« こんなところは・・・ | トップページ | ガーデニング »

2008年5月16日 (金)

白久山長泉寺

20080516000  先日、栃木県の那珂川町に仕事で行った際に、国道294号線の道ばたに立てられている看板が目に入りました。

 その看板には、写真か絵かわかりませんが、赤い三重の塔が描かれていて、「長泉寺」という名前と共に矢印が書かれていました。

 こんな田舎(失礼 (^^; )で三重の塔というのがいかにも似つかわしくなくて、私の好奇心をそそってくれたので、帰りに寄ってみることにしました (^.^; ポリポリ
 場所は、ここになります (^_^)/

 

 以下は、その時に撮ってきたスナップの一部ですが、正直言ってそれほど期待して立ち寄ったわけではありません。ただ、せっかく通りがかったので、話のタネにでもなればと思って立ち寄ってみたに過ぎないのですが、いや、驚かされました (^.^; ポリポリ
 一言で言って「きれいなお寺」という形容がぴったりで、こんな田舎(何度もごめんなさいm(_ _)m )にはそぐわない夢空間がそこにありました。

 

 このお寺は、延徳三年(1491年)に創建された曹洞宗のお寺という事で、当時の日本は室町時代の真ん真ん中あたり、第10代将軍足利義材が将軍職に就いた翌年になります。
 ちなみに、このお寺ができた翌年にコロンブスがアメリカ大陸を発見した事になるわけで、1776年に独立したアメリカの歴史よりもはるかに長い間、ここに存在していることになります(苦笑)

 このお寺は、那須三十三所観音霊場の第二十五番札所という事にはなっているようですが、別に観光客をアテにしているワケでもないでしょうし、普段このお寺を訪れるのは檀家さんくらいのものだと思うのですが、ご住職の人柄を表わしているのでしょう、綺麗に掃除された境内と、手入れの行き届いた庭園が見事でした。
 こういう細やかな配慮を見ても、立派なご住職だという事が十分に伺えました。

 

 山門をくぐってすぐに、そういう思いを感じたものですから、勝手に入って境内の写真を撮るというのも気が引けたので、まっすぐにお住まいを訪ね、通りがかりの者だけれど、境内の写真を撮らせて頂きたいと一応挨拶を済ませてから散策を始める事にしました。
 こんな真心のこもった出迎えを受けた以上、礼には礼をもって返すのが人としての基本です (^^ゞ
 で、ご住職の奥様とおぼしきご婦人に応対していただき、快く撮影の許可を頂いて、さぁ、撮影開始です (^^)v

 

20080516001 20080516002 20080516003

 お寺の入り口のところです。正面に山門と、背後にこのお寺のシンボル的な存在の三重の塔が見えます。

 

20080516004 20080516006 20080516015 20080516016

 「本堂」の写真です。
 入り口の両脇の柱には、いろは四十八文字が書かれています。明治時代に小学校として使われたこともあるというので、その名残なのでしょうか、それとも他に何か謂われがあるのでしょうか、詳しくは不明です (?。?)
 ここには、聖観世音菩薩が安置されているそうです。

 

20080516007 20080516008 20080516005

 「慈光殿」と呼ばれる三重の塔で、1978年に落慶したという事です。
 さすがに、美しい建物でした (o^∇^o)ノ
 この中には、釈迦如来、薬師如来、聖観世音菩薩の三体が安置されているそうです。

 

20080516009 20080516010 20080516011

20080516012 20080516013 20080516014

 稲荷大明神が安置されている「稲荷堂」と呼ばれる建物とその周辺の様子です。
 よく手入れがされた庭が見事です。

 

20080516017 20080516018 20080516019

 「鐘楼堂」の周辺の様子です。ここの花たちも見事でした。
 なお、鐘楼堂は1981年に落慶だそうです。

 背後に見えるブルーシートは、お手洗いの建物を改修しているところです。さすがに、仕事中の大工さんたちにカメラを向けるのは抵抗がありましたし、この夢のような庭に現実的な絵は相応しくないので、割愛しました (^^ゞ

 

20080516020 20080516021 20080516022 20080516023

 虚空蔵菩薩が安置されている「虚空蔵菩薩堂」の周辺の様子です。これは、82年の落慶という事で・・・

 

20080516024 20080516025  本堂の階段の、賽銭箱の周囲に置いてあった手作りのチラシです。
 お寺主催のバス旅行の募集と、檀家さん(かな)がこのお寺で行なう演奏会の案内なのですが、こういうモノ一つを見ても、ご住職の檀家さんに対する愛情というか、熱意のようなモノと、檀家さんたちとのふれあいが感じ取れます。
 単に、葬儀とか法事とかだけの付き合いではなく、この地域にしっかりと根を下ろして、檀家さんたちとも日常的なお付き合いをしているという事で、彼らの生活にもこのお寺はすっかり溶け込んでいるんじゃないでしょうかねぇ o(*^▽^*)o~♪
 素晴らしいことだと思います。

 

 いや~、これは思っていた以上の収穫でした (^^)v
 中には、こういう思いがけなく嬉しい発見というか、出会いがあるからやめられません (^.^; ポリポリ

 撮影の許可を出して頂いたご住職に感謝です (-人-)
 え? ブログに載せる許可までは出していないって・・・ (^^;

 「南無釈迦牟尼仏・・・」 ( ーノー)o/""Ω ポクポクポク…

|

« こんなところは・・・ | トップページ | ガーデニング »

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

ほんと、きれいなお寺ですね!
偶然に発見できるとは、
普段の心がけのお陰なのでしょうか。
また、素晴らしい発見があったら、
紹介してください。

投稿: こやなぎ名人 | 2008年5月16日 (金) 08:29

 名人、早速のご訪問、有り難うございます(^_^)/

 ホントに、ラッキーでした (o^∇^o)ノ
 何か珍しいモノを見かけると、野次馬的に結構あちこちに顔を出すのですが、ここは久しぶりのヒットです (^^)v
 いや、ホームランですかね~ ヽ(^◇^*)/
 感動して帰ってきました (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年5月16日 (金) 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白久山長泉寺:

« こんなところは・・・ | トップページ | ガーデニング »