« 年度末 | トップページ | 日時指定投稿 »

2008年3月 8日 (土)

リレーション

20080308001  日本ゲートボール連合は、2人制と3人制の競技から「ゲートボール」の名を外す方針を決めたと報じられた。


 ゲートボールは、5人制が一般的ですが、2人制・3人制の競技もあり、コートの大きさや、使う道具は5人制と同じですが、人数が少ない分一人一人のプレー機会が増えるため、運動量が多く、展開が速いという特徴があり、体力にまだ自信がある中高年層や若年層を取り込む切り札として期待されているという。
 しかし、ゲートボールという競技は、その名称から、どうしても高齢者の競技というイメージが付きまとい、若年層の競技者はなかなか増えないというジレンマがあった・・・

 そこで、連合は普及の妨げになっている「ゲートボール」という名称をあらため、新たな競技名でイメージの刷新を図ることにしたというものだ。

 新たな競技名称は「リレーション(関係)」という事で、2人制はリレーション・ダブルス、3人制はリレーション・トリプルズとするそうです。
 5人制は従来通り「ゲートボール」という名称を継続するそうですが、将来的には5人制も「リレーション」に名称変更する事も視野に入れているという。
 チーム内のメンバー同士の連係が勝敗を大きく左右すると言う事で、リレーションという名前に決まったそうですが、いまいちピンと来ませんね(笑い)


 私自身は、ゲートボールはやった事もありませんし、ルールなどを含めて何も知りませんが、田舎の親父はけっこう本気でやっていたようです (^.^; ポリポリ
 やっていたというのは、トシもトシですから、80才を過ぎた事からもう体がついていけなくなったのか、チームから抜けたようです (^.^; ポリポリ

 それまでは、チームの主力選手の一人としてけっこうあちこちの大会にも参加していたようですが、あまりそういう自慢話しを聞くのも疲れるので、いい加減に生返事をして相手をしていただけなので、実際にはどんな事をやっていたのかわかりません (^^;


 しかし、ゲートボールという競技が、日本生まれだとは思いませんでした (^.^; ポリポリ
 体よりも、むしろアタマを使う競技という事で、日本人には向いているのかもしれません (^^;
 見た目がゴルフに似ていますから、ゴルフの亜流のように思われる事が多いようですが、どちらかといえばビリヤードとかカーリングに似ているスポーツなのかもしれませんね(苦笑)

 まぁ、ゴルフすら興味が無い私ですから、ゲートボールも言わずもがなではありますが・・・ (^.^; ポリポリ

|

« 年度末 | トップページ | 日時指定投稿 »

スポーツを語る」カテゴリの記事

コメント

ゲートボールって日本生まれだったんですか。
そういえば、世界大会って聞いたことないけど、どれだけ普及しているんですかね。

投稿: すが太郎 | 2008年3月 8日 (土) 05:52

 すがさん、どうもです (^^)/

 何でも、戦後、遊びの少ない子供たちのためにと、北海道の方が考案した遊びだったそうです (^^;
 もともと、子供たちの遊びだったんですね(苦笑)

 それが、子供に出きる事ならお年寄りにもという事で、一気に広まっていったそうです。

 もしかしたら、世界にはほとんど広まっていないのかもしれませんね (^^;

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年3月 8日 (土) 06:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リレーション:

« 年度末 | トップページ | 日時指定投稿 »