« 白虎みそ | トップページ | なおざり »

2008年11月14日 (金)

神明通り

 「神明通り」というのは、会津若松市内にあるメインストリートに付けられている名前で、ここが会津若松の商業活動の中心地になります。

 

 たいてい、どこの市町村にも「メインストリート」と呼ばれる、その土地を代表する商店街があるものです。
 「○○通り」あるいは「××銀座」などと名付けられ、通りの両側にはたくさんのお店が軒を並べ、場合によっては通り全体に屋根をかけて、アーケードになっている場合もあったりします。

 当たり前の事ですが、その通りは街一番の繁華街として、買い物客などの多くの歩行者で賑わい、活気があるもので、そうなると当然のことですが、立地的にも街の中で比較的便のいいところに設けられているのが普通です。そうでないことにはお客さんにとっては不便なところということになり、集客力が落ちるからなのですが・・・

 そこで、立地がいいというとたいていは駅前などがその候補地に挙げられ、普通は駅前に大きなメインストリートが設けられ、そこを中心に栄えるのが一般的な街の姿なのですが、会津という土地ではなぜかそういう常識は通用しません(笑い)

 会津では、たいていどこの駅でもそうですが、改札を出て街へと足を踏み出しても、賑やかな繁華街を擁するメインストリートが目の前に広がっているという事が無いのが普通です (^^;

 

20081114001 20081114002 20081114003

 

 これは、会津を代表する「会津若松市」「喜多方市」「会津坂下町」の駅周辺の地図ですが、ご覧のように、それぞれのメインストリートは「駅前」からはずいぶん離れた所に設けられているのがわかると思います。

 

 なぜこんな事がまかり通っているのか・・・
 正確なことはよくわかりませんが、鉄道が敷設され始めた明治初期の頃、蒸気機関車は煙を吐いて走るので、火事を心配した住民の多くが、街から遠く離れたところに線路を敷くことを願ったからではないかと私は思うのです。

 で、駅も当然のことですが、街外れに設けられることが多く、当時の国民は汽車に乗るなんて事はそれほど一般的な事でも無かったので、駅を利用するのはごく希なことであり、したがって駅前が栄えるなんて事は地方ではあまりなかったのではないかと・・・

 しかし、交通網の発達と共に、生活圏もだんだんと広くなっていき、多くの街ではしだいに駅が重宝されるようになっていった結果、自然と駅前にメインストリートができるようになっていったんだと思うのですが、会津の人達は一様にガンコですから、そういう時代の流れに逆らってまでも、繁華街は町の中心に残したのではないかと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 今でこそ、会津若松の駅前からメインストリートである「神明通り」に続く「中央通り」と呼ばれる広く近代的な通りができて、一応街らしい姿を呈してはいますが、古くからある「神明通り」に対して、「中央通り」の歴史はわずかに30年足らずです。
 私が高校生だった頃、まだこの「中央通り」は影も形もなくて、会津若松の駅からメインストリートである「神明通り」に向かうには「大町通り」と呼ばれる商店街を通っていくのが一般的なルートでした。

 「中央通り」の建設が決定し、着工が始まっても、用地の買収はなかなか進まず、特に、「神明通り」との接続部分に建っていたメガネ屋さんは、店の真裏まで通りが完成しているにもかかわらず最後の最後まで頑として居座っていました (^^;

 《中央通り》

20081114011 20081114013

 

 《神明通り》

20081114012 20081114014

 

 写真は、上が「中央通り」、下が「神明通り」の光景です。いずれも、駅の方から南側を向いて撮った写真で、それぞれの車道と歩道の様子です。

 「中央通り」は、新しくできた通りだけあって、片側2車線の広い通りとなっており、すっきりと整備されていますが、「神明通り」は、昔ながらの通りなので、片側1車線しかなく、アーケードにはなっているものの、さすがに時代を感じさせますね (^^;
 それでも、近年、電線が地中化されたので、いくぶんすっきりした感じにはなっていますが・・・

 

20081114015_2 20081114016  

 これは、「中央通り」ができる前に、会津若松の駅から「神明通り」へと向かう唯一の通りだった「大町通り」の今の光景です。この通りは「中央通り」と平行して南北に走っています。

 この通りも時代がかった通りで、駅から「神明通り」に向かって走って行くと、途中からは一方通行になってしまい、対向車は無くなります (^^;

 そして、「神明通り」と平行して走る「野口英世青春通り」へとつながっています。この通りもまた一方通行です。
 野口英世は、会津を代表する有名人であり、世界にも著名な医学者ですが、その野口英世が書生として医学を学ぶために数年間を過ごした「会陽医院」の跡地がこの通りにあるということから、「野口英世青春通り」という名前が付けられたそうです。
 もちろん、私が会津に住んでいた20年くらい前までには、そういう通りの名前も存在していませんで、通りで一番大きな「ロイヤルボウル」というボウリング場が在ったことから、仲間内では「ロイヤルボウル通り」なんて呼んでいたような記憶があるのですが、そのヘンも四半世紀も経ってしまうといい加減な記憶でしかありませんが・・・ (^.^; ポリポリ

 

 この記事中の写真は、いずれも「管理人さん」のHPからお借りしてきました ( ^-^)/ ♪  有り難うございました・・・ m(_ _)m

|
|

« 白虎みそ | トップページ | なおざり »

故郷「会津」を語る」カテゴリの記事

コメント

私の住んでる「彩・〇ら〇」にも・・

我が家の近くに 神明通りが・・・^^;
尚・さらに・・「富士見坂」なるものも・・(〃'ー'〃)bfuji

投稿: 〇♪ | 2008年11月14日 (金) 18:58

 ○♪さん、どうもです (^_^)/

 へぇ~、そうなんですか・・・
 なんか、急に親近感が湧いてきましたよ(笑い)

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年11月15日 (土) 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/43099942

この記事へのトラックバック一覧です: 神明通り:

» パーゴラ 屋根 [パーゴラ 屋根]
パーゴラ 屋根についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年11月14日 (金) 07:50

« 白虎みそ | トップページ | なおざり »