« ノートが入院 | トップページ | 満50歳 »

2008年4月22日 (火)

Vista の穴

 先日、 Vista のデスクトップを購入したという記事を書きましたが、使っているウチにXPの時には無かった不具合がいろいろと出てきて、その度にあれこれと楽しませてもらっています(笑い)

 

 一番最初に遭遇したのが、それまで使っていた日本語入力システムが原因で「Internet Explorer 7」が立ち上がらないというものでした (^^;
 正直、これには参りました (^^;
 もう、20年近く使ってきた愛用のシステムですから、これが原因でインターネットができないといわれても困ってしまうんですよね。

 まぁ、これは以前から導入を検討していた「ATOK」を購入する事で解決しました (^^)v

 

 念願だった「ATOK」を使い始めて、少し経った頃、おかしな現象に遭遇しました。
 「松茸」に登録していたユーザー辞書を、「IME」経由で「ATOK」に登録し直したんですが、掲示板とかネッ友さんのブログなんかにコメントをしようとした時に、登録したはずの単語が変換候補に出てこないんですよね (^^;
 おかしいなぁと思って、辞書ユーティリティを立ち上げて登録した単語を確かめると、確かに登録されている・・・ (?。?)
 エディタで入力するときには問題なく登録した単語は変換されるんですよ。こんな事が何度もあって、「ATOK」に対する不信感がつのり、ジャストシステムのサポートに電話をして苦情を言うと、それは Vista の仕様だと言われてしまいました (^^;

 「Windows Vista の Internet Explorer 7 で顔文字などの登録した単語が使用できない」

 『Microsoft Windows Internet Explorer 7.0 (以下 Internet Explorer 7) を Microsoft Windows Vista で使用した場合、日本語の文字入力の際に次の問題が生じることがあります。 Internet Explorer 7 で表示された Web ページ内で文字の入力を行うと、顔文字などのあらかじめユーザー辞書に登録した単語が変換候補に表示されません』

http://support.microsoft.com/kb/931482/ja

 ↑ のように、この不具合についてはマイクロソフトも公に認めています。

 現在では、この不具合に対応するために、 Vista 付属の「IME」用の修正プログラムがマイクロソフトのHPにアップされていますが、けっこうこの事を知らないで、購入した状態のままの「IME」をそのまま修正せずに使っている人も多いんじゃないだろうか・・・
 これは、「Internet Explorer 7」のセキュリティを強化したために、ユーザー辞書などへのアクセスを不正な場所へのアクセスと勘違いする事により起こる現象だという事ですが、こういうのを余計なお世話と言うんですよね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 だいたい、日本人なら日本語入力は当たり前の事で、それがネットにつないだ状態ではマトモに使えないなんて、プログラムの欠陥も甚だしいのではないか(怒り)
 マイクロソフトも、他のソフトメーカーも、この不具合についてはほとんど何も語っていない。
 私のように、 Vista を買ってから、この事に気がつくユーザーがほとんどだと思うのだが、買った後でこの不具合に遭遇して、「これが Vista の仕様だ・・・」と言われてもねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…
 不具合がある事をあらかじめ知っていて買うのと、知らないで買うのとでは、精神的なダメージも商品に対する信頼感も、ずいぶん違うと思うのだが・・・ (__;)
 公式にこの不具合をアナウンスすると、ただでさえ不人気の Vista の売れ行きに支障が出るとでも思っているんじゃないのか q(`o')ブー!!

 商売だから、とりあえず自分のところの日本語入力システムさえ修正プログラムを出しておけば、私のような他社の日本語入力システムを使っている人の事なんか知らないよというのでは、世界に冠するマンモス企業のやる事としてはお粗末きわまりないのではないか q(`o')ブー!!

 第一、パッチを当てる事自体、どうやって良いのかわからなくて、難しいと思うユーザーだって居るんじゃないのかな。修正プログラムをアップしてさえおけば誰でも当たり前にパッチを当てて使ってくれると考えている事自体、メーカーとしてのおごりだと思うし、怠慢だと思います。

 この「パッチを当てる」という言葉ですが、手芸で言うところの「パッチワーク」から来ています。
 プログラムにできたほころび(専門用語で「バグ」といいます)を、修正プログラムで治す様子が、まるで穴が開いた衣類に、パッチ(当て布)を当てて、穴を塞ぐみたいに見えるところから、修正プログラムを用いてプログラムのほころびを治す事を「パッチを当てる」と一般的に言ったりします。

 

 だからといって、今更評判のあまりよくない「IME」など使う気にもなれませんし、そこで私の採った解決方法は、「Internet Explorer 7」は使わないという結論でした (^^;

 もともと、お仕着せのソフトを使う事自体好きではないんですが、これを機会に「Internet Explorer 7」を捨てて、他のブラウザを探してみる事にしました (^^)v

 

 一番に候補に挙がったのは、有名な「firefox」でしたが、私がよく利用しているチャットとの相性が良くなかったので、諦めました。
 次に試してみたのが「Lunascape4」です。これはなかなか使えるという事で、今現在使っているブラウザは「Lunascape4」です (o^∇^o)ノ

 

20080422001_4

 

 これが「Lunascape4」の画面ですが、「Internet Explorer 7」と似たような画面構成になっていて、それほど違和感はありません。もちろん、「ATOK」や「松茸」を使っての日本語入力に、何ら不都合な事象は今のところ出ていません (^^)v

 

 今回の Vista の不具合のおかげで、私も重い腰をようやっと上げる事ができ、「ATOK」の導入とブラウザの乗り換えが済んだという事で、マイクロソフトには感謝というべきなんだろうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 XPから Vista への移行を検討なさっている人が居らっしゃったら、 Vista にはこのような不具合があるという事を一応頭のスミにでも入れておくべきだと思います。
 そして、 Vista を購入したのなら、いの一番にする事は、マイクロソフトのHPから「IME」の修正プログラムをダウンロードしてきて、パッチを当てて「IME」を正常なものに更新する事です。

|

« ノートが入院 | トップページ | 満50歳 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ぼくもビスタになってから、この手のトラブルにはいつも遭遇しているんですが、科学的に原因を解明できなくて、うやむやになってしまいます。夢さん、さすがだなあ。

投稿: むうさん | 2008年4月23日 (水) 02:10

 むうさん、どうもです (^^)/

 私はワガママですから、思ったような結果が出ないと納得しないだけですよ (^.^; ポリポリ
 それにしても、 Vista はお節介が多すぎて使いにくい事このうえない。何かプログラムを実行する度にアカウントの同意を求めて来るのはいかがなものか (^^;  煩わしいだけだと思うのだが・・・ (ノ_-;)ハア…

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年4月23日 (水) 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vista の穴:

« ノートが入院 | トップページ | 満50歳 »