« おっぱいメーカー | トップページ | 緒形拳が逝く・・・ »

2008年10月 6日 (月)

成田羊羹資料館

 この週末に、彼女と成田山詣でをしてきました (^_^)/

 今さらという感じもしないではありませんが、毎年成田山に初詣に行く私でも、本堂の周辺くらいしか行った事はなく、広い境内のあちこちにどんなものがあるのかは見た事がなかったので、せっかくの機会ですからゆっくりと見てこようと思って・・・ (^^)v

 

20081005011 20081006025_3

 そのついでというわけではないんですが、近くに「なごみの米屋(よねや)の総本店があり、そこでお土産の「栗むし羊羹」と「栗きんつば」をお土産に買って来ました (o^∇^o)ノ
 やっぱ、成田のお土産といえば「米屋の羊羹」という事で(笑い)

 

20081006011  その足で、一度見てみたいと思っていた「成田羊羹資料館」にも寄ってみました。
 JRおよび京成の駅から、成田山へと続く表参道の道筋に在る「なごみの米屋総本店」の真裏に建っていて、場所はここになります ( ^-^)/ ♪

 

20081006021 20081006022

20081006023 20081006024

 これは、館内で頂いてきたパンフレットですが、この日は「米屋百十年の歩み」という企画展を行なっていて、その前編となる、創業から昭和の初期までの様々な品が、1Fのフロアに展示されていました。
 以下は、その風景です (^^)v

 

20081006012 20081006013

 明治32年に創業した「米屋」ですが、農業のかたわら、穀物を商っていたという家業に由来して名付けられたといいます。
 その代表的商品である「栗羊羹」は、創業者の諸岡長蔵が成田山にお参りに来られたお客様に喜んで頂こうと、新勝寺の精進料理に出されていた「栗羹」(くりかん)にヒントを得て作り上げたとパンフレットに書かれてありました。
 館内の写真は、一応、受付の人に声をかけ、個人的な使用を条件に撮影の許可を頂いて撮ったものです (^_^ゞポリポリ

 

20081006014 20081006015_2 20081006016_2

 これは、2Fの様子です。写真や包装紙、制作に用いる道具などが所狭しと展示してありました。

 

20081006017 20081006018

 そんな中で、目をひいた展示品です。
 「蒸羊羹」「練羊羹」の違いを説明したものと、明治・大正時代に用いた羊羹の製造道具です。

 

20081006019 20081006020

 これは、広告に用いられたポスターです。
 デビュー当時の岩下志麻を起用した水ようかんのものと、その後に撮影されたものが展示されていました(苦笑)
 これ、なかなか、貴重なモノだと思いますよ o(*^▽^*)o~♪

 

 こぢんまりとした建物で、入館も無料なのですが、けっこう勉強にもなりましたし、楽しめる資料館でした。
 成田山へ足を運ぶ機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう ( ^-^)/ ♪

 ・・・とまぁ、駆け足でご紹介いたしましたが、私自身は「米屋」について特別詳しいわけでもないので、写真を並べるくらいしかできませんでしたが、ご関心がおありなら、「なごみの米屋」「成田羊羹資料館」のオフィシャルHPで詳しい情報をご覧くださいね ( ^-^)/ ♪

 「なごみの米屋」
http://www.nagomi-yoneya.co.jp/

 「成田羊羹資料館」
http://www.chiba-web.com/chibahaku/88/index.html

|

« おっぱいメーカー | トップページ | 緒形拳が逝く・・・ »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

羊羹資料館とは、珍しい!
無料なのもうれしいですね。
夏場は、冷やした水ようかんがおいしいですねぇ。
今の時期なら、栗ようかんでしょうか。

ただ、自分で買って食べることは、
ほとんどありませんが(^^;)

投稿: こやなぎ名人 | 2008年10月 6日 (月) 08:13

 名人、さっそくのお越し、有り難うございます (^_^)/

 私は、夏場、水ようかんはよく食べますが、羊羹そのものはめったに口にはしません (^^;
 でも、私は甘党ですから、栗羊羹とかなら、時々食べてみたくなる気持ちもあったりします(笑い)
 そういう時に、普通の商品ではなく、最初から小さく切ってある羊羹は食べやすくてありがたいですね (^^)v
 これからは、そういうパーソナル的な商品がもっと増えてくれると嬉しいんですが・・・

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年10月 6日 (月) 08:52

栗羊羹は、成田だったんですね。
羊羹はエネルギー補給にはいい食品です。

愛知県にも、犬山市には成田さんの分院がありますし、名古屋にも分院がありますので、何か親近感があります。

名古屋には外郎がありますが、羊羹とは何か繋がりがあるのかな~

投稿: すが太郎 | 2008年10月 6日 (月) 23:42

 すがさん、どうもです (^^)/

 名古屋に成田山の分院があるんですか・・・
 そういえば、前にすがさんからお聞きした事があったかも・・・ (^^ゞ

 そういえば、羊羹と外郎って、外観が似ていますね (^^;
 でも、羊羹は寒天を使って固めますが、外郎は寒天は使っていないので、そのヘンがチョッと違うようですよ ( ^-^)/ ♪

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年10月 7日 (火) 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田羊羹資料館:

« おっぱいメーカー | トップページ | 緒形拳が逝く・・・ »