« 戦国武将 | トップページ | 陽炎の辻2 »

2008年12月 4日 (木)

風のガーデン

20081204001_2

 この秋に、俳優の緒形拳が肝臓ガンで急逝し、その追悼記事を書いた事があった・・・

 その緒形拳の遺作ともいえる、フジテレビ系で放送されている連ドラの「風のガーデン」・・・
 急死が報じられた直後からスタートしたという事もあって、私も毎週欠かさずに見ています。
 全11話という事で、今日を含めて残すところあと3話・・・
 物語もいよいよ佳境に入ってきました。

 

 末期のすい臓ガンに冒されているという設定で、それを隠しながら医者の仕事をしている我が子役の中井貴一を目の前にして、自らも肝臓ガンに蝕まれていて余命幾ばくもない事を周囲に隠していた緒形拳は、どのような思いで撮影に臨んでいたのだろう・・・
 ついに、先週の8話では、久しぶりに会った息子が重い病である事を知ってしまい、激しく動揺してその場から逃げ出すところで放送は終了した・・・

 

 緒形拳は、富良野の開業医という設定で、現在は訪問医として、末期の患者達のターミナルケアに心を砕いている・・・
 現在では、生まれる時も死ぬ時も、病院のベッドの上という事がほとんどであり、自宅で出産する事や自宅で最後を向かえる事は希というか、ほとんど無いと思います。
 私が生まれ育ったところは、会津の山村という事もあり、今はともかくとして、当時は生死を迎える場所は自宅と決まっていました。もちろん、私を始め、妹弟も自宅で産婆さんの手によって取り上げられましたし、母方の祖父が亡くなる時にも自宅で亡くなっていくのを目にしました。
 そういう事が当たり前だったので、私自身には自宅で最後を向かえる事になんの抵抗もないのです・・・

 

20081204002 20081204003

20081204004 20081204005

 5話のドラマの中で、死を目前にして苦しむ父親を目の前にして、東京から帰って来た息子さんは大きな病院に連れて行って最新の治療を受けさせたいと言って、自宅から動かそうとしない家族達に詰め寄ります。
 家族達は、お爺ちゃんは自宅で死にたいと言っているからと息子に言い、今さら帰って来て偉そうな事を言わないでと反論する家族達・・・

 そんな息子さん達の前で、緒形拳は静かに語り出します・・・

 「お母様も何度も聞いておられますが、病院でだけは死にたくないというのが、以前からのお父様のご希望でした・・・」
 ・・・中略・・・
 「病院の方が設備は整っている・・・ それはもちろんおっしゃる通りです」と・・・
 「でも、病院では何かしら治療をせにゃならんので・・・ 呼吸を確保するために管を気管に挿入するとか、点滴するとか・・・ 家族の手を出す事なんか無いわけです・・・」
 「家族は・・・ただ・・・黙って見ているだけです・・・」
 「そうしますとね、家族は何もできませんから『何もしなかった』という悔いが残ります・・・」
 「患者さんの方も苦しいだけで同じです。患者さんの方も最後の時間をゆっくり家族と過ごせませんから心残りのまま寂しく逝くわけです。いい事じゃないと私は思っています・・・」と続ける・・・
 「札幌にある大病院で、長い事私は医者をやっていて、そういうふうに考え始めました。」
 「患者さんの心を一番よく知るのは本人と・・・それにご家族です。ですから、私は患者さんの死をご家族全員で受けとめて、最後までご一緒に闘ってほしいんです・・・」
 緒形は、さらに次のように続ける・・・
 「生意気を申しましたが、そういう事です・・・」
 「苦しみは・・・私が可能な限り取ります」
 「ですから、お父様が一番望まれている、ご自宅での最後を・・・迎えさせてあげませんか・・・」と・・・

 

 自宅で最後を迎えたいと思っている人は少なくないと思いますが、実際には家族の都合もあって、病院で亡くなる方がほとんどだと思います。
 病院に連れて行かないと、親戚などの目もあって、あとから何を言われるかわからないから、少なくてもできる限りの事はしたんだと回りを納得させるためにも病院で最後まで治療を受けさせる事もあったりするわけで、本人の意志とは無関係に、無意味な延命治療が行なわれる事もあったりします・・・

 

 このドラマ・・・ 倉本聰が長い事温めてきたというだけあって、脚本もしっかりしており、主役の中井貴一と父親役の緒形拳という二人の演技も素晴らしく、実に骨太のドラマとなっています。
 フジテレビでは、今日の午後3時から16日にかけて再放送をする事を決定したそうです。
 単に、緒形拳の遺作という意味だけではなく、こういうドラマは見ておいても損はないというか、有意義じゃないかと私は思っています。
 興味がありましたら、この機会にぜひご覧になってみてはいかがですか ( ^-^)/ ♪

|

« 戦国武将 | トップページ | 陽炎の辻2 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

上記のシーンは、私も印象深く受け止めました。
ほんとに、じわっと心に伝わるものがあるドラマですね。
もうじき終わるかと思うと残念ですが、
ずっと残る名作になるでしょう。
最終回まで、じっくり見たいと思います。

投稿: こやなぎ名人 | 2008年12月 4日 (木) 12:39

 名人、どうもです (^_^)/

 ほんとうにいい作品だと思います。
 しっかり楽しみたいと思います。

投稿: 夢見るピーターパン | 2008年12月 4日 (木) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風のガーデン:

« 戦国武将 | トップページ | 陽炎の辻2 »