« 国内最高気温 | トップページ | 蚊取り線香 »

2007年8月18日 (土)

青春のうた Best Collection その17

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 今回の収録曲は、私が小学4年生から5年生の頃のモノです (^.^ゞポリポリ
 子供だった事もあって、今回の収録曲はリアルタイムでの思い出はそれほどありません。

   《収録曲》
 1:悲しみは駆け足でやってくる/アン真理子 69年7月発表
 2:帰り道は遠かった/チコとビーグルス 68年12月発表
 3:受験生ブルース/高石友也 68年2月発表Sbc017
 4:自衛隊に入ろう/高田 渡 69年2月発表
 5:別れのサンバ/長谷川きよし 69年7月発表
 6:あなたの心に/中山千夏 69年9月発表



 「悲しみは駆け足でやってくる」
は、よく覚えています。当時、「明日という日は明るい日と書くのね」ということばはけっこうあちこちで聞かれました。流行語というのではありませんが、うまいことを言うなぁと子供心に思ったものです。
 2番の「若いという字は苦しい字に似てるわ」というのは、若干ムリがありますが、似てるといわれれば確かにその通りで・・・ (^^ゞ

 「帰り道は遠かった」はナンの思い出もないですねぇ・・・ (^.^ゞポリポリ
 どこかで聞いた事はあるので、作品は知っていますが、リアルタイムではなかったと思います。悪しからず・・・

 「受験生ブルース」は、けっこう流行ったように記憶しています。しかし、私がこの曲を身近に感じたのは、むしろ中学生の頃でした。自身が高校受験を控え、ラジオの深夜放送などもよく聞いていた頃です。

 「自衛隊に入ろう」は、ずっと後になって聞きましたが、こういう作品は私の好みではありません。
 高田 渡というアーティストの作品は、「自転車にのって」くらいしか思い出せません (^^ゞ

 「別れのサンバ」は、聞く分には好きな作品ですが、リズム音痴の私には辛い歌です(笑い)
 この作品に限らず、サンバとかボサノバなどのリズムは、私のDNAには組み込まれていないようで、たぶん永縁に馴染めないと思います(笑い)

 「あなたの心に」も、よく覚えています。歌いやすいメロディと短くて簡潔な詞は、ヒットするに十分な要素を持っていました。
 中山千夏といえば、当時は「ひょっこりひょうたん島」の「博士」の声をやっていた人という事でけっこう人気者でした。
 まさか、政治家になるとは思ってもいませんでしたが(笑い)

 以上・・・(^^ゞ 

|
|

« 国内最高気温 | トップページ | 蚊取り線香 »

コメント

ちょうど高校生になりたての頃ですね、深夜放送を通して流行った歌ばかりです。どの歌もメロディが自然と流れてきますよ。「受験生ブルース」は長い間流行っていましたね。毎年、年末から3月頃までの定番でしたよ。

投稿: ★なまはげ | 2007年8月18日 (土) 17:17

 なまはげさん、どうもです (^^)/

 ・・・という事は、私よりも若干年上という事ですね(笑い)
 この頃は、まだラジオを聞く習慣は持っていなかったので、テレビに出ていない人の作品はどうしてもわからないという事になります (^.^; ポリポリ

 ラジカセを買ってもらったのが中学生になってからでしたから・・・ (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年8月18日 (土) 17:55

確かにぼくの青春というには、
いずれもちょいと古すぎる。
せいぜい受験生ブルースぐらいでしょうか。
ラジオでよくかかってましたね。

投稿: むうさん | 2007年8月18日 (土) 22:26

 むうさん、どうもです (^^)/

 そうですよね、私が小学生の4~5年くらいだと、むうさんはもしかしたら小学生にもなっていなかったのかな(苦笑)
 私にしても、小学生では「青春」ということばは似あわないですね (^.^; ポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年8月18日 (土) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/16146518

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その17:

« 国内最高気温 | トップページ | 蚊取り線香 »