« 青春のうた Best Collection その20 | トップページ | ポインセチア »

2007年12月24日 (月)

環状線

 一昨日、「首都高山手トンネル」という記事を書いた。


20071224001  なぜ「山手トンネル」という名称なのかというと、当初の計画では、熊野町JCT~飛鳥山トンネルの間の区間と同じ「二段式の高架構造」にするはずだったのが、周辺住民の反対運動にあって地下を通る路線に変更されたためで、首都高5号池袋線の熊野町JCTと西新宿JCTの間の6.7kmのうち、5.5kmはトンネルになっているからです。
 この名前は、首都高公式ホームページでアンケートが実施され、そのアンケートの結果を元に検討を行って決まったそうですが、「山手通り」という主要道路に沿って作られているところに由来しているのは明らかです。


 以下は、東京ローカルな話題になってしまうので、土地勘のない方には何を言っているのかわからないと思うので恐縮なのですが、都内にはこの「山手通り」の他にも「明治通り」などの有名な環状線がいくつか存在します。
 一番有名なのは「環状七号線」「環状八号線」で、それぞれ「かんなな」「かんぱち」と呼ばれています。

 しかし、これらの名前を耳にした事のある方は不思議に思った事はありませんか?
 なぜ「七号」「八号」なんだろうと・・・ (^^;
 「環状六号線」とか「環状五号線」とかは無いんだろうか・・・
 もっと言えば、一号とか二号とかの道路は無いんだろうかと・・・

 数字というモノは、順番に付けられていくのが一般的なので、「七号」と「八号」があるという事は、「一号」や「二号」もあると考えるのが普通です。
 国道番号などは、必ずしも順番に付けられているわけではないので、欠番もけっこうあったりしますが、実は都内の環状道路は、一号から順番に八号まで存在します (^^)v

 ただ、一号から六号までの環状道路は、従来から馴染みのある「通称」で呼ばれる事がほとんどなので、耳にする事がないだけのハナシです。

 ちなみに、一号から順番に並べると・・・

 環状一号線・・・内堀通り
 環状二号線・・・外堀通り
 環状三号線・・・外苑東通り
 環状四号線・・・外苑西通り
 環状五号線・・・明治通り
 環状六号線・・・山手通り
 環状七号線・・・環七通り
 環状八号線・・・環八通り



20071224002 20071224003 20071224004_2


 ところで、この「山手トンネル」「西新宿JCT」ですが、いろんな事情から地下30m程のところに車道があるそうで、そこから地上に出て、首都高4号線の車道のさらに上側に作られた合流部まで延々とループを登っていく事になるワケですが、一番高いところは地上から20m以上もあるそうです (^^;
 という事は、地下30mのところからイッキに地上20mあたりまで、50m以上の高低差の急勾配を登っていく事になるそうで、これはビルに喩えると、地下10階程度のところから地上6階程度のところまで駆け上がる事になるという事で、急勾配のループを駆け上がって行く様はまるでジェットコースターに乗っているようだと、開通前に取材したラジオのアナウンサーが言っていました (^^;


 ここから南側の首都高3号線への合流部や、首都高湾岸線の合流部も同じ様なトンネルで作るという事なので、走行車線はともかく、他の路線への合流部は走りにくい道路になりそうだなぁ・・・ (^.^ゞポリポリ

|

« 青春のうた Best Collection その20 | トップページ | ポインセチア »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環状線:

« 青春のうた Best Collection その20 | トップページ | ポインセチア »