« 新 | トップページ | ニラレバ炒め »

2008年11月16日 (日)

東京国際女子マラソン 2008

 09年に行なわれるベルリン世界選手権の代表選考会を兼ねた、最後の「東京国際女子マラソン」が今日行なわれ、第一生命の尾崎好美が2度目のフルマラソン挑戦で初優勝を遂げて、30年の大会の歴史に幕を閉じた・・・

 この大会、とても楽しみにテレビ観戦をしていましたが、予想通りというか、それ以上の劇的なレースになり、いまだに興奮している私が居ます ヽ(^o^)尸

 この大会の見所は、なんといっても35km地点を過ぎたあたりからダラダラと続く高低差30m近くの坂道であり、過去にもこの坂ではいくつものドラマが生まれた・・・
 今年も、この坂道でトップが入れ替わるという信じられないレースが展開され、とても見応えのあるレースになりました ヽ(^o^)尸

 

 スタート直後から積極的に飛び出してレースを引っ張る渋井陽子・・・
 2km過ぎにはすでにトップ集団は渋井を含む4人に絞られ、8km手前では加納尾崎がふるい落とされてトップは渋井チェムジョーの二人に・・・
 さらに12km手前でチェムジョーが遅れ始めると、12km過ぎには渋井の独走が始まる・・・
 この展開は、いつもの渋井のレース運びであり、終盤に失速するのが彼女のいつものマラソンのパターンなので、私は終始冷ややかに見ていました (^^;

 私は、この渋井陽子という選手のことを、いつも「速い選手ではあるが、決して強い選手ではない」と言い続けてきた。案の定、25kmを過ぎた時点で5キロのラップタイムは16分47秒と、ホンの少し落ちてきたかなと思ったら、30kmの時点では17分台に落ちた・・・ (^^;

 

 この頃、優勝した尾崎はマーラ・ヤマウチにかわされて一時4位にまで順位を落としたものの、自分を見失わずにしっかりとしたペースと足取りで先頭を追っていた・・・

 この後、ペースの上がらない渋井を尻目に、尾崎が、加納が、次々にとらえ40km手前で一気に抜いていった・・・ (__;)ガクッ

 結局、終始しっかりとした足取りで、周囲に惑わされずに自分のペースを刻み続けた尾崎がそのまま逃げ切って、2時間23分29秒という自己ベストを大きく更新するベストタイムで初優勝を遂げた ヽ(^◇^*)/

 渋井は、加納、ヤマウチにもかわされて、最終的に尾崎に2分21秒及ばずに4位でゴールした。

 このレースを振り返って、渋井の失敗レースというのは簡単なことなんだけれど、私はそれよりも、渋井はフルマラソンには向いていないんじゃないかと思えてなりません。ハーフとかくらいならいい勝負をしてくれると思いますが、フルを闘うにはスタミナが無いんじゃないのかなと・・・
 あるいは、レースの組み立てというか戦法が間違っているんじゃないのかなとも思います。
 毎度毎度、同じようなレース運びで惨敗というのは、進歩がないというよりもしっかりした指導者が居ないせいなんじゃないのかなと(苦笑)

 先行逃げ切りが渋井の性格にも合っていて、そういう戦い方をずっとしてきたわけですが、結果が伴わないのなら、もうあらためるべきなんじゃないかと私は思いますよ。

 

 今日の大会、個人的には、尾崎好美を応援してきたわけですが、しだいに順位を下げていくレース展開に、さすがに一時はダメかなとも思ったんですが、粘って粘ってヤマウチを抜き返し、加納をとらえ、渋井に迫っていく時には万歳でしたね ヽ(^o^)尸
 見事なレース運びでした (^_^)V。

 おめでとう~  ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ☆彡

|

« 新 | トップページ | ニラレバ炒め »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

尾崎好美を応援してきたなんて、夢さんは、凄い先見の目を持っていますね。
私は、全く彼女の存在すら知りませんでした、恥ずかしながら。

でも、2回目のフルで優勝は、高橋尚子と同じパターンです。
トップランナーなる選手でしょうね。
これから注目していきます。

投稿: すが太郎 | 2008年11月16日 (日) 20:23

 すがさん、どうもです (^_^)/

 いえいえ、そんな・・・ (^^;
 私は、天の邪鬼ですから、今回の大会は渋井のためにという思惑で放送されているのが癪で、誰か彼女を負かしてくれないかなと思って見ていただけです (^.^; ポリポリ

 ただ、第一生命は、実業団駅伝でいつも上位に食い込むチームなので、予備知識はある程度ありましたが、駅伝とマラソンでは距離も性格も全く違うので、尾崎のことも応援はしていましたがまさかここまでやってくれるとは思ってもいませんでしたよ(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年11月17日 (月) 00:20

尾崎好美。かわいいですね。
しかし20~25キロでラップを17分半まで落としながら、そのあと組み立ててきたのはすごいです。というか、参考になります。
35~40キロも17分14秒だから、すごく上がっているわけではないんですけどね。でも最後の7分14秒はすごいです。

投稿: むうさん | 2008年11月17日 (月) 19:06

 むうさん、どうもです (^_^)/

 尾崎さん、最後まで足取りはしっかりしていましたよ。
 さすがに増田さんは彼女の走りに気付いていましたね。
 36km手前でのコメントでも、尾崎さんはそうとう速いペースで走っていますと言ってくれてました。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年11月17日 (月) 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際女子マラソン 2008:

« 新 | トップページ | ニラレバ炒め »