« 脳トレ | トップページ | 冬がはじまるよ »

2007年11月 8日 (木)

アナログとデジタル

20071108002  ナニもカモがデジタル化されて「アナログ」の立場は危ういような感じさえ受ける・・・
 「アナログ」「デジタル」、よく聞くことばだけれど、どこがどう違うのかおわかりだろうか?

 専門的な事は難しくて語れませんが、大ざっぱに説明すると、連続的な変化をするのが「アナログ」で、決まった量ごとに変化をするのが「デジタル」です。


 例えば、バスタブに水を溜める場合、水道から水を出して溜めるのがアナログ方式で、バケツで1杯ずつ入れていくのがデジタル方式です (^^ゞ
 水道だと連続して水が溜まっていきますが、バケツだと1杯分の量ずつ溜まっていくワケです。バスタブは大きいですから、バケツ1杯の量はそれほど問題にはなりませんが、これが炊飯器の内釜だとすればそうはいきません。
 まさかバケツで内釜に水を入れる人は居ないと思いますが、コップではどうでしょう。1杯ずつ水を汲み入れていくわけですが、内釜に刻んである目的の目盛りまでホンのチョッと足りないけれど、もう1杯コップの水を入れるとオーバーしてしまう・・・ (^^;
 デジタルには中間という概念が無いので、こういう融通の効かないところがデジタル方式には有り得るわけです(苦笑)


20071108001  また、音楽の記録メディアとして、今はCDが一般的だけれど、少し前まではレコードが当たり前でした。いうまでもない事ですが、レコードの記録方式はアナログで、CDの記録方式はデジタルです。

 よく、CDはレコードよりも音が良いなどと言いますが、それは目的とする音楽の信号がよりハッキリとクリアに聞こえるからです。
 教室で授業を受けている時に、子供たちがそれぞれお喋りをしていては先生の説明のことばはよく聞こえませんが、静かにしていれば小さな声でもしっかりと聞き取る事ができます。
 これと同じ事がCDにもいえ、音が良いと言われているワケです。
 雑音があると目的の音はよく聞き取れませんが、雑音が小さければ目的の音は細かいところまでしっかり聞こえるわけです (^^)v
 これを専門的なことばで「SN比」が良いといいます。「S」はSignal、「N」はNoiseの略です。「S/N比」と書かれている事も多いです。

 レコードの場合、その構造上スクラッチノイズといって、レコード針がレコードの溝を擦る「ショリショリ」とか「チリチリ」という音がどうしてもついてまわります。それがレコードのレコードらしい点でもあるのですが、それにより小さな音がノイズに埋もれて聞こえにくくなってしまう事があったりします。

 こういうと、やはりアナログのレコードはデジタルのCDよりも性能的に劣っているかのような印象を受けるのではないか・・・
 しかし、一方で「情報量」の点ではCDはレコードにはとても及ばない。それはレコードがアナログ方式で録音されているからであり、この点ではデジタル方式で録音されているCDはどうしてもレコードにはかなわないのである。

 レコードはアナログゆえに人間の耳にはとても聞こえないような重低音や超高音まで余さずに記録する事ができる。
 しかし、CDは音声信号をデジタル信号に変換して記録しているから、どうしても容量に制限があり、そのために人間の耳には聞こえないような重低音や超高音は最初からカットしてあって、音として記録されてはいない (^^;
 この点が、今でもレコード愛好者が居る理由の一つになっています。

 人間の耳に聞こえないような音ならカットしても別に問題無いように思えるかもしれないけれど、耳には聞こえなくても体には感じる事ができるかもしれない。重低音は耳には聞こえなくても体には感じたりすると言われています。
 また、超高音は、耳には聞こえなくても「倍音」が音色を決める重要な要素になっているという説もありますので、聞こえないからといって一概に要らないとは言いきれないところが音楽の世界の奥深いところです (^.^ゞポリポリ
 だから、CDよりも、レコードの方が表現力豊かで奥行きのある音楽を聞く事ができると言う人も居ます。


 アナログにはアナログの良いところがあり、デジタルにはデジタルの良いところがあるわけですが、なんとなく「アナログ」と聞くと時代遅れとか古臭いとかのイメージを持ってはいないだろうか・・・

 イメージだけで、最初から敬遠してしまうのではなく、それぞれの持ち味を生かして使い分ければ良いと思うのですが・・・


 蛇足だけれど、以上の理由から「アナログ人間」というのは、トロイけれど物事の機微のわかる「風流人」で、「デジタル人間」というのは、テキパキと物事をこなすワリには融通の効かない「堅物」というふうに個人的には考えています (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 脳トレ | トップページ | 冬がはじまるよ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログとデジタル:

« 脳トレ | トップページ | 冬がはじまるよ »