« まいどおおきに食堂 | トップページ | ジェフサポの蘇我オフ »

2007年12月 1日 (土)

ケヤキ

 一昨日、神奈川県西部の秦野市にある「鶴巻温泉」の近くに仕事で行ったんですが、通りがかりにたまたま巨大なケヤキの木を発見。狭い道でしたが慌ててそばに車を停め、写真を取って来ました (^^)v

 それほど交通量は多くはありませんでしたが、私の迷惑駐車のせいで、対向車とすれ違う事ができずに止まってしまう車たち・・・ (^^;
 ホントはもう少しゆっくりと散策してみたかったのだけれど、狭い道にいつまでも車を停めて置くわけにもいかないし、第一私は納品の途中だ (^^;)\(--メ)
 ・・・というワケで、手早く何枚かシャッターを切って早々にその場を離れました (^.^ゞポリポリ
 ・・・残念・・・・・・ (__;)


20071201021 20071201022

20071201023 20071201024


 チョッと見ただけでもその異様な姿がわかるほど、とにかくデカイ・・・ (^^;
 おそらく、道路の上に大きくはみ出していたのだろうと思われる枝の切り口がまた凄く太い・・・
 これ、普通のケヤキの幹くらいは十分にあるんじゃないかと思えるくらいの切り口だ (^^;

 「鶴巻の大ケヤキ」と呼ばれているこの大ケヤキ・・・
 樹高は約30メートル、胸高周囲が10メートルという堂々としたもので、樹齢は約600年(推定)と案内板に書いてありました。


20071201025 20071201026


 「鶴巻温泉」の駅のすぐそばだから、駅から歩いても10分もあれば楽に行ける距離です。
 ちょうど、小田急のロマンスカーが来たので、踏切待ちをしている時に撮った、駅と踏切を通過して行く特急ロマンスカー7000形の写真です (^^)v
 ラッキー ヽ(^◇^*)/ 


 この大ケヤキを後にして、近くの目的地で納品を済ませた後、走り出してすぐにまた大きなケヤキが立っている神社を見つけました (^^ゞ
 この辺りは、秦野市・伊勢原市・平塚市の境に位置しており、秦野市の「鶴巻温泉」駅からそれぞれ500mほど南北に移動すれば、北は伊勢原市、南は平塚市という事になっているようで、走っている私自身も帰ってからこの記事を書くために地図を確認するまでそういう感覚はありませんでした (^.^ゞポリポリ

 で、車を停めた場所は、平塚市に在る「真田神社」の前 (^^;

 こちらも堂々としたケヤキが3本、神社の前に立っています。このケヤキの他にも、神社の回りにはたくさんのケヤキが・・・
 この辺りは、ケヤキの木を好んで植えているのかなと思うほど、街のあちこちでケヤキの木を見かけました。

 以下は「真田神社」の境内で撮ったケヤキの写真です (^.^ゞポリポリ


20071201011_2 20071201012

 神社の正面の道路から見た鳥居と大きな3本のケヤキの木です。


20071201017 20071201018 20071201019

 境内には、小学校の先生と受け持ちの児童たちと思われる姿がありました。もしかして課外授業なのかな (?。?)
 とても楽しそうに、子供たちの写真とか撮ってあげていましたよ (o^∇^o)ノ 


20071201015 20071201016

20071201013 20071201014

 その中の一番手前の大きなケヤキですが、裏側が大きくえぐれています。老木だから中が空洞になってしまったのかなと思っていたら、先ほどの先生が、前にこのケヤキに雷が落ちてこういうふうに割れてしまったそうですよと教えてくれました。
 ただ、先生も地元の人ではないらしく、いつ頃の出来事だったのかはわからないそうで・・・ (^^ゞ


 私も、通りがかっただけなので、「鶴巻の大ケヤキ」や「真田神社」 についての知識があるわけではないので、興味がある方はそれぞれの言葉でネットを検索してみて下さい (^^;


-------------------------


 今日は、Jリーグの最終節・・・ 私の愛するJEFは優勝とも無縁で、降格争いにも絡まない中途半端な消化試合に近いですけど、パッとしなかった今シーズン、最後くらいは白星で終わってほしいものです。
 私は観戦予定はありませんが、その後競技場近くの居酒屋でサッカーのネッ友さんたちと飲み会があります。時期的にも「忘年会」の思いがあるのか、いつも以上の25人ほどが参加の予定・・・ (^.^ゞポリポリ
 私も普段は出かけないのですが、今回だけはナンとしても皆の顔が見たいと、参加を決めました (^^)v

 ・・・という事で、今夜は津田沼に泊まりです (^^;

|

« まいどおおきに食堂 | トップページ | ジェフサポの蘇我オフ »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

こういうのって、残すために尽力した人が相当な努力をしているんですよね。
その努力、しっかり受け継いでいかないといけません。

投稿: むうさん | 2007年12月 2日 (日) 03:06

 むうさん、どうもです (^^)/

 おっしゃるとおりだと思いますね。
 邪魔だからと、切ってしまうのは簡単なんですが、何百年間もそこに在ったという歴史は無視できないモノなんですよね。

 先日も、どこかの小学校の校庭の真ん中に立っているなんらかの木が老朽化して危ないからと切り倒したニュースを耳にしました。
 危ないのはやむを得ませんが、卒業生とかがお別れに大勢集まったようです・・・ (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年12月 2日 (日) 07:33

ケヤキも寿命が長いんですね。
樹齢600年なんて、お侍さんの時代を見てきているんですものね~

投稿: すが太郎 | 2007年12月 2日 (日) 07:45

 すが太郎さん、どうもです (^^)/

 そうですよねぇ、一口に600年と言っても、よく考えれば関ヶ原よりも200年も昔の事ナンですね (^^;
 う~ん、凄い・・・ (^^;;;

 その間には、このケヤキの周辺も、いろいろと変わって来ているんでしょうね(苦笑)
 子供たちが登って遊んだかもしれないし・・・

投稿: 夢見るピーターパン | 2007年12月 2日 (日) 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケヤキ:

« まいどおおきに食堂 | トップページ | ジェフサポの蘇我オフ »