« 手紙 | トップページ | 伊豆下田の車窓記 »

2008年10月17日 (金)

十二月田

20081017001  先日、埼玉県の川口市内を走っていて見かけた地名です。

 「十二月田」と書いてありますが、皆さんはなんと読むか見当がつきますか?

 

 答えを聞くと、当たり前すぎて「な~んだ」ということになるのですが、チョッとだけ考えてみてください ( ^-^)/ ♪

 

 

 

 

 答えは、「しわすだ」ということですが、なるほど、言われてみれば納得ですよね (^^;

 しかし、この地名に限らず、難読とよばれる地名はいくらでも存在します。
 私は、そういう変わった地名が大好きです(笑い)

 ところで、この「師走」の「師」ということばですが、多くの人は「師匠」、つまり「先生」の事だと思っていらっしゃるようですが、本当は「お坊さん」の事を指しているという事はあまり知られていない事実です (^^)v

 お寺のご住職が、先祖供養のために、檀家さんの家々を回ってお経を上げて回る様を言ったことばのようですよ ( ^-^)/ ♪

|

« 手紙 | トップページ | 伊豆下田の車窓記 »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十二月田:

« 手紙 | トップページ | 伊豆下田の車窓記 »