« 箸の先 | トップページ | 田植え »

2007年4月20日 (金)

渋滞

20070420001  私は、職業ドライバーなので、車に乗るのが仕事です。

 

 で、そんな私が日頃利用しているものに「ラジオの交通情報」と道路に設置されている「情報案内板」があります。

 前者は、道路の混雑状況や事故などのドラブル情報が、おおよそ30分毎くらいに各局で放送されていますし、後者は、高速道路のIC付近や要所要所にその都度設置してあって、気象情報を始め、工事や渋滞などの有用な情報をその都度表示してくれるので、どちらもたいへん重宝しています (^^)v

 

20070420002  特に私が気にしているのが、道路の「渋滞情報」です。誰でも渋滞にはまるのは嫌でしょうが、仕事で車を運転していると、時間との戦いみたいなところがあるので、渋滞はできるだけ避けて、1分でも早い到着を目指して抜け道を探します (^^ゞ

 私はとても気が短いので、渋滞にはまってイライラするよりは多少の遠回りでも迂回する方を、つい選択しがちです (^^;
 とにかく、少しでも車が前に進んでいないと嫌なんですよね(笑い)
 今はカーナビの画面にもVICSが付いているのが一般的になっているので、そういう点では以前から比べればずっと楽になりました。

 

 ところで、その「渋滞」ですが、交通集中による「自然渋滞」であれば、高速道路の場合には、おおよそ1kmにつき5分が目安になります。
 渋滞が2kmと表示されていれば、その渋滞を抜けるのにだいたい10分かかる見当になります。
 ですから、渋滞情報などで「この先渋滞 2キロ5分」などと表示されていれば、それほどキツイ渋滞ではなく、スムースに流れる程度の渋滞と判断できるのです (^^)v
 逆に「2キロ20分」などと、異常に長い時間が表示されていれば、単純な自然渋滞ではなく、事故や故障車、あるいは工事などのなんらかのトラブルが原因と考えられます (^^;
 こういう渋滞には、決してはまってはいけません(笑い) いつ抜け出せるのか皆目見当がつかないからです。

 よく、休日などで行楽に向かう高速道路では、10kmとか20kmとかの非常に長い渋滞が見られる事があります。この目安を当てはめれば、渋滞を抜けるのに、10kmだと50分、20kmだと実に100分という時間がかかる事になります (^^;
 実際には、それほどかかる事はめったにありませんが・・・

 

 間もなくGWがやって来ますが、それぞれの故郷へ向かう「民族大移動」で、例年信じられないような大渋滞がニュースにもなります。
 関越道では、花園IC付近とか、東北道では上河内SA付近などは、悪名高い渋滞のポイントで、しばしば40kmとか50kmとかの渋滞が発生する事がよくあり、ニュースなどにも取り上げられる事が少なくありません。
 このくらいの大渋滞になると、先の法則はほとんどの場合当てはまりませんが、それでも50kmもの渋滞になると、2時間から3時間程度はどうしてもかかってしまいます (^^;

 

 一方、一般の道路では、信号などがあるために、渋滞の通過時間の目安は高速道路の2倍くらいが目安になり、1kmが10分くらいの見当になります。

 私の場合、経験上、高速道路ですと2kmくらいまでの渋滞なら迷わずに突っ込んで行きます (^^)v  それ以上だと、ケースバイケースで決めます。
 一般道なら、1km以上の渋滞はパスです (^.^ゞポリポリ

 

 私は、GWの後半に会津の実家に帰省する予定ですが、皆さんもGWはどこかへお出かけの予定はありますか?

 くれぐれも、渋滞にははまりませぬように・・・ (o^∇^o)ノ

|

« 箸の先 | トップページ | 田植え »

仕事を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞:

» 接客サービスの気付き [接客マニュアルを超えた最高の接客を!]
接客は、接客マニュアル通りにはいかないことが多いです。 接客マニュアルにとらわれていると、最高の接客には到達できないでしょう。接客マニュアルを超えた最高の接客とは何か?そんなことをあれこれと考えてみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 00:14

« 箸の先 | トップページ | 田植え »