« スカイセンサー | トップページ | 虹とスニーカーの頃 »

2007年5月20日 (日)

伊奈かっぺい

20070520002  先月、マルチタレントである伊奈かっぺい氏が、青森放送を定年退職したと聞いた・・・
 伊奈かっぺいといっても、知っている人は知っているが、知らない人は全く知らない希有なタレントだ(笑い)

 一応、全国区ではあるけれど、活動はもっぱら地元である青森と、周辺の東北地方を中心にしていたので、その他の地域では、テレビなどでもそれほど見かける事は無かったと思う。
 弘前市出身の氏のトークは、ネイティブな津軽弁であり、そのコミカルであたたかな独特の語り口は有名だ。

 

 私は、昭和58年の4月から翌年の3月までの一年間を、青森市内で過ごした事がある。
 サラリーマンにはよくある転勤で、会津から青森の営業所に移り、そこで営業の仕事をしていた。
 同僚の一人が、仕事の打ち合わせなどで、伊奈かっぺい氏と面識があったので、そこで初めて氏の事を知った (^.^ゞポリポリ
 当時、青森市内にある「だびよん劇場」のトークライブに連れて行ってもらった事もあり、すぐに私は伊奈かっぺいのファンになってしまった (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20070520001 20070517001  その頃、市内の本屋で手に入れた、氏の著書である「落書き絵選詩(エッセンス)」・・・

 これは一応、詩集というのだろうか・・・ (^^;
 エッセイ集のようにも思える(笑い)
 春・夏・秋・冬の各章の他にもう一つオマケの章があり、それぞれに独り言のような散文形式の詩がいくつか掲載されている・・・
 文体は、氏がふだん口にしているままの津軽弁・・・
 でも、まぁなんとなくではあるけれど、言っている事は理解できるかな (^.^ゞポリポリ
 もちろん、意味不明のところもあったけど・・・

 

 下に、その中の一文をアップしてみました。
 「秋らしい秋だもの」という章の最初に掲載されている詩で「寒いはで」というタイトルが付いている。
 比較的短くて、氏の人柄が行間に出ているようなものを選んでみました(苦笑)

 

     20070517003

 

 その本の中に、津軽弁のおもしろい会話を「小噺ふう」にして載っていたので紹介してみようかなぁと・・・ (^^ゞ

 

 戯曲(おしばい)
 「無口な二人」一幕一景

 ・・・・・   女が近づくが、男は気が付かない・・・
  の~    ねぇ 呼びかけの意
  ・・・   まだ気が付かない
  の~    ねぇってばッ と呼びかける
  ん?    ん? 呼ばれたような気がして生返事をする
  の~    ねぇってば とさらに繰り返す
  わ?    オレのこと?
  な!    そう、あなたの事よ
  あ?    なんだい?
  さ~    (恥ずかしそうに)あのね・・・
  ん?    ナンだよ?
  い・・・  ううん、ナンでもないわ・・・
       チェッ(用も無いのに呼ぶなの意)
 ・・・・・   やや間をおいて・・・・・
  の?    ねぇ(再び呼びかける)
       ナンなんだよ
  く?    これ、食べる?
  く?    (もう一度)これ、食べる?
  ん・・・  ん・・・(気の無い返事の意)
  の!!   もう、はっきりしてよ!!
  く~!   (圧倒されて)食べますよ~!
       手を出しなさい
  て?    手?(単なるおうむ返しの意)
  て!    そう、手ですよ!
       はい(と手を出す)
       はいどうぞ
       はい(受け取る)
  け!    早く食べなさいよ!
       食べますよ(といって食べる)
  め?    美味しい?
       美味しいよ
  ん・・・  良かった・・・

 ~幕~・・・

 どうですか? (^^;
 イントネーションが微妙なので、文字にしただけではおもしろさは伝わらないと思うのですが・・・ (^.^ゞポリポリ
 津軽弁の雰囲気は、おわかりいただけますかね・・・(苦笑)

 

 ちなみに、私が青森で最初に覚えたことばは「まいね」でした(爆笑)
 セールスをしていて、お客さんからよく言われたんですよ、「まいね~」と・・・ (^.^ゞポリポリ
 これは「ダメだ」とか「要らない」という意味の、否定語ですね (^^;

 次に「わ」でしたかね (^^;
 自分の事をさす時の一人称です。つまり「私」とか「僕」です (^^)v

|

« スカイセンサー | トップページ | 虹とスニーカーの頃 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

ひらがな一文字ですか^^
私には状況が見えるようですよ
たとえば『け』という言葉は上位の人物が
下位の人物に『食べろ』と言う弱命令形ですね
さらに『め』は『ゥンめ』と言う感じでしょうか
『ゥン○○』東北弁には大事な『ゥン』です

投稿: タマパパ | 2007年5月20日 (日) 10:28

津軽弁って一文字で会話できるんだー

投稿: すが太郎 | 2007年5月20日 (日) 16:29

 パパさん、どうもです (^^)/

 そうですか・・・(笑い)
 福島では、さすがにこういう言い回しは無いので、新鮮でしたよ。

 でも、近い表現はあるんですよね。
 例えば、「け」は「くえ」、「め」は「んめ」ですから・・・ (^^;

 津軽弁で有名になったのは、「どさ」、「ゆさ」という挨拶でしたね(爆笑)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年5月20日 (日) 16:32

 すが太郎さん、どうもです (^^)/

 さすがに、こういう会話は極端な例でしょうが、お互いの表情や仕草、そしてイントネーションで、同じひらがな一文字でも意志が通じ合うのだと思います。

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年5月20日 (日) 16:36

翻訳文無しでも、状況がわかってしまう自分が悲しい!!

投稿: ★なまはげ | 2007年5月20日 (日) 21:27

 なまはげさん、どうもです (^^)/

 そんな・・・ (^^;
 悲しいなどと言われてしまうと・・・
 決して面白半分で書き込んだわけではありません。
 お気に障られましたら、お許し下さい・・・

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年5月20日 (日) 22:05

無口な2人というより、
なんだか雄弁な感じもしますね。
お互い、意思表示もはっきりして。
かっぺいさん、
これからの活躍も期待したいですね。

投稿: むうさん | 2007年5月20日 (日) 22:28

 むうさん、どうもです (^^)/

 あれこれとよけいなことを言わなくても、最小限のことばでお互いの意志を読み取る事が出きるという事なのでしょうか・・・(笑い)
 もっと凄い二人だと、お互いに阿吽の呼吸で、なにを言いたいのかわかるのかもしれませんが・・・ (^^;

 でも、私はなるべく思っている事はキチンとことばにだして言った方が良いという事を、身をもって知りました (^.^ゞポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年5月20日 (日) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊奈かっぺい:

« スカイセンサー | トップページ | 虹とスニーカーの頃 »