« 死刑執行 | トップページ | 夢の中へ »

2008年6月18日 (水)

当り前

 日常の中で、人はよく「当たり前」ということばを口にします。

 そういう私も、「そんなの当たり前じゃん」みたいな事を言ったりするので、あまり人の事は言えないのですが、最近私は、この世の中に「当たり前」な事なんて、ホントは無いのではないかと思うようになりました・・・

 

 例えば、水道の蛇口をひねれば「水」が出てくる、壁のスイッチをオンにすれば「灯り」が点く・・・
 そんな事、「当たり前」だと思ってしまえばそれまでなのですが、長い事日照りが続けば給水制限とか、場合によっては断水とかにもなりますし、これから夏を迎えますから、もしかして冷房の使いすぎで電力が足りなくなって停電とか・・・
 そんな事も全くあり得ない事では無いわけで、そんな時に人は、今まで「当たり前」のように惜しげもなく使っていた「水」や「電気」が、実は少しも「当たり前」では無かった事に気付くわけで・・・ (^^;

 

 人との関係なんかも同じで、今、「友人」とか「恋人」として付きあっている相手も、付き合いが長くなってくるとお互いの存在を「当たり前」と思うようになってしまいがちです。
 そこまでになる間には、いくつもの「偶然」や「努力」の積み重ねがあったはずなのに、いつの間にかそういう事を忘れてしまっているんですよね (^^;

 

20080617001_2  右は、小田和正「東京ラブストーリー」というドラマの主題歌として発表した「ラブ・ストーリーは突然に」という大ヒット曲です。
 この中に、「あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 僕等は いつまでも 見知らぬ二人のまま」というフレーズがあって、曲中で4回も繰り返されます。

 それだけこのフレーズがこの作品での言いたい事というか、モチーフだったんだと思うのですが、私のいいたい事も、まさにここにあります。

 

 まず、二人の「出会い」があった・・・
 この事がどれだけ大きな「偶然」だったのかに気付く必要があるわけです。
 出会うためには、必然的に「二人が同じ時に同じ場所に居なければならない」わけですが、ただそれだけではダメなわけですよね(苦笑)
 駅のホームで一緒に立って電車を待っている人達は、同じ時間の同じ場所に居るわけですが、だからといってそこに立っている人達同士が、皆友達とか恋人とかになるわけではありません(苦笑)

 その時に、お互いの存在に「気付く」事も必要なわけです。
 気付いても、すぐに声をかけるような事は無いかもしれません。でも、お互いの存在に気付いてさえいれば、次に会ったときに「あの時の人」だと思い出す事もできるわけです (^^)v
 もしかしたら、その時には「挨拶」を交せるかもしれません。

 

 そういう、「偶然」と「努力」の積み重ねがいくつもあったからこそ、やがて二人は「特別な人」同士になり得るわけで・・・

 今、そこにいる「友人」や「恋人」は、決して「当たり前」にそこに居るわけではありません。
 その人と出会った頃の事を思い出してみてください。
 きっとステキで思いがけない「偶然」があったからこそ、巡り会えたのではなかったですか?

 

 そういう「偶然」というか、「奇跡」というか、そんな神様からの素晴らしいプレゼントに、心から感謝をしてみませんか?

 もちろん、感謝する相手は「神様」ではなくて、あなたの目の前の「大切なその人」に・・・です ( ^-^)/ ♪

|
|

« 死刑執行 | トップページ | 夢の中へ »

コメント

空気や水みたいな存在、というのも嫌な言葉ですよね。空気はともかく、水を巡っては戦乱も起こるわけですから。とりわけ、妻の存在に対しては「当たり前」とならないよう気遣わなければなりません。

投稿: むうさん | 2008年6月18日 (水) 19:01

 むうさん、どうもです (^_^)/

 「当たり前」だと思って、結婚生活に失敗したのが私です (^^;
 その時の反省がこの記事です (^.^; ポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年6月18日 (水) 19:35

こんばんは^^

目の前の大切な人・・・・いまは、いない^^;
目の前の余計な人・・・多数いる^^;
ボクの引退を待つ人・・これも多数==;
引退時に花束くれそうな人・・・??
引退するの止めたと言うと・・・気絶する人若干名^^

投稿: GF | 2008年6月18日 (水) 22:00

 GFさん、どうもです (^_^)/

 でも、何だかんだ言っても、回りの人は大切な人ばかりなんじゃ・・・ (^_^ゞポリポリ
 意外とそうでもなかったりして(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年6月18日 (水) 22:15

*あたりまえ* ・・

『自然』 という言葉に、置き換えるなら・・・

見失ってしまったのではなく、、、、
意識の一部になってしまうことなのでしょうね・・


刺激のない安らぎ・・・
 それもまた。 あたりまえ というものなのでしょうか・・

投稿: ○♪ | 2008年6月18日 (水) 23:27

 ○♪さん、どうもです (^_^)/

 ああ、良いですねぇ、そういう「あたりまえ」なら甘んじて受け入れたいというか、そうあるのもステキかな (o^∇^o)ノ

 でも、どちらかといえば、刺激のある生活の方が楽しいかななんて思っている私もいます (^.^; ポリポリ
 そんな、いつまでも子どもみたいな事を考えている駄目なヤツです (^.^; ポリポリ

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年6月19日 (木) 00:01

私は「当たり前」という言葉は嫌いです。

その人にとって当たり前でも私にとっては当たり前ではない。

例えば大阪人だったら阪神やオリックスを応援して当たりまえだろ?
とか言われたら・・
そんな事ないと思うし。

投稿: No Name | 2008年6月19日 (木) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/41559697

この記事へのトラックバック一覧です: 当り前:

« 死刑執行 | トップページ | 夢の中へ »