« 野茂英雄 | トップページ | 覚悟 »

2008年7月20日 (日)

自分を信じて

 先日、ラジオを聞いていて目からウロコのお便りを耳にしました・・・

 嫁いでいく娘に対して、父親が言った一言・・・

 

 「彼を信じてついていくのは止めなさい・・・」
 「それよりも、彼を選んだ自分自身を信じてついていきなさい・・・」

 正確なことばは失念しましたが、だいたいこんな内容の事をおっしゃっていました。

 

 チョッと聞いただけだと、どこがどう違うのかわからないかもしれませんが、この二つの意味合いは大きく違います。

 

 たいていは、彼を信じてついていこうと考えるものではないでしょうか・・・
 しかし、それだと、何かあった時に「彼」に責任を押しつけてしまいがちです。
 私はこんなに愛しているのに、彼は○○だとか、××だとかいう理由を見つけて、うまくいかない結婚生活を「彼」のせいにしてしまいがちです。

 しかし、「彼」を選んだ自分自身を信じて、彼についていこうと決めた場合はどうでしょう・・・
 もし、結婚生活がうまくいかなかった場合でも、「彼」を選んだ自分の目が間違っていたという事で、自分を責める事はあったとしても、「彼」のせいにはしないと思います。

 人は、何か思い通りにいかない事があると、つい誰かのせいにしてしまいがちです。もちろん、そうする事が簡単で手っ取り早いからなのですが、でも、意外と自分に原因がある事も少なくないわけで・・・ (^^;
 それを認めてしまう事がコワイとか、嫌だとか、そういう思いから自分以外の誰かのせいにしてしまいがちですが、こんなふうに考えると、同じ事象でも、何か景色が違って見えるような気がするのですが・・・

 

 タカが、番組に寄せられたお便りメールではありますが、中にはこんなふうに考えさせられる内容のものもあったりするので、たいていは運転をしながらボ~ッと聞き流しているだけなんだけど、けっこう楽しくて有意義なものなんですよね (o^∇^o)ノ

|

« 野茂英雄 | トップページ | 覚悟 »

コメント

ぼくの妻も結婚する時に、父親に同じようなことを言われたそうです。ある意味、教育に責任を追ってきた親でないと言えないセリフですよね。

投稿: むうさん | 2008年7月20日 (日) 23:04

 むうさん、どうもです(^^)/

 確かにそうですよね、私も、今回このお便りを耳にして、なるほどなぁと思いましたよ。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年7月21日 (月) 08:43

こんばんは^^

結婚に限らず、人生の岐路、目の前にある2つの道など、
「迷ってるんだけど、あなたならどうする?」と尋ねる女性が多いこと。^^;

親は、自分でスパスパ決められる子には、「自分を信じなさい」や
「選んだ道がたとえ間違いだとあとで思っても、他人のせいではないよ」など言わないと思います。

我家の子も2通り、娘には、この言葉は言わなくちゃならないかもしれません。^^;

投稿: kyoro | 2008年7月21日 (月) 20:47

 kyoroさん、どうもです (^_^)/

 「決断」は、いつの時にでも、なんの時にでも容赦なく迫ってきます (^^;
 そんな時に、なるべく後悔のないように決める事ができればそれに越した事はないわけですが、口で言うほど簡単ではないからあれこれと悩むわけで・・・ (^^;

 娘さんが、ベストの選択をなされますように・・・ ( ^-^)/ ♪

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年7月21日 (月) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を信じて:

« 野茂英雄 | トップページ | 覚悟 »