« 夏休み | トップページ | 相田みつを »

2008年8月 1日 (金)

中村雅俊の涙

 俳優の中村雅俊が、6月の末に新しいシングルとして「涙」を発表した。

 この作品は、1年4ヶ月ぶりの新曲であり、自身の通算51枚目となるシングルという事で、「骨太でメッセージのある曲。誰かの応援歌になればいい」と本人は語っていますが、私にはそれほどの内容の作品とは思えない・・・ (^^;

 

20080731001_2

 この作品の歌詞は、上にアップしておきましたし、YouTubeの映像はこちらをクリックしていただければ、どんな曲なのかお聞きになる事ができますよ ( ^-^)/ ♪

 

 この作品に限らず、世の中には「人生の応援歌」と呼ばれる作品がいくつか存在します。たいていは、勇ましい内容の歌詞だったり、元気のいいリズムに乗ったメロディが付けられていたりするものですが、作り手の方から「誰かの応援歌になればいい」なんて事を言うのは、おごりというか、大きなお世話なんじゃないかと私なんかは思っています。
 だいたい、他人からどうこう言われたり、指図されたくないですよね。特に落ち込んで気持ちが沈んでいる時なんかには、そういうお節介が堪らない時もあります・・・

 人の好みは千差万別ですから、どんな歌を聴いて元気になるかなんてわからないじゃないですか(爆笑)
 この「涙」という作品にしても、応援歌として素直に受け入れられる人も中には居るかもしれませんが、多くの人はそんなふうには感じないんじゃないでしょうかねぇ・・・

 

 美空ひばりが晩年に歌った「川の流れのように」や、石原裕次郎の遺作となった「わが人生に悔いなし」なんて作品は、確かに多くの人に支持されているようですが、そういう作品でなくても、誰かの心を勇気づけたり元気にさせたりすることは十分可能ですし、むしろ人生の応援歌はそういうポピュラーな作品でない場合の方が多いのではないかと私なんかは思っています。
 酒場でふと聞こえてきた演歌や、街角を歩いていてたまたま耳にした歌謡曲なんかにシンパシーを感じ、心を奪われた経験は誰にでもあるんじゃないでしょうか・・・

 

20080801002  ちなみに、私が30年間、人生の応援歌にしてきた作品というのがあります。谷山浩子の「お早ようございますの帽子屋さん」 というのがそれなんですが、歌っている本人も、この作品自体も、決して人生の応援歌を歌っているなんて意識はないと思いますし、ほとんどの人はこの作品を耳にしてもそんな印象は受けないと思います。

 上のタイトルをクリックしていただければ、どんな作品かお聞きいただけますが、どちらかといえば、ほんわりとした感じで歌われるこの作品は、応援歌というよりはむしろ子守歌のような感じさえ受けるくらいです(笑い)
 でも、心が落ち込んだ時というのは、元気のいい音楽よりは、むしろしっとりとした静かな音楽を求めるものではないでしょうか・・・
 そして、そういう作品を繰り返し聞いているうちに、だんだんと心が安らぎ、元気が甦ってくるものだと私なんかは思っています。

 

 「途中で変えても同じなら そのまま行くのが男だろ」という部分が気に入っていますと語る中村雅俊・・・
 私は決してそういうふうには思わない一人ですが、そういうふうに思っている人も居るんだろうなぁとは思います (^^;
 こうと決めたらまっしぐら・・・というのが男らしいとか中村は思っているのでしょうか (^^;

 しかし私は、じたばたともがき、苦しみながら、それでもあきらめないでいろいろとやってみる事こそが男の姿なのではないかと思っている一人です (^^)v
 その姿は、先の歌詞に歌われた潔い姿から見れば、情けなくて惨めな姿に見えるのかもしれませんが、むしろそういうふうに、みっともない姿を人前に晒すことのできる男こそ、強い人間なんじゃないかと私には思えるんですがねぇ・・・ (^^ゞ

 

 ボクサーだって、連戦連勝の無敗のチャンピオンよりも、KO負けをしたことのあるチャレンジャーの方が、強い人間だという例は少なくないです。
 徹底的に叩きのめされて、そこから這い上がってもう一度誰かに挑戦することは、並大抵の精神力ではできることではないからです。

|
|

« 夏休み | トップページ | 相田みつを »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

男の定義って難しいですね。
真っ直ぐに行けばよいというものでもない。
間違った方向に行って、叩きのめされて戻ってくる勇気も必要・・・ですよね。

投稿: すが太郎 | 2008年8月 1日 (金) 23:16

 すがさん、どうもです (^_^)/

 人生というのは、正解がないだけに、生きることは難しいですよね (^^;
 だから、みんな途中で迷ったり悩んだりするのでしょうね。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年8月 1日 (金) 23:25

>人の好みは千差万別ですから、どんな歌を聴いて元気になるかなんてわからないじゃないですか(爆笑)

何が爆笑や。お前が爆笑や。アホか。

投稿: No Name | 2009年2月14日 (土) 01:08

 どなたか存じませんが、人の考え方も千差万別なんですよ (^^)v
 自分とは違う意見でも、尊重する姿勢は大事だと思いますよ。

投稿: 夢ピ | 2009年2月14日 (土) 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/42012798

この記事へのトラックバック一覧です: 中村雅俊の涙:

« 夏休み | トップページ | 相田みつを »