« 立石智紀 | トップページ | 旧友 »

2008年2月26日 (火)

御成街道

 私は、運送屋という事で、道路に対する関心はおそらく一般の人よりも高いと思います。
 子供の頃から、地図を読むのが趣味みたいなところがあったので、よく市販の「道路地図」を眺めては、いろいろと思いに耽るのが常でした (^.^; ポリポリ

 

 そんな私が気になっている「お気に入りの道路」が私の身近にあります。

 タイトルにも書いてある「御成街道(おなりかいどう)」がそれで、今日はそれをご紹介してみようかなと・・・(^^)v

 

 もともとは、徳川家康が千葉県にある東金で「鷹狩り」をするために、地元の農民たちに命じて突貫工事で作らせたといわれる道路で、船橋から東金に至る約37kmの、ほぼ一直線の道路です。

 現在では、一部が寸断されたり消失したりしている他、現在の車社会に対応して拡張されたりして、完全な姿で残っているわけではありませんが、それでも道のところどころに昔の面影を残してくれているのはありがたい事だと思います (o^∇^o)ノ

 また、今の仕事をする以前から、抜け道としてよく利用していたので、私にとっては愛着のあるお気に入りの道路でもあり、地元の人達もよく利用している道路です(^^)v

 

 私自身も、この道路については、それほど詳しいわけではありませんが、この道路については郷土研究家の方が「東金御成街道」というHPを開いていらっしゃいますので、もっと詳しい事をとお思いの方はぜひそちらでご確認頂ければと思います( ^-^)/ ♪

 

 で、私は、先日実際に走ってみた千葉市若葉区の千城台付近から八街市の沖付近までの写真を中心に紹介してみようかなと (^.^; ポリポリ

 

20080224001 20080224002

 

 最初の図が、船橋から東金に至る「御成街道」の全図です。ご覧のように、ほぼ一直線に西から東へ道が伸びています。
 次の図が、私が今回実際に走って写真を撮った部分の図です。この部分は、八街方面から千葉市へ向かう際に抜け道として私もよく利用する区間で、勝手知った道筋です(^^)v

 

20080225035 20080225001 20080225002
          1:        2:

20080225003 20080225004 20080225005
3:         4:        5:

20080225006 20080225007
6:              7:

 先の地図でいうところの、最初の区間の写真です。御成台入り口の交差点から金親町の交差点までの様子を撮ってみました。
 千城台の街に近いところの最初の2枚はまだしも、すぐに道幅が狭くなり、ご覧のような感じの昔を偲ばせる道並に変わります。
 坂道の部分はS字に若干カーブをしていますが、あとはまっすぐに伸びています。

 

20080225008 20080225009 20080225010
8:        9:        10:

 次の、御殿町の区間の3枚です。ひたすらまっすぐに伸びている道路が、谷へ下りて行く部分がやはりS字にカーブしています。
 この付近の左手の方には、「御茶屋御殿跡」が在ります。
 これについては、記事の最後に写真をアップしてみました(^^)v

 

20080225011 20080225012 20080225013
11:       12:       13:

20080225014 20080225015 20080225016
14:       15:       16:

20080225017 20080225018 20080225019
17:       18:       19:

20080225020 20080225021 20080225022
20:       21:       22:

 

 袖ケ浦CC付近から、八街市の沖付近までを撮ってみました。
 この区間は、何年か前に拡幅工事が行われ、以前よりもずいぶん走りやすくはなりましたが、それでもご覧のように道幅も狭く、快適な道路とはいえません。それでも、信号がほとんどない分、やはり走っては早いです(^^)v

 2段目の2枚目、3枚目の右手には、袖ケ浦CCのゴルフコースが広がっています。
 3段目の2枚目、3枚目辺りが千葉市若葉区と八街市の境になる谷底です。ここに例によってS字カーブがありますが、そこから先はさらにまっすぐに伸びていますが、沖十文字付近で御成街道は一旦寸断されます。
 そこから先は、上砂付近でまた現れ、終点に近い八街市の滝台付近まで伸びています。

 このように、決して車の走りやすい通りではありませんが、今でも利用価値は十分に高い道路となっています。

 ご紹介できなかった場所にも、いろいろと昔を偲ばせる遺跡などが残っているようですので、機会があったら、この目で確認してみたいと思っています(^^)v

 

20080225031 20080225032 20080225033

 

 これが、先の御殿町の区間で述べた「御茶屋御殿跡」の今の様子です。
 家康が鷹狩りに向かう途中で休憩した跡という事で、今はただの空き地になっていますが、他所の場所とは違って、しっかりと保存されているようです。

 

 よく通って、走り慣れている道路のワリには、歴史的な背景とかはほとんど知らないので、せっかくの紹介記事も、ただ写真を並べるだけの、内容の無い記事にしかなりませんでした・・・ (^.^; ポリポリ

 でも、道路のおおまかな感じと、私の心意気だけ汲み取って頂ければ幸いです・・・ (^_^ゞポリポリ

|

« 立石智紀 | トップページ | 旧友 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

ヽ(´▽`)/週一くらいで佐倉から東金に行ってます。

R66から川崎交差点を直進して富田入り口を左折するとおなり街道。上の写真の所にでます。
更科の田んぼのと林の景色がすきです。
宮本という日本料理店もご飯に工夫があって、あたたかさを感じます。
ミルク工場は無愛想でした。その裏に広がる大きな公園と池にも行ってみました。

沖入り口から、山田の交差点にでて、東金有料道路と並走してる東金街道にでて東金までいきます。
御成り街道という、看板に興味をもって、小倉台から坂月にでて、東金街道に出るコースや、新しくなった四街道に出るコースなどで、広くて走りやすい道を行くこともあります。

よく写真が撮れましたね。
一度、車を止めて降りて撮るのでしょうか?
もちろんスマホをお使いでしょう?

御成り街道はところどころ途切れたり、新道路になってたり、迷ったり、不思議な道路です。
自衛隊の門の前はほんとに広くなったり、狭くなったり、六鹿町にでて、迷ったり、翻弄されてますが、それでも手を焼きながら、捨て置かれず、不思議な魅力があります。

でも、事故も多そうですね。
緊張するけど、その分魅力的です。この道は(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: いとうりんご | 2015年8月 5日 (水) 08:35

  いとうりんごさん、どうもです (^_^)/

 写真は、運転席からデジカメを使って走りながら撮りました (^^ゞ
 スマホは持っていません。

 もちろん、モニターを見ながらというワケにはいかないので、デジカメを被写体の方に向けてのメクラ撮りで、構図とかアングルとかは後から編集ソフトを使って補正したりはしていますが (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2015年8月 6日 (木) 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御成街道:

« 立石智紀 | トップページ | 旧友 »