« 誰かのために | トップページ | 雨引観音 »

2008年9月21日 (日)

燕三条

 以前に、関越自動車道を利用して新潟に行った時に、高速道路上から見える上越新幹線の「燕三条」の駅を見かけたンですよ。
 その駅舎に書かれていた「燕三条」という名前を見ていて思ったんですが、すぐ先に設けられている北陸自動車道のIC名は「三条燕」となっていて、なんだ、コレはと・・・ (^^;

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=37.64575745&lon=138.94411895&sc=4&mode=map&pointer=on

 ず~っと気になってはいたんですが、そんな事も忘れていた先日、チャットで台風13号の話をしていた時に、以前、水害にあった会社の応援に三条燕まで行った事があるというネッ友さんのカキコを見て思い出しました(笑い)

 で、ネットでチョッと調べてみると、隣接する三条市燕市は、片や金物の町、片や洋食器の町としてお互いにライバル意識が強く、かの田中角栄が新潟に新幹線を敷くに当たって、二つの市の境に作られた駅舎の命名を巡って大いに紛糾したそうです (^^;
 そこで、田中角栄は解決策として、駅名を「燕三条」とし、「燕」を先にするかわりに、駅長室を三条市部分につくり、駅の所在地を三条市にする事で両市の顔を立てたのだという。

 まったく、バカバカしい話ではありますが、当事者にしてみればけっこう真剣なんでしょうね (^^;

 そういう経緯もあって、そばにできたインターチェンジは、燕市にありますが「三条燕」という名前で、「三条」を先にしたんだそうで・・・(笑い)

 当人達にとってはそれでいいのかもしれませんが、第三者から見れば紛らわしい事この上ないという事で、はっきり言って迷惑ですよね (^◇^) 。。。ケラケラ

20080921001 20080921002

 ちなみに、「燕三条」の駅ですが、両市にまたがって作られており、東側に設けられた「三条口」と、西側に設けられた「燕口」とがあり、時計台の位置までうり二つに作られています(爆笑)
 普通なら、「東口」「西口」と呼ばれると思いますが、この駅に限っては「三条口」と「燕口」と呼ばれているそうです(苦笑)

 写真の、左側が「三条口」、右側が「燕口」です (^_^)/

|

« 誰かのために | トップページ | 雨引観音 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燕三条:

« 誰かのために | トップページ | 雨引観音 »