌いははっきりしていて、「水戸黄門」などのワンパターン物は一切見ません。時間のムダだから (^◇^) 。。。ケラケラ

 「剣客商売」ナンかも好きな作品です。池波正太郎の作品は、単なる勧善懲悪的なモノではなく、どれも人間模様を忠実に描いているところが好きな理由です。実に人間臭い作品になっているんですよね。
 飲んで、食って、寝て・・・
 さらに、惚れて、抱いて、別れて・・・
 そんな当り前の事が枝葉としてしっかりと描かれているんですよね(苦笑)
 しかし、骨子は一生懸命に仕事をする男を骨太に描いている・・・

 

 今回の「一本眉」も、思わずホロリとさせてもらいました (^.^ゞポリポリ
 相手役に宇津井健。この人もイイ感じにトシを重ねている・・・
 初めて彼を見たのが「ザ・ガードマン」でのキャップ役。40年くらい前になるのか・・・ (^^;
 好きな作品で、よく見ていました。

 しかし、何といっても私がこの作品を見続けている理由が、長谷川平蔵・・・
 この役を演じている中村吉右衛門にある。実にイイ役者だ (^^)v

 漢臭いワリには情にもろく、酒と肴が大好きで・・・ (^^;
 そんな型破りな主人公を見事に演じ切っている。
 彼の粋なところも気にいっている理由だ (^^)v
 どこかの居酒屋にこういうオヤジが居たら、一緒に酒を飲んでみたいなぁと思わせてくれる (o^∇^o)ノ
 鬼平は、まさに彼のためにあるような作品だとしみじみ思う。

 

 池波作品の中にしばしば登場する食事のシーン。食通で有名だった作者の本領が活かされるシーンでもあり、彼の作品が好きな方はたいていこのシーンが気にいっているはずだ(笑い)
 もちろん私もその一人だが (^^ゞ

 居酒屋で出される突き出しや、小料理屋での料理が実に巧みに描かれている。いつも旨そうだと思ってしまう(笑い)
 しかし、池波は時に空想で料理を作り、映像化にあたっては演出家を困らせたと聞いた事がある・・・ (^^;
 文章の上ではどんな料理でも作って食べさせる事ができるが、映画やドラマという映像の世界では時にそれが仇となるらしい・・・
 一応調理して料理をもっともらしい形にしたうえで、役者はそれを食べなくてはならないからだ(笑い)

 でも、今回の料理として登場した料理は田楽であり、食材もコンニャクと豆腐に味付けは味噌だけだったから、演出も役者も楽だったろう(笑い)

 

 今回の作品では、相模の彦十は二代目の長門裕之が演じていた。
 原作に忠実なのは、長門祐之の方がより相応しいキャスティングだとは思うが、私はやはり江戸家猫八の方が馴染みがある分好きだなぁ (^^ゞ
 どことなく憎めなくて、良い味出してました・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 次にこの作品に会えるのは、いつになるのかなぁ・・・

|

« 田中将大 | トップページ | 花祭り »

コメント

チェックはしていたのですが、
すっかり見逃してしまいました。
年末ぐらいにやってくれるかなあ。
そうですか、彦十が長門裕之かあ。
やっぱり江戸家猫八ですよね。
30年前のシリーズでは兎忠が
いまはなき古今亭志ん朝だったとか。
みてみたいなあ。

投稿: むうさん | 2007年4月 9日 (月) 12:53

 むうさん、どうもです (^^)/

 今回も、なかなかに楽しめましたよ (^^)v
 長門祐之の彦十は、はまりすぎてて怖いです(笑い)
 でも、記事にも書きましたが、思い入れがある分江戸家猫八に一票ですね (^^)v
 最初から長門祐之なら、何の違和感もなかったでしょう・・・
 中村吉右衛門と長門祐之のコンビなら、いかにも若い頃に悪さをしてた雰囲気がアリアリです(爆笑)

 いつも思うのですが、尾美としのりの兎忠だけは、ミスキャストだと思うなぁ(笑い)
 誰と言われても、すぐには思いつかないんですが、もっと「らしい」人は居なかったのかなぁ・・・(笑い)
 そうですか、古今亭志ん朝が演じた事があるんですか (^^;
 尾美としのりよりは相応しいと思います。

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年4月 9日 (月) 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼平犯科帳:

« 田中将大 | トップページ | 花祭り »