« 襟裳岬 | トップページ | 違和感 »

2007年10月19日 (金)

甲斐の猿橋

 一週間ほど前、ちょうど愛用のデジカメを壊してしまった日ですが、諏訪からの帰り道、中央道の大月ICで高速を下り、前から一度見てみたかった「猿橋」に立ち寄ってみました。
 コンパクトデジカメは壊れていたけれど、ちょうど新しい高倍率デジカメを買ったばかりで、そちらも持っていったので、当初の予定通り、猿橋の写真は無事に撮る事ができました。
 当日はお天気もよく、チョッと汗ばむくらいに暑い日で、写真を撮るにはもってこいの行楽日和でした (^^)v


 「甲斐の猿橋」は、山梨県大月市にある桂川に架かる橋で、日本三奇橋の一つとしても知られ、現存する唯一の刎橋(はね橋)として有名な名勝地です。
 長さ31m、幅3.3mのさして大きくはない、見かけ上は木造の橋ですが、谷底までの高さが31mと深いために、刎橋という独特の工法で架けられていて、今は人だけが渡る事のできる人道橋です。

 刎橋とは、岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、中空に突き出させ、その上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせるという事を何回か繰り返して橋脚の代りとする工法です。支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出します。
 これを土台にしてその上に梁を渡し、板を敷いて橋にします。
 さらに猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根を付けて、雨による腐食から保護するという工夫をする事によって、独特の形状をした美しい橋になりました。

 本来、橋脚を立てる事ができないような高所に橋を架ける場合、吊り橋にするのが一般的ですが、猿橋では「刎橋」という日本独特の工法を用いる事により、この難題を解決しました。
 この起源については、7世紀頃に、猿が互いに体を支えあって橋を作ったのを見て造られたと言う伝説があり、それが橋の名前の由来となっています。


20071019021  20071019022


 これは、コインを積み上げていく場合に、最初は僅かですが、少しずつ大きくずらしながら重ねていく事によって、一番下のコインのフチよりも外側まで積み上げる事ができるというテクニックの応用です (^^)v


 以下は、その時に撮った写真の一部です。


20071018008 20071018012 20071018011

 「猿橋」の外観です。大まかな橋の様子がおわかりいただけるでしょうか。


20071018002  20071018003

20071018004  20071018005

 そして、これが「猿橋」の醍醐味です (^^)v
 刎ね木の重なり具合とかが見て取れると思います。どうですか、独特の工法で美しい橋だと思いませんか o(*^▽^*)o~♪

 橋のたもとから、下の桂川に下りていく遊歩道があるので、そこから撮ってみました。
 昔は、釘は1本も使わずに作られたといいます。


20071018007  20071018006

 遊歩道を一番奥まで下りて、猿橋の真下に近い位置で見上げた写真です。写真の上端の木の枝の間から、僅かに猿橋が見えます。写真の中央にも橋のようなモノが写っていますが、これは近くの発電所へ水を送るための水路橋で、水が流れています。
 もう一枚は桂川の河原の様子です。


20071018010_2 20071018009 20071018001

 橋のたもとにある、猿王を祭る山王宮の小祠と説明文です。
 これによると、現在の橋は1984年(昭和59年)に架け替えられたという事です。
 見かけは木造の橋ですが、骨組みはH鋼を使っており、その上に板を貼り付けてあるという事で、見かけよりはずっと強固に作られているようです (^^;


20071018013  この猿橋の景観は、もう少し経ってから、辺りの木々が紅葉した頃が、やはり一番映えるのではないでしょうか・・・

 この写真は、ネットで見つけた写真です (^.^ゞポリポリ

|

« 襟裳岬 | トップページ | 違和感 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐の猿橋:

« 襟裳岬 | トップページ | 違和感 »