« 養老渓谷を行く | トップページ | スポーツ特待制度に思う »

2007年4月30日 (月)

旅の恥はかき捨て

 ゴールデンウィーク真っ最中の今日あたり、皆さんも行楽や帰省などでどこかへお出かけの方も多いんじゃないだろうか・・・
 知らない土地へ出かけるのは、なんとなくウキウキして楽しいものだ。

 

 でも、日本には昔から「旅の恥はかき捨て」ナンてひどいことばがある・・・ (__;)
 それが日本人の国民性なんだろうか、見知らぬ土地に行くと傍若無人に振る舞う人のなんと多い事か・・・

 ゴミは捨てる、落書きはする、果ては器物損壊に至る方まで居たりして・・・ (ーーメ
 また、お酒を飲んで騒いだり、暴れたり・・・
 とにかく、目を覆いたくなるような無頼の輩を、そこここで目にする事になる・・・

 

 私は、この「旅の恥はかき捨て」ということばが大嫌いだ!

 どこをどういうふうに考えたらこのような無茶苦茶なことばが出てくるのだろう・・・
 こんなひどいことばがあるから、公共の場でワガママな振る舞いをするバカ者が減らないのだ!

 誰も知っている人の居ない旅先でこそ、無用なトラブルを避けるためにも「モラル」「マナー」は必要なんじゃないのか、私はそう考える。
 知らない人ばかりだから、後腐れもないし、後は野となれ山となれで、何をしてもイイじゃんというのは、大きな心得違いだと思うぞ(怒り)

 

 「来た時よりも美しく」・・・こういうことばだってあるんですよね (^^)v
 自分のモノでないのなら、よけいに大切に扱わなければ・・・
 後から使う人のために・・・

 

 知らない人の中での振る舞いこそ、その人の真価が問われるんじゃないのかな・・・

 周りに迷惑をかける事のないように、楽しくGWをお過ごし下さい ( ^-^)/ ♪

|

« 養老渓谷を行く | トップページ | スポーツ特待制度に思う »

独り言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

旅の恥はかき捨てですが、ボクの記憶に間違いが
無ければ、江戸期に流行った、伊勢参りの頃から
出来た言葉だったと思います。

当時は、伊勢講を作り、長年積み立てた金で行く
一生に一度の、贅沢だったので、そんな言葉も
出来たのでしょうね。^^;

ボク自身、駐在員時代に、とんでも無い団体を
多く目にしました。
おねえちゃん同伴の観光バスが、連なって走ってる
図には、呆れましたね^^;
どこの団体かは書かないけど、夢さんの故郷関係者
ですよ(^_^;)
そんな団体が多くありました^^;

投稿: ポンポコ | 2007年4月30日 (月) 19:26

 ポンポコさん、どうもです (^^)/

 そうですか、そんな昔からあったことばなんですか・・・ (^^;
 楽しみが少なかった時代とはいえ、見知らぬ土地でなら何をやってもイイだなんて、いい大人の考える事じゃありませんよね (^^;

 まして、今の世の中、他人の迷惑を顧みない人が多すぎます。
 自分さえ良ければ・・・ナンて、皆がそんなふうに思い始めたら社会なんて成り立ちませんよね(笑い)
 どうしてそのくらいの事がわからないのかなぁ・・・ (__;)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年4月30日 (月) 20:03

私も嫌いです。
だいたい、よその場所に出かけるときは
謙虚に足を踏み入れるものでしょうに。
マイカー行楽客なんぞが残していくごみの山。
あれを見るたびに、「行楽税」でも
とったほうがいいのでは、と思っちゃいます。

投稿: むうさん | 2007年5月 1日 (火) 08:48

 むうさん、どうもです (^^)/

 こういう事を言うと、説教くさいと思われるんでしょうねぇ(笑い)
 でも、自分が観光で訪れた先で、ゴミとか落書きとかは見たくないですよねぇ (^^;
 まして、誰かのせいで嫌な思いはしたくない・・・

 自分がされて嫌だと思う事は、してはいけない・・・
 それが社会生活を営む上での最低限のルールでしょう (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年5月 1日 (火) 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の恥はかき捨て:

« 養老渓谷を行く | トップページ | スポーツ特待制度に思う »