« 続・落花生 | トップページ | カメラ小僧たち »

2007年10月23日 (火)

小堀地区の風景

 6月に、このブログで「千葉県を語る」という記事を書いた際に、利根川を挟んだ千葉県側に飛び地として残っている、茨城県取手市の小堀(おおほり)地区の事を紹介しました。

 

 ここは仕事でよく通る場所なので、昨日ここを通った際に前から気になっていたチョッと興味深いものを写真に撮ってきましたので、いくつか紹介してみたいと思います。
 もっとも、興味深いというのは私にとってでありまして、皆さん方が興味をお持ちいただけるかどうかは別のハナシですが・・・(笑い)

 小堀(おおほり)地区の位置や詳細については、上の「千葉県を語る」というところをクリックしていただければ、リンクを張ってありますから過去の記事をお読みいただけますよ (^^)v

 

20071023004 20071023001 20071023002

20071023003  20071023005

 利根川の土手沿いの県道を走っていると、建物の上に飛行機が並んでいるチョッと異様な光景を目にします。
 これは「成田航空利根工場」という航空機の整備会社ですが、千葉県の我孫子市に在りますから、厳密にいえば小堀地区ではありませんが、飛び地の県境から20m程度ですからほとんど目と鼻の先です (^.^ゞポリポリ
 手前に見える道路や緑地は小堀地区であり、茨城県です(苦笑)

 このすぐ近くに、「成田航空専門学校」という学校がありますから、その関係もあるんでしょうか・・・
 こちらは、正真正銘小堀地区に在ります (^^)v

20071023008_2  
http://www.avi-narita.ac.jp/

 

20071023006  20071023007

 この校舎の裏手には、県境となっている三日月型の「古利根沼」があります。大正9年に行われた利根川河川改修工事により、茨城県から切り放された形で千葉県側に残されて飛び地となってしまいましたが、本来の利根川の源流です。
 今では鯉やヘラブナなどを目当てに太公望たちが集まって来るようです。

 

20071023009  20071023010

 しかし、小堀地区で一番有名なのは、この「小堀の渡し」でしょう。
 もともとの土地から切り放されてしまって、生活に不便をきたした小堀地区の住民が、自らの手で始めた渡し船が、その後町営となり、市営となって、80年以上も綿綿と運行を続けて現在に至るわけです。

 棧橋とつながっている船のように見えるモノは、乗客が乗り降りするためのプラットホームです。

 

20071023011 20071023012 20071023018

 土手の上から小堀地区を見たところです。この横断歩道を渡って船着き場へと向かいます。

 次の写真は、同じ場所から船着き場方向を見たところです。
 さらに、写真を撮った近くに立っていた「海から83kmの標識です。

 

20071023013 20071023014 20071023015

 ちょうど、取手ふれあい棧橋からの渡し船が着いたところだったので、写真に撮ってみました。
 お若い方とかも乗っていたので、私が思っていたよりもずっと親しまれている乗り物のようでした (o^∇^o)ノ

 降りてきた乗客たちの中の、カメラの三脚を手にしている若い男性に声をかけてみました。私はてっきり渡し船の写真を目当てに乗った観光客かと思っていましたが、意外にも対岸の取手にお住まいの方でした・・・(笑い)
 それでも、この渡し船に乗るのは今回で2回目と言っていましたが・・・ (^^;

 

20071023016  20071023017

 乗客を降した後の船長さんです。次の出発までの準備をしているのでしょうか・・・

 

 もっと時間的な余裕があれば実際に乗ってみようとも思ったのですが、昨日のところは断念しました。

 せっかくですから、いつか機会があれば一度くらいは乗ってみたいと思っています。

|

« 続・落花生 | トップページ | カメラ小僧たち »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

千葉県内の利根川の渡船は、小堀と富田の2箇所かな?

小堀渡船は、桟橋があるんですね。
富田渡船は、舳先を接岸させるので、大水になると、
船着場に泥が堆積してしまって、運航できなくなってしまうんです。
「困った~」と船頭が言うと、1時間もしないで、違う人から
「ユンボ持ってきたけど、どの位掘ったらいい?」と連絡が来たりして、
田舎の連携でなりたってるようなもので・・
小堀渡船は市営なんですね。利用者の数の違いかな。
富田渡船は、渡船組合が運航していて、船頭の後任がいないと廃船になって、巡回バスになる話も出てるようです。

投稿: kyoro | 2007年10月24日 (水) 20:37

 kyoroさん、どうもです (^^)/

 他にも渡し船があったんですか (^^;
 そっちは全く知りませんでした (^.^ゞポリポリ
 いずれ、見てみたいものです。

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年10月24日 (水) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小堀地区の風景:

« 続・落花生 | トップページ | カメラ小僧たち »