« いいことは | トップページ | 週刊少年マガジン »

2008年12月15日 (月)

全日本実業団女子駅伝2008

 全日本実業団女子駅伝が14日、岐阜長良川競技場発着の6区間、42.195キロで行われ、豊田自動織機が2時間14分17秒で初優勝を飾った ヽ(^o^)尸

 毎年、ほんとうに楽しみに見ているんですが、昨年はなんの波乱もなく、非常に「つまらない」大会だったので、今年も三井住友海上が順当に優勝するんだろうと思って見てました (^^;
 案の定、2区で首位に立つと、3区のエース区間を走った渋井陽子が2位以下を大きく離す激走で首位をキープ。このまま優勝は決まったと見ていた私も思いました (^.^ゞポリポリ

 ところが、今年の大会はここからが違いましたねぇ(笑い)
 いやぁ、スポーツは、筋書きのないドラマとはよく言ったもんだと思います。まさか、こんな結末が待っているなんて・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 何から語ったらいいんだろう、あまりに興奮していて、考えがまとまりませんが、今回優勝した豊田自動織機はその名前からもわかるように、愛知県の会社であり、あのトヨタの母体となった機械メーカーということで、トヨタ自動車は豊田自動織機から自動車部門が独立したモノだそうです (^^;

 その豊田自動織機の女子陸上部が、小出義雄氏が代表を務める「佐倉アスリート倶楽部」で指導を受けているということで、千葉県のチームとして東日本地区から2度目の参加で見事に初優勝を遂げた・・・

 昨年は、この大会に出場することすらできなかった新生チームが、実に安定したレース運びで、堂々と優勝してくれた。
 私は、5区の途中からは、画面に釘付けとなって観戦していました (^.^ゞポリポリ

 

 3位でスタートした豊田自動織機は、2位-2位-2位-3位-1位という、実に安定したレース運びで初優勝を勝ち取った。
 もちろん、それぞれに活躍した選手はいた。しかし、昨日のこの結果はチーム全員が一つになって闘って勝ち取った栄冠だったと思う。
 他のチームのように華々しいスター選手は居ない。しかし、新谷仁美、青山瑠衣、W.ケバソ、宮崎翔子、脇田茜、永田あやの6人でつないだタスキは常に3位以内をキープしていた。総合力という点では出場チームの中でピカ一だった。

 

 渋井が作った大きな貯金を、5区の最長区間を走った大平美樹が、区間11位という走りで一気に食いつぶした・・・
 この時、ホクレンの赤羽有紀子は区間賞、豊田自動織機の脇田茜は区間3位で走り、トップの三井住友海上の背中にもう一歩と迫ってそれぞれチームの成績に大きく貢献した。

 特に、脇田は、タスキを受け取った時点でトップの三井住友海上の大平とは1分以上の差があったが、アンカーの永田にタスキを渡した時にはわずかに9秒差まで詰め寄っていた。この執念の激走が18才のルーキーに大きな力を与えた。
 永田は、1キロあまりでトップに立つと、そのままスピードを緩めることなく、仲間の待つ歓喜のゴールに飛び込んで行った・・・ ヽ(^o^)尸

 

 まったく、なんという結末だろう・・・
 この優勝に大きな貢献を果たしたであろう、小出代表の指導力にはほんとうに頭が下がる思いです。
 「玉磨かざれば光なし」ということばがあります。どんなに力がある選手でも、育て方を間違えると輝くことは無いのは自明の理ですが、小出氏の手にかかれば、ただの石ころでも宝石以上の輝きを放つようになるんじゃないかとさえ思えてきます (^^;

 若い選手達がほとんどという豊田自動織機というチーム・・・
 今後の活躍が楽しみですねぇ o(*^▽^*)o~♪

 ほんとうに、おめでとう~ ヽ(^◇^*)/

|

« いいことは | トップページ | 週刊少年マガジン »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

まさに感動の大会でしたね。
小出マジック、織機、そしてアルゼ。
東日本では、この2チームが、これから台風の目ですね。
駅伝から、フルマラソンで活躍してくれる選手が出てきてくれることが、本当に楽しみです。

投稿: すが太郎 | 2008年12月15日 (月) 22:02

 すがさん、どうもです (^_^)/

 豊田自動織機とアルゼ、この二つのチームが所属している「佐倉アスリート倶楽部」のあり方は、今後の実業団の方向性に大きな布石になるんじゃないかと思っています。
 今、実業団のスポーツチームはどこも経営難から縮小方向にありますが、一人の指導者がいくつもの会社に所属する選手を育成する・・・
 こういう、クラブとも実業団とも違う存在って、日本に足りない素晴らしい指導法だと私は思います。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年12月15日 (月) 22:12

むむむ、大平美樹って、当たりはずれがあったんですね。
マラソンもチャレンジして、実力ランナーというイメージだったけど。なにがあったんでしょうか。

投稿: むうさん | 2008年12月16日 (火) 02:28

 むうさん、どうもです (^^)/

 どんな選手であろうと、人間である以上、完璧という事は有り得ないわけで・・・ (^.^; ポリポリ
 体調とか気象条件とか、あるいはコースなどによってその時々の選手の調子は変わってしまうんですよね (^^;

 だから、チームとして走る駅伝が個人で勝負するマラソンよりも私は好きなんですよね (^^)v
 走る選手によってレースの展開は大きく変わってくる可能性が大きいから・・・

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年12月16日 (火) 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日本実業団女子駅伝2008:

« いいことは | トップページ | 週刊少年マガジン »