« ヤクルトレディ | トップページ | 白鳥 »

2008年2月 5日 (火)

山田順子

 私は、大河ドラマとか鬼平犯科帳などに代表される「時代劇」が大好きなんですが、皆さんはいかがですか?
 まぁ、お若い方などには敬遠されがちなジャンルなのかもしれませんが・・・ (^.^; ポリポリ

 ただ、時代劇ならナンでも好きかというと、決してそんな事はなくて、例えば「水戸黄門」はけっこう人気のドラマですが、私はこういう時代劇は肌に合わないので、子どもの頃は別にして、全く見た事はありません (^.^; ポリポリ
 なぜ好きじゃないかというと、あまりにも現実離れしたストーリーだからです(笑い)
 やはり、ある程度はリアルな脚本で作ってもらわないと・・・ (^^;

 

 で、そんなリアルな時代劇のドラマとか映画を作る際に「時代考証家」という人が活躍します。
 史実になるべく忠実に、演出におかしな点とかが無いようにと、いろいろとアドバイスするのが仕事です。

 そんな「時代考証家」の一人に、山田順子という方が居らっしゃいます。
 先日、TBSラジオの「大沢悠里のゆうゆうワイド」に彼女がゲストとして招かれ、パーソナリティーの大沢悠里相手にいろいろと語ってくれたのを聞く機会を得ました (^^)v

 そこで、彼女が語った中に「時代劇のウソ」というのがあって、実に興味深く聞かせて頂きました。

 代表的な時代劇を取り上げ、その中で描かれているウソを語ってくれたのですが・・・

 「水戸黄門」のウソや「暴れん坊将軍」のウソなどと、いちいち具体的な例を挙げておもしろおかしく説明してくれました。

 私は、こういうウンチクが大好きなので、思わずのめり込んで聞いてしまいましたよ (^.^; ポリポリ

 私も、ウンチクを語るのがシュミ (^^; というところがあるので、こういうどうでもイイ事を熱く語れる人が、大好きです (o^∇^o)ノ
 以前は、カミさんくらいしかウンチクを語れる相手が居なかったので、よく「ふ~ん、だからどうしたの・・・」とか、「そんな事知っていて、何かの役に立つの?」とか、鼻先で軽~くあしらわれていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 今は、この「居酒屋」で思い切り胸のウチを吐き出せるので、以前のようにストレスを感じずに済みます (^^)v
 まぁ、ホントにどうでもイイような記事が多いので、おつきあいさせられる皆様方には、迷惑なハナシだと思いますが・・・ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 ただ、山田さんの語ってくれた内容には、なるほどと思う事も確かに多いのですが、ドラマはあくまでもフィクションの世界です。
 そこに描かれている事はすでに「ウソ」なワケですから、あまり小さな事をいちいち取り上げて、そこはこうするべきだとか、ああするべきだとか言ってみても詮ない事と私ナンかは考えています。

 よく、大河ドラマを見た視聴者たちの中から「史実」に忠実でないとかいうようなクレームが付く事があるといいます。
 なるほど、私も時々気になる事も少なくありませんが、そういう事をいちいち気にするよりも、もっとドラマそのモノを楽しんだ方がイイんじゃないかな。

 「木を見て森を見ず」というか、ドラマはおもしろければ、枝葉ナンかの細かいところは目をつぶってもイイのではないでしょうかねぇ・・・ (^^;
 ドキュメンタリー見てるワケじゃないんだし・・・(苦笑)

 

 例えば、時代劇の中によく登場する居酒屋のシーンですが、テーブルも椅子も、ずっと後になって西洋の文化が入ってきてから登場したので、江戸時代の居酒屋でテーブルに座ってお酒を飲んでいるシーンはあり得ないとか、徳利でお酒を注ぐシーンも、徳利はこの時代にはなかったはずで、この時代には三三九度の時に盃にお酒を注ぐ時に使うような急須に似た道具を使っていたはずだとか、お酒も清酒を一般の人達が飲む事はあり得ないので、濁り酒を飲んでいたはずだとか・・・

 そういう事をいちいち言い出したらキリがありません・・・ (^^;
 そういう細かいところをキチンと正確に再現して作ったドラマよりも、馴染みのある居酒屋の光景の方が見ていて親しみがあるのではないでしょうか・・・

 また、当時、既婚の女性たちは「お歯黒」という風習をするのが一般的でしたが、歯を黒く塗るなんて嫌だと女優たちからの抵抗も大きいので、ほとんどの時代劇では普通の白い歯のままで撮影していますが、正確を期するべきだとして黒い歯の女優が画面の中に出てセリフを話していたら、見ている方でもかなりショックは大きいんじゃないでしょうか・・・ (^^;

 

 本気になって時代劇を作ったら、今の世の中からはかなりかけ離れているので、ワケがわからなくておもしろくないと思いますよ。

 第一、ことばがまず違うわけでしょ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 しかし、そんな事を言ったら「時代考証家」ナンて、仕事が無くなってしまいますね(爆笑)

 まぁ、まるっきりデタラメでも困りますが、ホドホドに考証して頂ければイイんじゃないかと・・・ (^^;)☆\(- -)

 

20080202001 ちなみに、これは番組の中でも紹介されていた、山田順子氏のお勧めの1冊で、時代考証おもしろ事典―TV時代劇を100倍楽しく観る方法という本です。

時代劇のウソ、ホントがまるわかり・・・ という事で、内容は・・・

 

 第1章 武田信玄と上杉謙信が主役の時代(信玄と謙信は、どんな顔だったのか?;信玄と謙信は、どんな兜を被っていたのか? ほか)

 第2章 信長・秀吉・家康が主役の時代(信長は、どんな戦いをしたのか?;秀吉は、どんな大坂城を築いたのか? ほか)

 第3章 水戸黄門が主役の時代(黄門様の正しい呼び方は、どうすればいいのか?;黄門様の屋敷の表札は、どのように書くのか? ほか)

 第4章 大石内蔵助と赤穂浪士が主役の時代(内匠頭は、大名ランキングの何位だったのか?;内匠頭はいつ、江戸城に登城したのか? ほか)

 第5章 徳川吉宗と大岡越前が主役の時代(吉宗が住んでいた江戸城は、どんな城だったのか?;吉宗の顔を知っていた幕臣は、何人いたのか? ほか)

 確かに、私のような人間にとっては、おもしろそうな本ではあります・・・ (^^)v

|

« ヤクルトレディ | トップページ | 白鳥 »

コメント

なるほど。でも鬼平が徳利じゃなくて、急須で酒を注いでいたら、なんだか似合わないかも。
時代劇のイメージって出来上がっちゃってるんですよね。

投稿: むうさん | 2008年2月 5日 (火) 19:23

 むうさん、どうもです (^^)/

 まぁ、そういう事をいちいち指摘するのが時代考証家の仕事なんでしょうけれど・・・ (^^;
 そういうハナシを聞いているのはおもしろいんですが、実際にドラマの中で再現されてもなぁ・・・と(笑い)
 かえって、視聴者からクレームがきそうだ (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年2月 5日 (火) 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田順子:

« ヤクルトレディ | トップページ | 白鳥 »