« 足元をすくわれる | トップページ | 蚊 »

2007年7月 7日 (土)

七夕の逢瀬

 今日は、七夕という事で、織姫星彦星の伝説など・・・ (^.^ゞポリポリ

 誰でも知っているとは思うけど、天帝の怒りによって、天の川の両岸に引き離された二人は、年に一度だけ七夕の夜に会う事を許されました
 でも、当日に雨が降ると、天の川の水かさが増して、会う事ができないといわれます。

 では、雨が降らなければ天の川を渡ってデートをする事ができたとして、二人が今までに会う事のできた「確率」はどの位でしょうか?

 一応、この伝説には、雨の日には二人を哀れんだ無数のカササギ達が自らの体で橋を架けてくれるので、毎年会う事ができるとは言われていますが、それは考慮せずに、純粋に雨の日には渡れなくて会えないものとします(笑い)


 う~ん、七夕の時期は、ちょうど梅雨の季節だから、けっこう会える確率は低いのかな・・・とか、二人がかわいそうだからなるべく会える確率を上げてやりたいとか、そもそもこの伝説は中国のモノだから、中国には梅雨なんてあるのだろうか・・・とか・・・
 それぞれにいろいろ思うところはあるでしょうが・・・(笑い)


    20070707001



 答えは・・・100%会える・・・です (^^)v
 なぜなら、天の川の在る宇宙には雨は降らないから(笑い)

 お天気に「晴れ」とか「雨」とかがあるのは、この地上だけです。
 あの雲の上では、いつも晴れていて、雨なんて在りえない。
 一応、伝説だからこの地上になぞらえてそのようなストーリーになっているだけです。


 しかし、私はどうしていつもこんなふうに、ひねくれたモノの見方しかできないんだろうね (^◇^) 。。。ケラケラ

 困ったモンです (^.^ゞポリポリ


 ちなみに「織姫星」が、こと座の中に在るベガで、「彦星」が、わし座の中に在るアルタイルのことです。

|

« 足元をすくわれる | トップページ | 蚊 »

季節便り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

宇宙に雨は降らないですが、宇宙線の嵐ですから
運が悪いと、黒こげになる可能性はありますよ(^_^;)

七夕というと、空港でガラス越しの短い逢瀬を
思い出します^^;
それと、スコールを凌ぐために入った、檳榔の木陰^^;

投稿: ポンポコ | 2007年7月 7日 (土) 19:28

でも、雨がない、つまり水のない世界で、
織姫と彦星は生きていけるんだろうか。
人じゃなくて、星だからいいのか。
失礼しました。

投稿: むうさん | 2007年7月 8日 (日) 00:30

 ポンポコさん、どうもです (^^)/

 いろいろと人生の思い出がたくさんお有りのようで、さすがは人生の師匠と呼ぶに相応しい~ o(*^▽^*)o~♪

 宇宙線の嵐に、いん石の雨・・・
 宇宙は、我々人類が住むにはかなり苛酷な環境のようですね (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年7月 8日 (日) 10:27

 むうさん、どうもです (^^)/

 夢のない話しをしてしまって申し訳有りませんでした (^^;
 水の無い天の川・・・
 ちょっと興醒めですが、伝説ですから、なんでもアリという事で良いのかな (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年7月 8日 (日) 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の逢瀬:

« 足元をすくわれる | トップページ | 蚊 »