« 昨日の車窓から | トップページ | 小野小町塚 »

2008年4月 4日 (金)

若松街道を走る

 一昨日、新潟へ仕事で行った帰り道、私の故郷である会津経由で帰ることにしました。
 あくまでも急な思いつきであり、最初から考えていたわけではありません。
 単に、同じ道を走って帰りたくないという、私独特のポリシーもあったのも確かなのですが、それよりは、走り慣れた故郷の道を走った方が疲れも少ないだろうという考えもありましたし、何よりも故郷の春の様子はどうなのかなという思いが一番強い動機でした。

 

20080404001_2 20080404002_2 20080404003_2

 

 新潟市内を後にして、国道49号線、通称「若松街道」で会津に向かいます。一応、「若松街道」と書きましたが、地図にそう載っていたからタイトルに使っただけで、私は初めて目にしました (^.^; ポリポリ
 私等の感覚だと、「越後街道」というのが普通のような気がします。

 
 それはともかく、こちらもなかなか素晴らしい道路です (^^)v
 遠くには県境にそびえる雪を被った山々が見えます。
 この道路は、基本的に、会津方面から新潟の海に向かって流れる「阿賀野川」に沿って作られているので、会津に向かうという事は、どんどん上流に向かって走って行くことになります。

 

20080404004_2 20080404014_2

 このように、国道のすぐ右手には、阿賀野川の大きな流れが見えますし、すぐ左手には磐越西線の線路が走っています。
 なかなか興味深い光景がしばらく続きます (^^)v

 

20080404009 20080404010

 県境にほど近い「阿賀町」に在る「道の駅阿賀の里」で休憩をした時に撮った写真です。 

 敷地内では梅が満開でした。一方、桜はまだ固い蕾のままでした。

 

20080404005 20080404006

20080404008 20080404007

 

 これは、施設内に作られた「鍾馗大明神」のお堂と池です。このお堂の裏手には、ワラで作った巨大な鍾馗大明神が祀られていました (^^;
 そのユニークな姿に思わずシャッターを (^.^; ポリポリ

 

20080404011 20080404012 20080404013

 施設は、阿賀野川に面して作られていて、「阿賀野川ライン舟下り」を楽しむことができるようにもなっています。ここに車を停めて、無料の送迎バスで乗船場まで送ってもらえるそうです。

 

20080404015 20080404016

 途中で給油したGSで、5月に行われる「狐の嫁入り」の話しを聞いたので、県境を超える時に目にした阿賀町の看板を撮ってみました (^^)v
 こんな行事を毎年行っているなんて知りませんでしたよ (^.^; ポリポリ
 機会があれば、ぜひ見てみたいですね (o^∇^o)ノ

 

 県境は、よく耳にする「鳥井峠」と呼ばれているところを通って西会津町に入ります。普通は「鳥居峠」と書かれるんでしょうが、なぜかここは「鳥井」です (^^;
 ちなみに、私の実家のある村にも、「鳥居峠」はあります (^^)v

 
 中学生の時に、サイクリングで友人とここを自転車で通ったことを思い出しましたよ・・・ (^^;
 喜多方から山形へ抜け、秋田の県境である「雄勝峠」で雨宿りをし、そこから引き返して日本海側に抜け、新潟からこの道を通って会津に向かったのですが、家を出て、ちょうど1週間目の事でした (^.^; ポリポリ
 さすがにあの時には疲れていて、一目散に実家を目指していましたから、周りの景色ナンか目に入る余裕はありませんでしたねぇ (^^;

 

 この先は、私の故郷の会津です (o^∇^o)ノ

 この場所で見つけた「春」をお届けして記事を締めたいと思います。
 御粗末さまでした~ m(_ _)m

20080404031 20080404032

|

« 昨日の車窓から | トップページ | 小野小町塚 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若松街道を走る:

« 昨日の車窓から | トップページ | 小野小町塚 »