« 頼朝ライン | トップページ | 浜茶屋「向島」 »

2008年9月13日 (土)

一人の手

  一人の手

 訳詞:本田路津子/作曲:ピートシーガー

 ひとりの小さな手 何もできないけど
 それでも みんなの手とあわせれば
 何かできる 何かできる

 ひとりの小さな目  何も見えないけど
 それでも  みんなの瞳でみつめれば
 何か見える  何か見える

 ひとりの小さな声  何も言えないけど
 それでも  みんなの声が集まれば
 何か言える  何か言える

 ひとりで歩く道  遠くてつらいけど
 それでも  みんなのあしぶみ響かせば
 楽しくなる  長い道も

 ひとりの人間は  とても弱いけど
 それでも  みんなが集まれば
 強くなれる  強くなれる

 

20080913001  これは、本田路津子が1971年に発表した「一人の手」という作品です。
 もう、40年近くも前のことになるんですね (^^;

 短い歌詞と、覚えやすいメロディーなので、当時けっこうあちこちで歌われていたと思います。
 もちろん、私も大好きでよく歌いました (^^)v

 

 歌詞をご覧になればおわかりのように、歌われている内容は、ごくごく当たり前の事です。しかし、この当たり前の事を、人々は忘れているんじゃないでしょうか・・・
 たいていの人は、つい「私一人くらいが何かをしてみたところで・・・」なんてことを思いがちです。
 しかし、たとえ小さな事であったとしても、誰かがそれを始めなければ何も始まらないのです。

 先人も言っています。
 「千里の道も一歩から」と (^^)v

 どんなに大きな事や立派なことを考えたとしても、とりあえず、最初の一歩を踏み出さないことには、何も始まらないし、前には進んではいけないのです。

 また、これとは少し意味が違いますが、「ローマは一日にしてならず」なんてことばもありますね ( ^_^)/
 大きな事を成し遂げるには、長い年月が必要だという意味です。

 

 今、政局は混迷を極め、自民党も民主党もいまいち頼りになりません。
 首班指名なんて、我々国民が直接投票できるわけではありませんが、折々の国政選挙の際に、もう少し積極的に参加してみてはいかがでしょうかねぇ(苦笑)
 もし、この中に総理大臣になる人が居たとしたらと考えるだけで、ワクワクして投票にも自然と熱がこもるのではないでしょうか (^^)v
 自分なら、この人に総理大臣になって欲しいという思いで投票に行けば、投票率だってもう少し改善されるのではないでしょうか (^^;
 私は、国民が直接投票する総理大臣選びには断固反対ですが、普段の国政選挙でそういうことを考えながら参加すれば、首班指名選挙は国民不在だなんて言われることもないわけですし・・・

 

 一人一人の手や声は小さなものだったとしても、大勢集まれば力にもなりますし、国を動かすことも不可能なことではありません。

 そう思うと、「あなたの一票が、明日の日本を作る」なんていうことばも、ウソっぽくは聞こえてこなくなるのではないでしょうか(笑い)

|

« 頼朝ライン | トップページ | 浜茶屋「向島」 »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

一人一人が考えて投票すれば
必ず日本の政治は変えられる

この閉塞した日本社会の現状を打破するには
変化の風を与えないといけない
僕はそう思ってます
変化に対応できる日本社会に期待してます

一人一人の力を信じてください
そして投票に行きましょう

投稿: SiN | 2008年9月13日 (土) 05:08

  SiNさん、初めまして (^_^)/
 拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします。

 確かに、一人一人の力は小さいと思いますが、世の中の改革とか革命とか、そういう大事を行なって来たのも、突き詰めればたくさんの民衆の声の結果なんですよね。
 そう考えると、現代でも大きな改革とかは可能なのかもしれない。
 とにかく、一人一人がしっかりと自分の意見を声にするということが大切なんだと思いますよ (^^)v

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年9月13日 (土) 07:56

なつかしい「一人の手」の歌詞と、
「一人一人の手や声は小さなものだったとしても、
 大勢集まれば力にもなります」というまとめに、
心から納得です。
ブログもまさに、小さな声を伝えるための、
素晴らしい道具として活用していきたいですね。

投稿: こやなぎ名人 | 2008年9月14日 (日) 09:19

 名人、どうもです (^_^)/

 私のブログなんて、名人のところから比べれば訪問者もずっと少ないですから、えらそうなことは言えませんが、私なりに心の叫びとか憤りとかを伝えていきたいと思っています。

 一昔前は、個人の声をネットにアップできる場所なんて限られていましたが、最近のHPやブログの充実ぶりには驚いています。
 せっかくですから、せいぜい利用させて頂こうと・・・(苦笑)

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年9月14日 (日) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/42450900

この記事へのトラックバック一覧です: 一人の手:

« 頼朝ライン | トップページ | 浜茶屋「向島」 »