« シンジラレナ~イ | トップページ | アナログとデジタル »

2007年11月 7日 (水)

脳トレ

 巷では、脳トレなどというゲームが流行っているらしい・・・

 

20071107001  ニンテンドーDSなどが火付け役となって、今は様々なタイプの脳トレの類似ゲームがあるらしい。 ただ、人気が出ると、いろいろと反論ナンかも出て来るようで・・・ (^^;

 まぁ、そういう専門的なツッコミは週刊誌に任せておいて、私はチョッと別の視点からこの脳トレを語ってみたい・・・

 

このゲームの目的は、脳は使えば使うほど活性化して鍛えられ、脳年齢が若返るというモノですが、果たしてこれは正しい考え方なのだろうか・・・

 確かに、肉体は鍛えるほどに若返る。肉体的な年齢は、ある時をピークに、徐々に衰えていくのが普通だから、鍛える事によって衰えを遅らせたり、若返らせる事もできる。
 誰しも、老化した肉体よりも若い肉体の方がイイと思うのは自然な事だとも思う。

 

 しかし、脳も同じに考えて良いものだろうか・・・

 脳年齢が「80才」と言われるのと「20才」と言われるのとではどちらが嬉しいのだろう・・・ (^^;

 

 この脳トレの主旨からすれば、80才の脳よりは20才の脳の方が良いという事なのだろうが、コトはそう単純なモノなのだろうか・・・

 

 一般的な感覚からすれば、20才の脳なんてたいした経験もないから「幼い」とか「稚拙」とか呼ばれるようなシロモノで、80才の表も裏も知り尽した経験豊かな脳から比べれば、それこそオトナとこども、比べるまでもない(笑い)

 確かに、脳といえども肉体の一部分であるからには物忘れなどに代表されるように「衰え」は隠せないのだろうが、脳の真価はそういうモノではないのではないか。

 「記憶能力」が衰えても、それまでに蓄積してきた「知識」「経験」は無くならない。
 脳の真価というのはそういう人生を歩んできて身についた様々な財産を指して言うのではないのか・・・

 

 まぁ、老化して鈍くなった脳よりは、少しは鍛えた脳の方が物忘れもしなくて済むかもしれないから良いとは思うけれど、それは「脳年齢」などという数字で表せるものなのかな(苦笑)

 まして、脳年齢が若い方が良いなんて、全くの誤解ナンじゃないだろうか・・・

 20才の脳よりも40才の脳の方がずっと価値があると思うし、40才の脳よりは60才の脳の方がはるかに価値があると私は思っています。

 

 今の世の中は、古いものは悪いものというような風潮がはびこっているけれど、古いものの方が良い事もあるし、古いものの方が価値が増す事だって少なくない・・・

 年上の人を指して、オジンだとかオバンなどと言って蔑む事だけは慎むべきだと思う。そう言っている自分自身が精神的にも肉体的にも未熟な人間だという事に早く気付くべきだ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 「若い」という事は素晴らしい事ではあるけれど、それは二度と戻る事のないその時の「時間」に対して敬意をはらっているのであって、人そのモノに対しては、「若い」事は「恥ずかしい」事なのだと思えてならない・・・

|

« シンジラレナ~イ | トップページ | アナログとデジタル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳トレ:

« シンジラレナ~イ | トップページ | アナログとデジタル »