« ピーターパン | トップページ | カメラ小僧たち2 »

2007年11月23日 (金)

国際千葉駅伝 2007

20071123003  今日は、4時過ぎに起きて、鎌倉の大船駅前までの仕事を急いで切り上げて帰って来て、楽しみにしていた「国際千葉駅伝」をテレビで観戦しました (^^)v

 15分ほどのロスだけで、1区の上野の走りから、ほとんど全部を観戦できました。

 結果は、最終6区でアンカーの赤羽有紀子がケニアのキャサリン・ヌデレバを抜き、そのままゴールして逆転優勝を果たした。

 

 去年までのこの大会は、男女それぞれの独立したレースでしたが、正直同じコースを男女で2度見るのは退屈なところもあったのですが、今年から男女混合レースとなり、1・3・5区を男子が、2・4・6区を女子が走る事となり、思っていた以上におもしろいレースになりました (o^∇^o)ノ

 高校生や大学生のランナーが居たり、ママさんランナーが居たりと、普段見る学生駅伝実業団駅伝とは全く違ったおもしろいチーム編成で、見ていて非常におもしろかったです。

 こういういろんな年代の選手が含まれるチーム編成というのは、福島路で行われている「東日本女子駅伝」で見かけますが、この大会は女子の大会という事もあって男子の選手は見る事ができませんから、今日の千葉駅伝は、そういう意味でもとても興味深く観戦できました o(*^▽^*)o~♪

 

 ちなみに、今日走った日本代表のランナーです。

 区間 距離 名 前 (所 属) 中継所でのチーム順位

 1区  5km 上野裕一郎(中央大学)  2位 (o^∇^o)ノ
 2区  5km 福士加代子(ワコール)  2位 (^_^)V。
 3区 10km 野口憲司(四国電力)   4位 (^^;
 4区  5km 絹川 愛(仙台育英高校) 2位 ヽ(^o^)尸
 5区 10km 竹澤健介(早稲田大学)  2位 (゚◇゚;)!!!
 6区 7.195 赤羽有紀子(ホクレン)  1位 ヽ(^◇^*)/ 

 

 各ランナーとも、非常によく走ってくれまして、上野のロケットスタート、福士の粘り、唯一野口が順位を落しますが、それも決して調子が悪かったわけではなく、単純にアメリカとロシアの選手が野口よりも力が上だっただけです。

 そして、高校生の絹川の走りが素晴らしかった! 長い足を伸ばして颯爽と走るフォームに私は一目惚れです (*´∇`*)
 インタビューも可愛くて、今日から彼女のファンです (^^)v

 竹澤は、落ち着いて走っているように見えて、実はメチャ速いんですよね (^^;
 トップのケニアから36秒遅れでスタートしたのに、中継所では4秒差まで詰め、アンカーの赤羽にタスキを渡す・・・

 赤羽は、いくらも行かないウチに調子の上がらないヌデレバをかわし、そのままドンドン差を広げて余裕でテープを切った ヽ(^◇^*)/ 
 谷もそうだけれど、お母さんはやっぱ強いわ (o^∇^o)ノ

 う~ん、素晴らしいレースでした。
欲を言えば、控えに回っていた、中国電力の尾方 剛を3区で見たかったと思うのは私だけかな (^.^ゞポリポリ

 

 個人的には、来年からも、この男女混合スタイルが良いな (^_^)V。

|

« ピーターパン | トップページ | カメラ小僧たち2 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

赤羽は母親になってから強くなった、日本の陸上界では珍しい例ですよね。
いまや北海道の女性アスリートの鏡みたいな存在です。

投稿: むうさん | 2007年11月26日 (月) 18:02

 むうさん、どうもです (^^)/

 番組でも、結婚している女性選手はともかく、出産してもなお現役で走っているのは赤羽選手が初めてのケースと言っていました。
 赤羽選手には、日本の陸上界が変わっていくパイオニアになってほしいですね (^^)v

 赤羽夫妻は、ホクレンには大感謝だと常々口にしているそうです。

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年11月26日 (月) 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際千葉駅伝 2007:

« ピーターパン | トップページ | カメラ小僧たち2 »