« KY | トップページ | 掃除 »

2008年3月 1日 (土)

学校の先生

 今日から、いよいよ3月という事で、卒業式ナンかも各地でとり行われる頃だろうか・・・

 去年は「仰げば尊し」という記事を書いたので、今年はチョッと切り口を変えてみようかなと (^.^; ポリポリ

20080301003_2

20080301002_2 これは、坂上二郎が1974年に発表した「学校の先生」という作品です。当時、なかなか良い歌だと思い、さっそくシングルレコードを買いました (^.^; ポリポリ
 私は、子供の頃からこういう渋いというか、暗いというか、そういう歌がお気に入りだったもので(苦笑)

 ちなみに、これ以前にはまった作品は、ぴんからトリオの「女のみち」と南こうせつとかぐや姫の「神田川」です (^◇^) 。。。ケラケラ
 どちらも、一度聞いて私の心に突き刺さった曲です。で、良い歌だなぁと友人たちに言うと、オマエは渋いと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ
 まぁ、中学生が良い歌だなどと言うには、内容がオトナ過ぎましたが・・・(爆笑)
 しかし、私の印象通り、どちらも大ヒットしました(^^)v

 ・・・が、この「学校の先生」は、ちっとも売れませんで、覚えている方も少数派でしたね(苦笑)
 ナンででしょうねぇ、今聴いてもけっこう良い歌だと思うんですが(?。?)

 

 坂上二郎といえば、コント55号の一人という認識しか無かった当時、この作品を歌う坂上は、なかなか堂に入った歌唱力を披露していた。
 それもそのはず、坂上はもともと歌手志望だったという事で、正式に歌の勉強もしていたので、クラシックスタイルのお腹から声を出す歌唱法はなかなか見事なものがありました・・・

 この「学校の先生」は、歌の部分はごく短いモノが三番まであるものの、作品の大部分は坂上の一人語りのセリフが延々と繰り広げられる。
 聞いているうちに思わずホロリとなってしまいそうな坂上二郎の世界がそこにある・・・

 めったに耳にする事などできないレアな作品ですが、今時分だと稀にラジオなんかで取り上げられたりする事も無いわけではないので、チョッとした楽しみだったりします (o^∇^o)ノ

 今年は、この歌、耳にできるかな (^.^; ポリポリ

|
|

« KY | トップページ | 掃除 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/40304188

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の先生:

« KY | トップページ | 掃除 »