« 脚下照顧 | トップページ | 山田ルイ53世 »

2008年12月23日 (火)

寄生虫

 今日は、天皇誕生日という事で、国民の祝日になっています。
 私らの世代だと、天皇誕生日といえば「昭和天皇」を指すわけで、4月29日という事になっていましたから、12月に天皇誕生日と言われてもいまだにピンと来ないんですが、何だかんだ言っているうちに平成も21年目を迎えようとしていますから、来年は初めて平成生まれの人達による成人式が行なわれる事になるんでしょう・・・
 その成人式も、ハッピーマンデーなんてアホな制度が始まってからは、毎年日付が変わるわけで、なんとなく国民からは遠ざかってしまったような感が拭えませんが・・・

 

 最初にお断りしておきますが、今日の記事は非常に独善的な内容なので、一応コメントは付けられるようになってはいますが、無用に願います (^^ゞ
 どうしてもという方は、ご自身の責任の下にお願いします(苦笑)

 

 私は、天皇廃止論者ですから、ナンで一人の人間の誕生日を国中が揃って祝わなくてはならないのか、非常に納得いかないのですが、そういう事を表立って言ったりすると、変人扱いされて生活も危うくなったりしますから、軽はずみな事は言えないんですが、それにしても、「天皇」というものの存在を、ムリヤリに国民に押しつけるようなこのやり方はどうなのかなぁと私なんかは常々苦々しく思っています。

 戦前は神扱いされた天皇ですが、戦後は「人間宣言」したとはいうものの、その存在自体は戦前と何も変わってはいません・・・ (ノ_-;)ハア…
 国事には相変わらず関与しているし、国民の「上」に君臨するその姿は、今も大なり小なり国民に影響を与え続けています。
 天皇の存在自体は特定の宗教というわけではないけれど、何かにつけて神道に則った儀式を行なうので、それに近い存在である事は間違いのない事ですから、政教分離の原則から言えば大いに問題ではないかと私は思っています・・・ (__;)

 もともと、日本に天皇なんてものは存在しなかったはずです。たまたま力のあった豪族の一人が、中国に倣って自ら天皇と勝手に名乗ったに過ぎないのに、どうしてこんなに長い間日本の歴史の中で存在し続ける事ができたのだろう・・・
 天皇なんてよけいなものが存在したために、その周囲でどれほど多くの血が流されてきたことか・・・
 はっきり言って、「疫病神」以外の何ものでもなかった、それが天皇という存在の全てです。

 

 まぁ、過去は過去として、現代において「天皇」なんてものの存在はナンの役にもたたないというのが私の持論であり、むしろ、日本の国益に大いなる害を及ぼすとさえ私は思っています。

 いわば「天皇」は、日本という国に棲みついた「寄生虫」であり、もっと言えば、日本をダメにする「悪性の癌」だと私は思っています。

 百歩譲って、皇族という一族が存在する事については認めても良い(笑い)
 しかし、その立場はかつての華族と同じ「名目的」なものに限定するべきであり、皇族だからといって特別扱いは一切するべきではない。
 もちろん、皇居などの公の建物内に居を構える事は厳禁であり、個人でガードマンを雇うならともかく、公費を使って身辺警護をする必要がどこにあるのよ(怒り)

 こういう、特定の個人が国によって保護され、あまつさえ国策にあれこれと影響を与えるようではダメだと思うんだけどなぁ・・・(怒り)

 議員の世襲とかには何だかんだと異論を唱える人達も、天皇の世襲については何も思わないのかい。それって、片手落ちだし、矛盾しているとは思わないんだろうか?
 世の中から、世襲なんて因習は、全て廃止すべきだと私なんかは思っています・・・
 もっとも、二世議員については、いくら本人が継がせたいと思っていても、最終的な決定権は有権者にあるわけですから、こういうのは世襲とは言わないというのが私の持論です。嫌なら投票しない事で阻止する事ができるわけですから・・・

 誕生日に皇居で行なわれる一般参賀のように、祝いたい人だけが勝手に祝えばいいと思うのだが、それではダメなんだろうか (?。?)
 なぜ、祝日まで設ける必要があるのだろう・・・
 天皇は特別な存在である事を知らしめるためである事は明白であり、そこに何か怪しい作為を感じるのは私だけなのだろうか・・・

 

 それはともかく、このところ明仁氏の体調が思わしくないようで、そうなると思い出すのは昭和63年の暮れの事・・・
 あの時は、日本全体が病床にある裕仁氏を慮って「自粛」ムードに覆われ、日本経済は著しく活気が削がれた。
 あの頃の日本経済はバブル期にあったので、国中が自粛ムードだったとしてもそれほど深刻な事態には陥らなかったけれど、世界的に大不況のこの時にあって、またあのような馬鹿げた自粛論が国中を席巻するようだと、仕事も職もほとんど無くなって、日本という国は本当に死んでしまうのではないか・・・

 そんな事を憂える天皇誕生日です・・・

 まぁ、今のところは精神的、身体的なストレスが原因の体調不良とだけ報じられているだけですから、そんなに大げさに考える必要は無いのかもしれないが、これだけ不景気だと、つい、そんなよけいな事まで考えてしまう私がいます・・・

 

 なぜ、一人の人間を「祝日」まで設けて国中で祝い、なおかつ、これほど世の中が振り回されなくてはならないのか・・・ (ノ_-;)ハア…

 どう考えても理不尽だと思うし、私には全く理解できませんよ・・・

|

« 脚下照顧 | トップページ | 山田ルイ53世 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/43483735

この記事へのトラックバック一覧です: 寄生虫:

« 脚下照顧 | トップページ | 山田ルイ53世 »