« 今日の車窓から | トップページ | 連覇に向けて、その5 »

2007年6月16日 (土)

私はカモメ

 一昨日に「梅雨」に入ったと発表された関東ですが、その翌日である昨日は青空が広がり、今年初の真夏日となった・・・ (^^;

 一応、昨日の予報では「雨のち曇り、最高気温22度」となっていたのだが・・・(笑い)
 気象庁は「梅雨前線の活動が弱く、一週間ほどは晴れ間がのぞく暑い日が続くだろう」と、早々と修正コメントを発表した・・・
 雨の日は仕事がやりにくいし、疲れるから正直好きではないから、個人的には歓迎なのだが・・・ (^.^ゞポリポリ

 でも、私たちは地上で生活をしているから、晴れとか雨とかの「天気」が気になるだけで、たとえ雨が降っていても、太陽が無くなったわけではない。
 雨雲の上ではいつもと変わりない太陽がいつもと同じように輝いている・・・
 ただ、雨雲に遮られてその姿が見えないだけだ・・・

 

 見えないといえば、星もそうかな。
 星といえば「夜空」という事になるわけだけだけど、星たちは何も夜にしか存在しないわけではない。昼間でも同じように空で輝いているワケだけれど、明るいから見えないだけだ・・・ (^^;
 この地上では、いろんな事が起きているけれど、空の上ではいつもと変わらない毎日が今日も繰り返されている・・・

 同じ事柄でも、ちょっと見方を変えると今までとは違ったように見えたり、思えるのかもしれない。
 ・・・ということで、今日はそんな内容で・・・

 

20070616001_1  今から44年前の今日、1963年6月16日に一人の女性の発した言葉が、センセーショナルに全世界を駆け抜けていった・・・
 ソ連の宇宙飛行士テレシコワ少尉が搭乗したボストーク6号から地球に送って来た言葉で、あまりにも有名な一言になった。

 そのテレシコワが宇宙から送ってきた通信の最初の言葉は「ヤーチャイカ」だった。

 この言葉を日本語訳したのが「私はカモメ」という一言で、後に流行語にもなった。
 「ヤー」は「Я」と表記し、たった一文字で「私」という意味になる。
 「チャイカ」は「カモメ」という意味だから「私はカモメ」という日本語訳はどこも間違ってはいないし、逆になんのひねりもない単刀直入な訳だったとも思う。

20070616002  でも、「私はカモメ」という言葉はそれが女性飛行士が口にした言葉として一人歩きを始めてしまう・・・
 何ともロマンチックな台詞だったからだ。

 その2年前には同じソ連のガガーリンが「地球は青かった」というこれもまた有名な言葉を残しているから、それと同じ様な意味で、彼女が自らをカモメに喩えて宇宙を飛んでいる感想を述べた言葉だったのだろうと多くの方は思っているし、私自身もずっとそのように思って来た。

 しかし、本当はテレシコワが乗っていたボストーク6号のコードネームが「チャイカ(カモメ)」だったので「こちらはボストーク6号」という意味で「ヤーチャイカ」と言っただけだったという事はあまり知られてはいない (^^;

 

 私が言いたいのは、訳が違っている・・・とかいうヤボな事ではなくて、同じ言葉でも上手に訳すと何と素晴らしい言葉になってしまう事か・・・という事です。

 先の言葉を「こちらはカモメ号です」なんて正確に意訳をしたら、誰も感動なんてしなかったんじゃないかなぁ(笑い) 
 少なくても、当時「私はカモメ」という言葉に感動し、宇宙に夢をはせた少年少女たちは少なくなかったんじゃないかと思います。

 どうですか?
 同じことばでも、ちょっと見方を変えるだけでずいぶん意味が違ってくる良い例だとは思いませんか o(*^▽^*)o~♪

|

« 今日の車窓から | トップページ | 連覇に向けて、その5 »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^

宇宙というと、素朴な疑問として直ぐに出てくるのは
宇宙には、果てがあるのかということで、ボクも子供の頃
から大きな疑問でした。

長じてから、色々考えた結果、宇宙の果ては、あるようで無い。
こう結論しました。
ビックバン理論が正しければ、宇宙は膨張エネルギーが
頂点に達するまでは
膨張し続けますが、その向こうは、どうなってるか考えると
何もない、無の空間?
そんな事は、有るはずもなく、この宇宙が存在する空間が
爆発するまでの状態と変わらない空間がそこには、存在すると
思っています。
膨張エネルギーの先端部分が接するところが宇宙の果てと
なりますが、その向こうにも、別の宇宙が存在するとボクは
考えています。
宇宙を構成する物質は、宇宙の果てにも存在し、何らかの原因で
収縮したとき、新たな宇宙が生まれ、そんな宇宙が無数に存在すると思います。

宇宙の果てに存在する、ビックバン以前から有る、構成物質
調べれば、宇宙の質量がわかるかも知れない?

投稿: ポンポコ | 2007年6月16日 (土) 12:30

 ポンポコさん、どうもです (^^)/

 宇宙の果てがどうなっているのかは見当もつきませんが、私は、宇宙というのは一つの世界では無いと思っています。
 SFナンかではよく語られている世界です。この宇宙そのモノが他の宇宙の一部であり、この宇宙の中にまた他の宇宙が存在するという・・・ (^^;

 わかりやすく言えば、入れ子の世界ですかね(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年6月16日 (土) 14:48

 ピータさん、こんにちは。とにかく蒸し暑いですわ~、こちら京都は(笑)。

投稿: ナンカイです。 | 2007年6月16日 (土) 15:19

 ナンカイさん、どうもです (^^)/

 関東も同じっす (^^;
 それほど湿気がない分だけまだマシかも・・・(笑い)

 今日のG戦、ヤボ用で出かけます (^.^ゞポリポリ
 応援、よろしくね~ (o^∇^o)ノ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年6月16日 (土) 16:09

なるほど
宇宙に無数の銀河が存在する様に
無数の宇宙が存在するですね
寝られなくなってしまいますね^^

投稿: タマパパ | 2007年6月16日 (土) 21:41

 パパさん、どうもです (^^)/

 しょせん、実際には確認することなんてできないわけですから、ナニを言っても間違いだなんて明確に指摘する事はできないわけで・・・ (^^;
 いろんな可能性がありそうですね(苦笑)

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年6月17日 (日) 02:04

こんにちは^^

他の星の生命体から見ると、
宇宙飛行士は、宇宙人ってことかしらね^^
空港の入国手続きの外国人カウンターには、
alien って書いてあるんだって^^;
(そういう意味ではないのですが、)
ひょっとすると、成田が入り口かも・・・・^^;

投稿: kyoro | 2007年6月17日 (日) 09:23

 kyoroさん、どうもです (^^)/

 あくまでも、我々地球人から見た視点で言っていますから、地球外生命体から見れば我々はりっぱな宇宙人です(爆笑)

 そういえば、最近某CMでトミー・リー・ジョーンズがよく出ていますよね、日本の調査に来ているようです (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年6月17日 (日) 10:02

おもしろいですね。
ガガーリンの言葉のように、期待したマスコミがまずあって、何気ない言葉にわざと文学的な意味を加えてしまったんでしょうね。そもそも最初から意図的だったりして。
こわいのは送り手側の曲解というか、ここに悪意が加わるとやっぱり怖いですね。

投稿: むうさん | 2007年6月17日 (日) 18:22

 むうさん、どうもです (^^)/

 どうなんでしょうね、ホントのところはわかりかねますが、意外と意図せずに訳したのではないかと私は思っています。
 当時のソビエトが、宇宙計画を洩らすとは思えない事から、ボストーク6号のコードネームが「カモメ」だと前もってわかっていたとは思えないからです。
 そうはいっても、無線を聞いた時点で「カモメ」=「ボストーク6号」だという事はわかったとは思いますが・・・ (^.^ゞポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年6月17日 (日) 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私はカモメ:

« 今日の車窓から | トップページ | 連覇に向けて、その5 »