« お江戸浅草オフ | トップページ | 長生き »

2008年4月 8日 (火)

明日があるさ

20080407001_3  これは、かつて坂本九が歌ってヒットした「明日があるさ」という作品です。

 オリジナルは昭和38年に発表されたという事ですから、45年も前の作品という事になりますが、私も当時の思い出は全くありませんから、2000年を迎えて、ウルフルズや吉本興業のリバイバルヒットで耳にしたという方がほとんどなのではないでしょうか・・・ (^.^; ポリポリ
 当時はCMなどでもけっこう頻繁にかかっていました。もちろん、私もこの頃にウルフルズの作品として聞いたのがこの作品を知るきっかけになりました (^^ゞ

 

 今聞いても、それほど古さを感じない作品だと思いますが、これは作詞が青島幸男という事で、有名な「六・八・九」の組み合わせではありませんが、かえって斬新な作品になったのではないかと思えなくもありません。
 ご存知ない方のために一応説明しておくと、「六・八・九」というのは、昭和30年代半ばから40年代の前半にかけてヒット曲を発表し続けた、永六輔作詞、中村八大作曲で、歌手は坂本九という組み合わせのものをいいます。

 

 ところで、坂本九が歌ったこのオリジナル作品ですが、歌詞をご覧頂けますでしょうか・・・ (^.^; ポリポリ

 なんとも微笑ましい、片思いをしている気弱な男性の様子が歌われていますが、これも昭和の時代だからそう思えるのであって、今聞くととても笑えない内容になっています。

 まず、彼女を「待ち伏せ」・・・
 次は、彼女の「後をつける」・・・
 そして、彼女の家に「無言電話」・・・ (^^;

 これは、りっぱな「ストーカー」の歌じゃないか~

  (^◇^) 。。。ケラケラ

 こんな男性に、「いつかはきっと、わかってくれるだろう・・・」ナンて言われても、チョッと引いてしまうんじゃないのかな・・・ (^^;

 

 そんなオマエには、明日はなくてもいいぞ~

  (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

|

« お江戸浅草オフ | トップページ | 長生き »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

うぅ~ん。
考えさせられますねー
昔は恥じらいとして美化されていたことが、今ではストーカー行為ですからねー

投稿: すが太郎 | 2008年4月 8日 (火) 22:33

 すがさん、どうもです (^^)/

 世の中の常識とか価値観とか、時代とともに変わっていくものなんでしょうね (^^;
 私等が若かった頃は、好きな女性の家の周りをうろつくなんて普通の事だったと思います。
 しかし、今時そんな事をしたらすぐに警察に通報されちゃいます (^^;;;

 ナンというか、人と人との間にあるべき「温もり」というか「思いやり」というか、そういう大事な何かが無くなってしまったんでしょうね・・・ (__;)

 住みにくい世の中だと思います・・・

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年4月 8日 (火) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/40780208

この記事へのトラックバック一覧です: 明日があるさ:

» ストーカー 撃退ガイド [ストーカー 撃退ガイド]
ストーカー 撃退に関する情報サイトです。 良かったら見に来て下さい。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 15:03

« お江戸浅草オフ | トップページ | 長生き »